松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

FX

トルコリラ「買い場到来か?」

4月17日

トルコリラ「買い場到来か?」

 米格付け会社のムーディーズは16日、慢性的なトルコリラ安について、「対外的に高度な脆弱性や低水準の外貨準備などトルコ経済にとって問題は多く、ソブリン格付けもクレジットネガティブだ。」との見解を示しました。更に、「トルコ当局が利上げによってトルコリラ安阻止の措置を取るという約束の実行を遅らせれば、トルコリラ売りが再開しやすくなる。」と指摘しております。

 一方、トルコのゼイベクジ経済相は13日、「もし為替市場で投機的な動きがあれば、関係当局は為替介入する。関係当局は近いうちに必要な措置を取る。」と述べました。更にトルコのエルテム大統領顧問は13日、「不安定な為替レートに関して必要な措置を数日以内に講じる。インフレ目標の達成を引き続き目指す。」と述べました。

 これまでのトルコリラ安は、エルドアン政権による対外的に高度な脆弱性も原因の1つですが、それよりも、高いインフレ率でも利上げに動かないことが主原因とされているようです。ムーディーズが「「トルコ当局が利上げによってトルコリラ安阻止の措置を取るという約束の実行を遅らせれば、トルコリラ売りが再開しやすくなる。」と指摘しているように、トルコがインフレ制御と自国通貨防衛の為に利上げに動けば、トルコリラが大幅高となる可能性もあります。トルコのゼイベクジ経済相とエルテム大統領顧問が13日に延べたように、トルコ当局が自国通貨防衛の為に必要な措置を数日以内に取ることになればトルコリラが急伸する可能性もあるだけに、ここはトルコリラ・円の買い場となる可能性もあります

トルコリラ

4月13日

トルコリラ

 ドル・トルコリラは、3月上旬から上昇を続け、4月11日に最高値を記録し、対ドルでトルコリラが最安値を記録しました。そして、トルコのエルテム大統領顧問は先ほど、国営放送のインタビューで「数日以内に為替レートに対して必要な措置をとる。」と述べました。ようやくトルコも自国通貨防衛に動き出すようです。それにより、ここは、トルコリラ・円の買い場となる可能性があります。

トルコリラ

3月30日

トルコリラ

 トルコ統計局が29日に発表しました2017年の国内総生産(GDP)は前年比7.4%増となりました。また、17年10~12月期は前年同期比7.3%増となり、市場予想(6.7%増)を大きく上回りました。2017年のGDPは、中国が6.9%、インドが7.1%、トルコが7.4%となり、トルコがインドや中国のGDPを上回ったことは注目でしょう。

 トルコリラは、2016年7月のクーデター未遂事件後から、「政治的不透明」を背景に売られ続けてきました。トルコの経済成長も、クーデター未遂後は落ち込みましたが、2017年になってかなり回復したようです。エルドアン政権への不信感から売られ続けてきたトルコリラですが、トルコのGDPが中国やインドを上回る力強さがあることを考えると、これからは、トルコ経済の力強さが注目されて、トルコリラが更なる上昇となる可能性もあります。

トルコリラ

3月27日

トルコリラ

 トルコリラは、3月23日に一時的に25.25円の最安値を記録しましたが、翌26日から2日連続で上昇し、本日14時半時点で26.6ドルです。トルコと米国の緊張が緩和され始めたことに反応したようです。

 これまでは、シリア北部のクルド人問題をめぐって米国とトルコの関係が悪化し、それがトルコリラを圧迫し続けてきました。トルコ軍は1月20日、シリア北部アフリンのクルド人勢力に対する「オリーブ・ブランチ作戦」を開始し、砲撃と空爆を開始しました。米国が軍事指導と武器提供をしているアフリンのクルド人勢力とトルコとの戦闘が激化し、米国とトルコとの関係悪化が懸念されてきました。トルコは、アフリンを陥落させると、次はマンビジュを攻撃すると警告してきました。しかし、マンビジュには多くの米兵が駐在しているので、トルコがマンビジュを攻撃すれば、トルコ軍と米軍との衝突が発生することになります。しかし、トルコのエルドアン大統領は、アフリン攻略を終えて次はマンビジュではなくテルリファアトを攻撃すると表明しました。この突然のエルドアン大統領の声明により、「エルドアン大統領は、米兵との衝突を避けた」と受け止められたようです。それを受けてトルコリラも反発に転じたようです。それによりトルコリラ・円が底入れとなった可能性もあります。

ドル円の展望「鬼より怖い一文新値」(2月16日)

下記の記事は、先週16日に掲載しました過去記事です。参考にどうぞ。

2月16日

ドル円の展望「鬼より怖い一文新値」

 現在のNYダウ先物が小幅高で推移しておりますが、それに反してドル円が13時ごろから70銭ほど円高に進みました。これは、円買い圧力ではなく、ドル売り圧力が高まったからだと思われます。

最近の株価急落を受けて「リスクヘッジの円買い」が進みました。それに加えてドル売りも進みました。それによりドル円の下げ足が強まりました。しかし、ここにきて米国株が5日続伸となり、やや円売りが強まってきたものの、それを上回るドル売りにより円高進行が強まりました。そして、ドルインデックスが88.22ポイントまで下落し、1月25日に記録した年初来安値(88.25ポイント)を僅かに割り込みました。ここでドルインデックスが上昇に転じれば、ダブルボトムが形成されることになります。また、「鬼より怖い一文新値」という相場格言もあり、ドルインデックスが1カ月ほど前に記録した年初来安値を僅かに割り込んだところから上昇に転じれば、強い上昇トレンドに発展する可能性もあります。

ドルインデックスに対する構成割合は、ユーロ57.6%、日本円13.6%、英ポンド11.9%、カナダドル9.1%、スウェーデンクローネ4.2%、スイスフラン3.6%となっており、ドルインデックスに占めるユーロの比重がもっとも大きくなっております。それにより、ドル相場の動向を詳しく分析するには、ドル円のチャートを分析するより、ユーロドルかドルインデックスのチャートを分析する方がより重要となります。

ユーロドルは、1.254ドルまで上昇し、1月25日の高値(1.253ドル)を0.001ドル上回りました。ここでユーロドルが下落すれば、1月25日の高値とダブルトップを形成することになります。また、「鬼より怖い一文新値」という相場格言もあり、ユーロドルが1カ月ほど前に記録した年初来高値を僅かに上回ったところから下落に転じれば、強い下落トレンドに発展する可能性もあります。ユーロドルやドルインデックスの値動きを考えれば、ここは、ドル買いのタイミングとなる可能性もあります。

トルコリラ

2月16日

トルコリラ

 シリア北部のクルド人問題をめぐって米国とトルコの関係が悪化し、それがトルコリラ売りにもつながったようです。しかし、両国の直接会談で関係悪化が沈静化する可能性も出てきました。

2月14日のNATO会議でトルコのジャニクリ国防相と米マティス国防長官の会談が行われ、翌15日のNATO会談では、米ティラーソン国務長官とトルコのエルドアン大統領の会談が行われました。米国務省報道官は15日の会談結果について、「両氏は互恵的な米トルコ関係について率直で生産的な協議を行った。」と述べております。15日のNATO会談での直接会談は、米ティラーソン国務長官のトルコ訪問の「前振り」といったところのようです。米ティラーソン国務長官はトルコを訪問し、16日に再度直接会談を行う予定となっております。この結果次第では、米国とトルコの関係改善を受けてトルコリラが買われる可能性もあります。

トルコリラ円は、昨年11月28日の安値(28.0円)と2月16日の安値(27.96円)でダブルボトムを形成する可能性もあります。トルコリラ円の安値は、2月14日が27.97円、15日が299.06円、16日が27.96円となっており、昨年11月28日の安値を意識した値動きが続いております。
トルコリラ円の日足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。


ドル円の展望「鬼より怖い一文新値」

2月16日

ドル円の展望「鬼より怖い一文新値」

 現在のNYダウ先物が小幅高で推移しておりますが、それに反してドル円が13時ごろから70銭ほど円高に進みました。これは、円買い圧力ではなく、ドル売り圧力が高まったからだと思われます。

最近の株価急落を受けて「リスクヘッジの円買い」が進みました。それに加えてドル売りも進みました。それによりドル円の下げ足が強まりました。しかし、ここにきて米国株が5日続伸となり、やや円売りが強まってきたものの、それを上回るドル売りにより円高進行が強まりました。そして、ドルインデックスが88.22ポイントまで下落し、1月25日に記録した年初来安値(88.25ポイント)を僅かに割り込みました。ここでドルインデックスが上昇に転じれば、ダブルボトムが形成されることになります。また、「鬼より怖い一文新値」という相場格言もあり、ドルインデックスが1カ月ほど前に記録した年初来安値を僅かに割り込んだところから上昇に転じれば、強い上昇トレンドに発展する可能性もあります。

ドルインデックスに対する構成割合は、ユーロ57.6%、日本円13.6%、英ポンド11.9%、カナダドル9.1%、スウェーデンクローネ4.2%、スイスフラン3.6%となっており、ドルインデックスに占めるユーロの比重がもっとも大きくなっております。それにより、ドル相場の動向を詳しく分析するには、ドル円のチャートを分析するより、ユーロドルかドルインデックスのチャートを分析する方がより重要となります。

ユーロドルは、1.254ドルまで上昇し、1月25日の高値(1.253ドル)を0.001ドル上回りました。ここでユーロドルが下落すれば、1月25日の高値とダブルトップを形成することになります。また、「鬼より怖い一文新値」という相場格言もあり、ユーロドルが1カ月ほど前に記録した年初来高値を僅かに上回ったところから下落に転じれば、強い下落トレンドに発展する可能性もあります。ユーロドルやドルインデックスの値動きを考えれば、ここは、ドル買いのタイミングとなる可能性もあります。

トルコリラパート2「鬼より怖い一文新値」

2月14日

トルコリラパート2「鬼より怖い一文新値」

強烈な円高進行を受けてトルコリラ円が急落しました。トルコリラ円は、本日13時頃に一時27.97円まで下落し、昨年11月28日に記録した最安値(28.0円)を僅かに割り込み、15:30時点で28.17円付近まで戻しております。「鬼より怖い一文新値」という相場格言もあり、以前の安値を僅かに下回ったところから上昇に転じると、それまでの下落トレンドに対する達成感が高まって底打ちとなる傾向もあるようです。今回の世界的な株安に対する円高の動きと、シリア北部のクルド人勢力を巡るトルコと米国との関係悪化を受けてトルコリラ売りが進みました。しかし、本日と明日のNATO会談におけるトルコと米国との話し合いで両国の緊張が緩和されることになれば、本日のトルコリラ円の安値が「鬼より怖い一文新値」となって、トルコリラ円が底入れとなる可能性もあります。

本日のドル円は、10時ごろから13時ごろにかけて1円ほど円高に進みましたが、13時頃からの1時間半で40銭ほど円高に戻しました。本日の日経平均株価が年初来安値を更新したことでリスクオフの流れが強まったようですが、NYダウ先物は、15:30時点で70ドル高付近まで上昇しております。Nダウは、昨日まで3営業日連続で上昇しており、今夜も上昇することになれば、一連の世界的な株価下落による円高基調がストップする可能性もあります。そうした意味でも、ここは、トルコリラ円が昨年11月28日の安値(28.0円)と本日13時頃の安値(27.97円)でダブルボトムを形成する可能性に注目ではないでしょうか。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事