松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

エネルギー

原油市場

1月17日

原油市場

 昨夜のNY原油は、6営業日ぶりに下落しました。3連休明けとなった昨夜のNYダウは、寄付き直後に一時251ドル高の2万6054ドルまで高騰しましたが、その後は下落を続けてマイナス転換となり、10ドル安の2万5792ドルで取引を終えました。そうしたリスクオフの流れに昨夜の原油市場が圧迫されたようです。

 米エネルギー情報局(EIA)は昨夜、2月の米原油生産が日量1000バレルとなり、2019年には日量1100万バレルに達するとの見通しを発表しました。それにより、米原油生産が2月にサウジアラビアを上回って世界第2位となり、2019年にロシアを上回って世界1位となる見通しです。また、2月の米シェールオイルの増産量を日量11万1000バレルとしました。

 週間石油在庫統計に対する市場予想平均は、原油360万バレル減、ガソリン360万バレル増、ディスティレート80万バレル減となり、製油所稼働率が0.6%低下の94.7%となっております。12月のエネルギー需要の最盛期に製油所稼働率が最も上昇し、2月のエネルギーの不需要期のピークに製油所稼働率が最も低下する傾向があります。それにより製油所稼働率が12月頃の95%付近から2月頃には85%付近まで低下する傾向があります。

 米ディスティレート在庫は、この2カ月間で13%ほど増加しました。冬の暖房用燃料需要のピーク時にディスティレート在庫が急増することはめずらしいことです。また、米ガソリン在庫もこの2カ月間で21%ほど急増しました。こうした石油製品在庫の急増と、エネルギーの不需要期のピークが来月に迫っていることを考えると、これから米製油所稼働率が加速度的に低下する可ことも予想されます。米製油所稼働率は、昨年末に96.7%まで上昇して近年最高値をつけましたが、年明けに95.3%まで低下し、今週の発表で94.7%まで低下する見通しです。米原油生産が増加し、それと共に製油所稼働率が低下すれば、米原油在庫が急速に増加する可能性も高まります。毎年1月から2月にかけては、米製油所稼働率が最も急激に低下する傾向があるだけに、1月から2月にかけて原油市場に対して弱気することも一考かもしれません。

これから月末にかけて石油メジャーの決算発表が急増します。原油価格が3年ぶりの高値まで上昇したことにより、大幅黒字決算を発表する石油メジャーが急増することも予想されます。しかも、NY原油における当業者の売り越し枚数が過去最高の67万枚台まで増加しており、石油メジャーのヘッジ売りが過去最大規模にまで膨らんでいるようです。それにより石油メジャーの多くは、今後の原油価格下落の可能性をあまり気にせずに本格的な増産体制を続けることが出来ます。しかも、NY原油におけるファンドの買い越し枚数が2カ月前から過去最高を更新し続けており、先週末の発表で買い越し枚数が65万枚台にまで達しました。ここまでファンドの買い越しポジションが膨らむと、何かのきっかけ次第でファンドの手仕舞い売りが急増する可能性が高まります。ファンドポジションや石油メジャーのヘッジ売りや2月のエネルギーの不需要期のピークなどを考慮すると、これから2月にかけて東京ドバイ原油への売りに注目することも一考ではないでしょうか。
米製油所稼働率2
米ガソリン在庫と米原油在庫

原油市場「原油市場と米国株式市場や米国債券市場との関係」

1月16日

原油市場「原油市場と米国株式市場や米国債券市場との関係」

米10年債利回りが4カ月前からから上昇基調を続けており、債券価格の下落が続いております。そして、ユーロドルが2カ月前から上昇基調を続けてお入り、ドル安も続いております。米国債とドルが共に下落基調を続けていることを受けて、米国債やドルからホットマネー(投機資金)の流出が続いております。

米国の債券市場の規模は、米国の株式市場の規模(浮動株調整後の株式時価総額)の2倍ほどを誇ります。そして、米国の債券市場の規模は、世界の債券市場の約26%を誇ります。市場規模の大きな米国債が4ヶ月ほど下落基調を続けていることを受けて、米国債券市場からホットマネーの流出が続いており、その多くが米国株式市場に流入しているようです。それが最近の米国株上昇の原動力かもしれません。

10年物の米国債利回りが2014年以来の高水準に近づき、米国債に対する弱気見通しが高まっております。ジャナス・ヘンダーソン・グループの運用者ビル・グロース氏は先週、米国債の弱気相場入りを宣言しました。一方、BMOのコリー氏は先週、米10年債利回りが2.6%に到達すれば買いだと述べております。また、シティグループの10日発行のレポートでは、「30年債の売りはもはや勧めない」と指摘しております。米10年債利回りは、2016年12月に2.641%まで上昇し、2017年3月に2.629%まで上昇しました。そして、先週10日に2.597ドルまで上昇し、米10年債利回りの過去3年間のテクニカル的な上値抵抗線が2.6%付近となっているようです。

現在のホットマネーは、米国株式市場や原油市場の居心地が良いようです。現在の日経平均株価が175円高、NYダウの電子取引が170ドル高付近で推移しており、3連休明けの米国株式市場も高寄りで始まりそうです。これからの2週間で米国企業の10~12月期決算発表シーズンの山場を迎えることになります。今回の四半期決算では、米主要企業利益が前年同期比12%増予想となっており、過去4年間で2番目に高い企業利益予想となっております。それだけに期待も先行しており、昨年10~12月期のNYダウは、過去4年間の四半期で最大の上げ幅を記録しました。しかし、「噂で買って、事実で売れ」という相場格言もあり、10~12月期決算発表が山場を迎えるあたりで米国株式市場での利益確定が進み、米国株式市場から流出したホットマネーが再び債券市場に流入する可能性もあります。米国株のトレンド変化のタイミングで原油市場のトレンドが変化する可能性も高いだけに、原油市場にとって米国株式市場や米国債券市場の動向も重要となりそうです。
米10年債利回り
ユーロドル
NYダウの週足5

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。



原油市場

1月10日

原油市場

 昨夜のNYダウが102ドル高となり、リスクオンの流れが強まりました。それを受けて原油価格も上昇しました。

 今朝発表されたAPI週間石油在庫統計は、原油が390万バレル減予想に対して1120万バレル減、ガソリンが260万バレル増予想に対して430万バレル増、ディスティレートが150万バレル増予想に対して470万バレル増、クッシング原油が250万バレル減となりました。今回の発表では、原油在庫が昨年9月以来の大幅減少となりました。その反面、ガソリンとディスティレートが予想以上の増加となりました。製油所処理量は、前週比で日量21万1000バレル増加しました。製油所稼働率が昨年末時点で近年最高水準となる96.7%にまで上昇しており、その後も更に上昇したことを受けて原油在庫が大きく減少する反面、ガソリンとディスティレート在庫が大きく増加するパターンが続いております。今回のAPI週間石油在庫統計では、原油とガソリンとディスティレートの合計在庫は220万バレル増となっております。

 昨年末より北米を勢力の強い寒波が襲ったことを受けて、製油所稼働率が高まったようです。12月はエネルギー需要の最盛期ですが、2月がエネルギーの不需要期のピークとなり

原油市場

1月9日

原油市場

昨年末より米国を襲った「冬の嵐」は、通常のノーイースター(米北東部などを襲う発達した低気圧)を上回る勢力となり、中心気圧が24ヘクトパスカル以上低下する「ボンボジェネシス」にまで発達しました。それにより、NYの最高気温は、先週6日にマイナス8℃まで低下しましたが、本日はプラス6℃まで上昇する見通しであり、12日にはプラス12℃まで上昇する見通しとなってきました。

先月11日から稼働停止していた北海油田最大のフォーティーズ・パイプラインがフル稼働に近い状態に戻りました。輸送能力が日量45万バレルを誇る同パイプラインの7日時点での輸送量は、日量40万バレルを少し下回る水準まで回復したそうです。一方、生産能力が日量180万バレルを誇る北海ハザード油田では、先週末に設備故障で一時的に生産量を減少させましたが、8日時点でフル稼働の状態に戻ったことが伝えられております。そして、武装勢力に破壊されたリビアの原油パイプラインもすでに復旧を終え、操業を再開しています。更に、昨年末より米国に到来していた強烈な勢力を誇る寒波もようやく通過したようです。そして、年初から3連騰となったNYダウも昨日は小幅安となり、現在の電子取引でも小幅安で推移しております。こうなると、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

原油市場パート3

1月5日

原油市場パート3

 NY原油とNYダウは、共に昨年9月頃から上昇基調を強めてきました。米国株が上昇基調を強めることによりマーケット全体でリスクオンの流れが強まり、それが原油価格を押し上げる要因の一つとなってきました。それにより、米国株が下落に転じると、NY原油も下落に転じる可能性が高まります。

昨日の大発会では、日経平均株価が741円高となり、大発会として過去9年間で最大の上げ幅を記録しました。本日の日経平均株価は、208円高の2万3714円で取引を終え、26年ぶりの高値をつけました。

米国企業決算発表スケジュールは、11日がバンク・オブ・アメリカ、デルタ航空。12日がブラックロック、JPモルガン・チェース、ウエルズ・ファーゴ。16日がシティグループ、CSX,キンダー・モルガン、チャールズ・シュワブ、ユナイテッド・ヘルス・グループなどが予定されており、米国企業の10~12月期決算発表が来週後半から本格化し、今月中旬~下旬に集中しております。トムソン・ロイターの見通しでは、米国主要企業の10~12月期決算の純利益が前年同月比12%増となる見通しを発表しております。NYダウが更なる上昇を続けるためには、今回の決算発表で市場予想の「企業利益が前年同期比12%増」を上回る必要があります。

今月中旬~下旬に集中する10~12月期決算を受けて米国株がどのような値動きとなるかは注目でしょう。過去5年間のパターンでは、決算発表シーズンにNYダウが上昇するより下落する確率の方が高くなっております。それは、良好な決算見通しを受けて米国株が上昇基調を強め、決算発表を受けて「噂で買って、事実で売れ」という相場格言のようなパターンとなるケースが多いからでしょう。しかも、今回の10~12月期決算に対する市場予想が「企業利益が前年同期比12%増」とかなり高い数値が市場予想となっているだけに、今回の10~12月期決算発表シーズインを前にして米国株に対する利益確定の売りが強まることは十分考えられます。「米国株が下落基調に転じれば、原油市場の売りのサイン」との見方も一考かもしれません。


NYダウの日足

NYダウの週足2


 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。



原油市場原油市場

1月5日

原油市場

昨夜発表されたEIA週間石油在庫統計は、原油740万バレル減、ガソリン480万バレル増、ディスティレート890万バレル増となりました。そして、製油所稼働率が前週比1%上昇の96.7%となり、2005年以来の高水準を記録しました。米国では、エネルギー需要のピークとなる8月頃と12月頃に製油所稼働率もピークとなります。ここまで製油所稼働率が高まると、米原油在庫が減少することは当然のことでしょう。そして、製油所稼働率が大きく上昇したので、この時期としてはめずらしくディスティレート在庫も大幅増加となったようです。

 昨年末より米国に勢力の強い寒波が到来しております。ウエザーニュースによるNYの最高気温は、6日にマイナス8℃まで低下しますが、8日からプラス転換となります。米国を襲った「冬の嵐」は、通常のノーイースター(米北東部などを襲う発達した低気圧)を上回る勢力となり、中心気圧が24ヘクトパスカル以上低下する「ボンボジェネシス」にまで発達しました。それでも昨夜のEIA週間石油在庫統計発表でディスティレート在庫が大幅増加を記録しているので、暖房用燃料需要のひっ迫感は高まりそうもありません。

 昨夜発表されたEIA週間石油在庫では、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

原油市場パート2

1月4日

原油市場パート2

 週間石油在庫統計に対する市場予想は、原油510万バレル減、下疎林220万バレル増、ディスティレート50万バレル増となり、製油所稼働率が前週比変わらずの95.7%です。

格付け会社のムーディーズは2日、2018年の原油相場が1バレル=40~60ドルで推移するとの見通しを発表しました。それによると

。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

金市場&原油市場

1月4日

金市場

 昨夜のNY金は、イラン情勢や北朝鮮情勢に反応して買われ、一時1323ドルまで上昇しました。また、NYダウが再び高値更新したことによる米国株への高値警戒も「リスクヘッジの金買い」に繋がったようです

。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

1月4日

原油市場

 昨夜のNY原油は、イラン情勢や北米への寒波到来に反応して3年ぶりの高値まで上昇しました。そして、昨夜のNYダウが再び最高値を更新したことも原油市場の支援材料となったようです

。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事