松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

FX

新興国通貨パート2~3

8月14日

新興国通貨パート2

 トルコリラや南アランド、メキシコペソ、豪ドルなど昨日にかけて急落していた新興国通貨の多くが本日15時頃から上げ足を強めております。新興国市場に対するコンテージョン(危機の伝染)が一巡し、市場が再び落ち着きを取り戻しつつあるようです。日経平均株価が470円高となり、15:25時点でNYダウ先物が80ドル高です。先週末より「トルコ危機」というようなニュースが巷で溢れかえっておりました。それだけに、昨日の新興国市場辺りが「陰極まったタイミング」だったのかもしれません。

8月14日

新興国通貨パート3

 トルコの経済各団体は14日の声明で、通貨リラ安定のためには金融引き締めが必要との見解を示すと共に、米国との対立は外交を通じて解決すべきだと訴えました。また、インフレの低下に向けた具体的なロードマップを準備する必要があることも指摘しました。

 本日15時ごろから新興国通貨の多くが上昇に転じてきました。ドル円も15時ごろからの40分間で25銭ほど円安に進みました。日経平均株価が470円高まで急騰し、NYダウ先物も100ドル高付近まで急騰しております。ユーロ圏株価指数(ユーロストック50)も上昇して始まり、独30や英100、仏40などの株価指数もこぞって上昇して始まりました。ここにきて先週末からの「新興国ショック」に対する反動高の動きが強まってきました。


新興国通貨

8月14日

新興国通貨

 トルコ代表団とサリバン米国務長官との会談が8~9日に行われ、トルコ当局による米国人牧師拘束に関する協議が行われましたが、協議は決裂しました。それを受けてトランプ大統領は10日、トルコの鉄鋼やアルミに対する関税を2倍にすることを表明しました。その直後からトルコリラが大暴落しました。

トルコ債を保証するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のスプレッドが昨日時点で5.82%まで上昇し、トルコのデフォルト・リスクが2008年のリーマンショック時以来の高さとなりました。それを受けて南アランドやメキシコペソ、インドルピーなど新興国通貨の多くが急落しました。2013年にFRBが量的緩和縮小を示唆したことで新興国通貨全体が急落した「テーパー・タントラム」以降で初めての本格的なコンテージョン(危機の伝染)となったようです。それに対してPQグローバルのCEOは「市場参加者が1国の悪いニュースを目にしてはっと気が付き、すべての地域を売りの対象にし始めるという、いつもの典型的な新興国市場のお話だ。」と述べております。

 トルコリラは、昨日13時ごろに1トルコリラ=15.3円まで下落しましたが、トルコ中銀による流動性供給の発表を受けて下落が止まり、その後は1トルコリラ=16円付近で小動きを続けております。しかも、昨日昼頃より上値が切り下がり、下値が切り上がる「三角保合い」の様相を呈してきたので、保合い放れに注目でしょう。

 トルコリラの暴落に追随した南アランドやメキシコペソ、豪ドルなどは、昨日昼頃から緩やかなじり高基調となっております。インドルピーは、先ほどから急伸しました。12:45時点で日経平均株価は250円高、NYダウ先物は33ドル高です。トルコと米国による「トルコ当局による米国人牧師拘束に関する協議」が今回の新興国通貨全体を巻き込んだコンテージョン(危機の伝染)のきっかけとなりましたが、新興国経済自体が悪化している訳でもないので、そろそろ新興国通貨全体の急反発に注目する局面にきているのかもしれません。
トルコリラ・円の60分足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。


トルコリラ「トルコリラの突込み買いに注目」

8月13日

トルコリラ「トルコリラの突込み買いに注目」

先週末からのトルコリラの暴落が新興国通貨市場全体を震撼させることになりました。トルコリラ・円は、本日13時頃に1トルコリラ=15.3円まで下落して最安値を記録し、17時点で15.97円です。特に先週末のトルコリラ・円は、1日で5円(25%)近く下落する場面もあり、新興国通貨全体の動揺を誘うに十分な値動きとなりました。もしドル・円が1日で25%も下落することになれば、1ドル=100円付近から75円付近まで25円ほど円高に進む計算となるので、先週末のトルコリラがいかに強烈な暴落となったかが伺えます。

しかし、それだけ強烈なパニック安となったのであれば、そろそろトルコリラに対する反発に注目するところかもしれません。トルコリラが1日で5円も下落することになったので、かなり大規模な一般投資家のポジション整理が進んだことも注目でしょう。ここは、トルコリラに対する突込み買いも一考ではないでしょうか。

トルコリラ・円の日足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。


メキシコペソ

下記のコメントは、今週7日に配信しました過去記事です。参考にどうぞ。


8月7日
メキシコペソ
 メキシコペソ・円は、6月15日に1ペソ=5.26円付近まで下落しましたが、8月6日時点で1ペソ=6.03円付近まで上昇し、4月中旬からの下落基調に対する「V字回復」となりました。しかし、ここにきて7営業日連続で高止まりしており、2カ月弱続いた上昇トレンドが終了する可能性も出てきました。 ゴールドマン・サックスのレポートでは、メキシコペソに対して「上昇後もまだ過小評価されている。」と指摘し、「慎重な中央銀行の下で収まりつつあるインフレ、ロペスオブラドール次期大統領の抑制の効いた論調、NAFTA交渉の進展」などを理由に、今年の11月には1ドル=18.5ペソを目指すと指摘し、メキシコペソに対する強気推奨しております。 一方、モルガン・スタンレーのレポートでは、メキシコペソのコロンビア・ペソやインド・ルピーに対する売りを推奨しております。そして、メキシコペソに対して、「当社のモデルはペソの売りシグナルを出す段階に極めて近い。NAFTAに関する良いニュースはおおむね織り込み済みで、現時点でリスクはアンダーパフォームの方に傾いている。」と指摘しております。 メキシコの経済相は今月3日、NAFTA再交渉の閣僚協議を8月8日か9日に再開することを明らかにしました。明後日から始まるNATFA再交渉を控えて、メキシコペソの強気ポジションを利食いするべきか、強気継続すべきか迷うところにきているように感じられます。 ゴールドマン・サックスのレポートでは、「今年の11月には1ドル=18.5ペソを目指す」と指摘しておりますが、昨日時点で1ドル=18.46ペソまでペソ高が進んでいることを考えると、ゴールドマン・サックスの目標値段の水準までペソ高が進んだことになります。それならば、モルガン・スタンレーのレポートを参考に、そろそろメキシコペソに対する利益確定のタイミングを探すべきかもしれません。

トルコリラ

8月9日

トルコリラ

 トルコ代表団が8日、サリバン米国務長官と会談し、トルコ当局による米国人牧師拘束に関する両国間の改善に向けた協議が行われましたが、トルコが拘束している米国人牧師の釈放を約束することを拒否したことにより進展は得られなかったことが伝えられております。協議後に米報道官は、「トルコ当局と追加的な会議を行った。協議は続けられる。」と伝えられました。協議は9日も行われる予定です。

 トランプ大統領は7日、自身のツイッターで、「対イラン制裁が正式に発動中である。かつてない痛烈な制裁であり、11月にもう一段階引き上げられる。何者であれ、イランと取引する者は、アメリカと取引することはできない。これは他でもない世界平和のためである。」と述べております。一方、トルコのエネルギー相は8日、イランからの天然ガス輸入を継続させることを公表しました。

 トランプ大統領が「何者であれ、イランと取引する者は、アメリカと取引することはできない。」と述べていることに反してトルコがイランとの天然ガス取引をこれまで通りに継続することを公表しました。これではトルコは、本日の米国との両国間の改善に向けた協議でも、昨日同様に物別れとなると考えるべきかもしれません。今回のトルコと米国の協議は2日間の予定ですから、2日目となる本日の協議で物別れとなれば、トルコリラ売りが更に進まれる可能性も高まります。

 

 

 

メキシコペソ&トルコリラ

下記の2つのコメントは、昨日配信しました過去記事です。参考にどうぞ。


8月7日
メキシコペソ
 メキシコペソ・円は、6月15日に1ペソ=5.26円付近まで下落しましたが、8月6日時点で1ペソ=6.03円付近まで上昇し、4月中旬からの下落基調に対する「V字回復」となりました。しかし、ここにきて7営業日連続で高止まりしており、2カ月弱続いた上昇トレンドが終了する可能性も出てきました。 ゴールドマン・サックスのレポートでは、メキシコペソに対して「上昇後もまだ過小評価されている。」と指摘し、「慎重な中央銀行の下で収まりつつあるインフレ、ロペスオブラドール次期大統領の抑制の効いた論調、NAFTA交渉の進展」などを理由に、今年の11月には1ドル=18.5ペソを目指すと指摘し、メキシコペソに対する強気推奨しております。 一方、モルガン・スタンレーのレポートでは、メキシコペソのコロンビア・ペソやインド・ルピーに対する売りを推奨しております。そして、メキシコペソに対して、「当社のモデルはペソの売りシグナルを出す段階に極めて近い。NAFTAに関する良いニュースはおおむね織り込み済みで、現時点でリスクはアンダーパフォームの方に傾いている。」と指摘しております。 メキシコの経済相は今月3日、NAFTA再交渉の閣僚協議を8月8日か9日に再開することを明らかにしました。明後日から始まるNATFA再交渉を控えて、メキシコペソの強気ポジションを利食いするべきか、強気継続すべきか迷うところにきているように感じられます。 ゴールドマン・サックスのレポートでは、「今年の11月には1ドル=18.5ペソを目指す」と指摘しておりますが、昨日時点で1ドル=18.46ペソまでペソ高が進んでいることを考えると、ゴールドマン・サックスの目標値段の水準までペソ高が進んだことになります。それならば、モルガン・スタンレーのレポートを参考に、そろそろメキシコペソに対する利益確定のタイミングを探すべきかもしれません。



8月7日
トルコリラ
 エルドアン大統領が4日、米国人牧師の拘束を巡って米国が打ち出した制裁と同種の対応を講じると表明したのを受け、トルコリラは6日にドルに対して一時6.3%下落しました。それに対してトルコ中銀が市中銀行の外貨流動性を高めるために準備預金のルールを変更しましたが、それでは不十分と受け止められ、トルコリラ売りが進みました。 しかし、トルコ当局が2日以内にワシントンを訪問し、トルコと米国との対立について協議することをCNNが先ほど報道しておりました。CNNの報道では、米国とトルコの両政府は、一部の問題について事前合意に達したと伝えております。しかし、その詳細は伝えられておりません。 米国人のアンドリュー・ブランソン牧師を巡って両国間の関係が悪化し、自国通貨急落によるトルコ経済への悪影響を考えると、トルコとしてもアンドリュー・ブランソン牧師の開放に動くしかないのかもしれません。ここでトルコがアンドリュー・ブランソン牧師の開放に動くと、トルコリラが急反発する可能性もあります。ここは、トルコリラ・円に対して「押し目買い」も一考かもしれません。



メキシコペソ

6月6日

メキシコペソ

トランプ大統領は1日、NAFTA再交渉が難航していることを受けて、「初日から厄介な交渉だった。カナダとメキシコをそれぞれ別々に交渉することになっても気にしない。」と述べました。これにより北米自由貿易協定(NAFTA)の継続が困難との見方が高まり、メキシコペソを圧迫し始めました。

その後、クドロー米国家経済会議委員長が4日、「NAFTA再交渉のメキシコとカナダへの分割をトランプ大統領が真剣に検討している。」と述べ、米国がNAFTAを破棄して、カナダやメキシコとの2国間協議を行うとの観測が高まったこともメキシコペソを圧迫し、同日のメキシコペソが急落しました。その翌日には、メキシコが米国への報復関税を発表し、メキシコペソ売りが加速しました。

第2回米中通商協議が5月中旬に開催され、追加関税などの制裁措置を棚上げすることで合意しましたが、それに反してトランプ政権は5月29日、対中制裁の最終リストを6月15日までに公表することを表明しました。これは、予想外の発言となりました。また、トランプ大統領は5月31日、カナダやメキシコ、EUに対し鉄鋼・アルミニウムの輸入品に対する追加関税を導入すると発表しました。カナダやメキシコへの鉄鋼・アルミニウムへの追加関税は免除されるとされてきただけに、これも予想外の発言となりました

ここにきて米国は、中国やメキシコ、カナダに対。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

トルコリラパート2

5月28日

トルコリラパート2

 米国とトルコの代表団は25日、トルコのアンカラで会談し、両国の火種となっているシリア北部のクルド人勢力支配下のマンビシュを巡り、治安協力に向けたロードマップの概要をまとめました。米国がマンビシュのクルド人勢力に武器と戦術の提供を行い、それによりマンビシュのクルド人勢力とトルコ軍が衝突することになりましたが、米国とトルコがマンビシュの治安協力に向けたロードマップの概要をまとめたことを受けて、トルコリラへの売り要因が一つ解決したように感じられます。

 トルコのシムシェキ副首相は25日、トルコ中銀の利上げが遅かったことを認め、「トルコ中銀の独立性を示した力強い措置であることに変わりがなく、トルコ中銀は引き続き必要な措置を実施する。」と明言しました。それにより、「トルコ中銀の独立性の低下」というトルコリラへの売り要因が一つ解決したようにも感じられます。

 ロシア国営天然ガス独占企業であるガスプロムは26日、トルコ政府との間で天然ゴムパイプライン「トルコストーム」の建設に関する協定に調印したことを発表しました。「トルコストーム」が完成すれば、ロシアから欧州への天然ガスの輸送能力が高まります。トルコのエルドアン大統領は、ロシアからの天然ガス購入について過去にさかのぼって10.5%の割引を適用することでロシア政府と合意したことを明らかとしております。

 イラク北部のクルド人勢力により国とトルコの関係が改善したことや、トルコ中銀の独立性が以前より確保された事、トルコストームの建設に関する協定に調印により、トルコが過去にさかのぼってロシアからの天然ガス購入に対する割引を受けることになった事など、ここにきてトルコリラに対する買い材料が出始めてきたように感じられます。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事