松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

ゴム

天然ゴム市場パート2

6月19日

天然ゴム市場パート2

 東京ゴムRSS3における当限と先限の価格差は、5月1日時点では「ほぼ同さや(ほぼ同値)」ですが、昨日時点で「40円ほどの逆さや(当限より先限が安いさや)」にまで大きく変化しました。当限と先限との価格差が1カ月間強で「ほぼ変変わらず」から「40円ほどの差」にまで大きき変化した理由は、「産地現物価格の上昇に伴う期近限月の上昇」と、「米中通商協議の決裂による期先限月への売り圧力」のようです。

 タイ・バンコクのRSS3現物価格が過去23営業日中20営業日で年初来高値を更新しているので、納会受け渡しを意識する東京ゴムRSS3の期近限月も買われ続けました。一方、5月9日~10日の米中通商協議が決裂したことを受けて、東京ゴムRSS3の先限への売り圧力が強まりました。その後も米国が2500億ドル相当の中国製品に対する追加関税を実施し、3000億ドル相当の中国製品に対する更なる追加関税を検討していることが公表され、そうした米中貿易摩擦の高まりが期先限月への更なる売り圧力となりました。こうした、「産地現物価格に反応して上昇する期先限月」と、「期先限月への投機的な売り人気の高まり」を受けて当限と先限との価格差が1カ月半強で「ほぼ同値」から「40円ほどの逆さや」にまで急変したようです。しかし、ここにきて、米中通商協議が前進するとの観測が高まってきたので、これまでの当限と先限との「価格差拡大傾向」から「価格差縮小傾向」に変化し始めたようです。

 東京ゴムRSS3の投資家ポジションは、6月6日から売り越しを続けていましたが、昨日時点で買い越しに転じました。さすがに先限が200円の大台を割り込むと、投資家による値ごろ買いが急増したようです。それにより、200円割はしばらく難しそうです。

添付している「東京ゴムRSS3における当限と先限の価格差グラフ」を見ると、当限と先限との価格差拡大期間や価格差縮小期間が1~2カ月ほどのスパンで変化していることがわかります。この2カ月間で「10円ほどの順さや」から「40円ほどの逆さや」にまで大きく変化しましたが、本日から価格差縮小傾向に転じ始めたようです。さすがに昨日の「40円幅ほどの逆さや」は限界だったのかもしれません。今後は、価格差縮小に伴う期先限月の上昇に注目するべきかもしれません。
東京ゴムの当限と先限の価格差グラフ

天然ゴム市場

6月19日

天然ゴム市場

 本日の東京ゴムRSS3は、昨夜からの米国株高を中心とするリスクオンの流れを好感して今朝から大きく上昇しております。また、米中通商協議が前進するとの観測も好感されております。

 昨日のタイ・バンコクのRSS3現物価格は、前日比0.25バーツ高の61.75バーツ(約213円)となり、8営業日連続で年初来高値を更新すると共に、過去24営業日中21営業日で年初来高値を更新しました。この異常とも思えるほどの産地現物価格の堅調さは注目でしょう。そして、キロ当たりの輸入諸経費を8円で計算すると、輸入採算価格が約221円となります。それに対して東京ゴムRSS3の期先限月が5円近く急騰しているものの、それでも輸入採算価格を16円ほど大幅に下回っております。

 東京ゴムRSS3における投資家ポジションは、6月6日から売り越しに転じ、17日時点で「974枚の売り越し」でしたが、翌18日に「156枚の買い越し」へとポジションが転換しました。そして、今朝からの東京ゴムRSS3が大幅高となっております。その反面、ファンドポジションは、5月31日から買い越しに転じ、17日時点で「4401枚の買い越し」でしたが、翌18日時点で「3269枚の買い越し」となりました。

昨日の大幅下落で買い方ファンドが大きく損切りしたものの、それに対して投資家ポジションは、昨日の大幅下落で利食いして売り越しから買い越しへとポジションを転換させました。最近の投資家ポジションは、かなり見事なポジション転換を続けております。

天然ゴム市場パート4

6月18日

天然ゴム市場パート4

 東京ゴムRSS3は、朝方は全限月がマイナス転換し、先限が一時4.4円安まで急落しました。しかし、14:25時点で8月限が6.8円高、9月限が11.5円高まで急騰し、期中限月の上昇力が強まっております。それを受けて10月限もプラス転換となり、先限である11月限は1.9円安まで戻しております。 

5月20日から開始されたタイ政府による天然ゴムの輸出削減策が9月28日まで続くので、9月頃まで産地現物価格が堅調地合いを続ける可能性が高まっております。しかし、タイ政府による輸出削減策の終了後の価格下落を見越して10月限や11月限に対する売り人気が高まっているようです。それにより、9月限と11月限の価格差が20円ほどにまで拡大しております。タ。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

天然ゴム市場パート3

6月18日

天然ゴム市場パート3

 複数の米経済指標が悪化したことを受けて、昨夜から原油や白金などリスク志向の銘柄の下落基調が続いております。その流れを受けて今原油や白金が下落しました。13時視点で東京ゴムRSS3の8月限が3.1円高、9月限が5.4円高となり、10月限が1.6円安、11月限が2.8円安となり、期近限月と期中限月が上昇する反面、期先限月が下落しております。それにより当限と先限の価格差が近年最高の38円幅となりました。昨日からマーケット全体でリスクオフの流れが強まりましたが、それに反して本日の天然ゴムの産地現物価格が上昇することになれば、「産地現物価格と東京ゴムRSS3の期先限月との価格差拡大」に対しする警戒を強める必要も高まりそうです。そして、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

天然ゴム市場パート2

6月18日

天然ゴム市場パート2

 昨夜発表された複数の米国経済指標の悪化を受けて、昨夜から商品市場のリスク志向の銘柄が下落基調を強めております。原油や白金の下落が目立つ一方、リスクヘッジ志向の金相場は小動きです。6月のニューヨーク連銀製造業景況指数が統計開始以来で最大下落となり、米新規受注が3年ぶりの低水準となり、米受注残が2015年以降で最低となりました。更に米雇用指数が2年ぶりのマイナスとなり、米週平均労働時間もマイナスとなりました。さすがにここまで米国経済指標が悪化すると、リスク志向の銘柄がかなり圧迫されました。

 東京ゴムRSS3は、12時点で先限が4.3円安の198.2円付近まで下落しましたが、7月限がプラス転換となり、0.2%高の230.2円まで上昇しました。現在の東京ゴムRSS3の当限と先限の価格差が39円幅となり、近年最高の大幅逆さやとなりました。期近2限月が230円台にまで上昇している反面、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

天然ゴム市場

6月18日

天然ゴム市場

 昨日の上海ゴムの日中取引では、中国商品先物市場の資源銘柄全体の下落に追随して下落し、その後の夜間取引でも下落しました。それを受けて本日の東京ゴムRSS3は、9:45時点で当限が0.2円安、先限が2.3円安です。

 昨日のタイ・バンコクのRSS3現物価格は、前日比0.15バーツ高の61.5バーツ(約212.8円)となり、過去23営業日中20営業日で年初来高値を更新しました。それにキロ当たりの輸入諸経費を8円で計算すると、輸入採算価格が約220.8円となります。それに対して東京ゴムRSS3の先限が21円ほど下回っております。また、当限と先限の価格差が37円幅まで拡大し、「近年最高の大幅逆さ」となりました。

東京ゴムRSS3の期近限月は、納会受け渡しなどの関係で産地原物価格を意識した価格形成をしております。その反面、期先限月は、投機的に売られている上海ゴム市場を意識して投機的な売り人気が高まっております。そうした「現物市場を意識した期近限月」と「売り人気の高まる気先限月」により近年最大の大幅逆さやを形成しており、「期近限月と期先限月のどちらが適正価格なのか?」という疑問が生じます。しかし、投機人気がどれだけ高まったとしても、「需要はすべてを優占する」という商品相場特有の格言もあり、投機人気はいつか冷めますが、最終的には。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

天然ゴム市場

6月17日

天然ゴム市場

 先週末のタイ・バンコクのRSS3現物価格は、前日比0.07バーツ高の61.35バーツとなって年初来高値を更新し、過去22営業日中19営業日で年初来高値を更新しました。それにキロ当たりの輸入諸経費を8円で計算すると、輸入採算価格が約221.5円となります。それに対して東京ゴムRSS3の当限が15円ほど上回っており、先限が18円ほど下回っております。

 上海ゴムの。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

天然ゴム市場パート2

6月13日

天然ゴム市場パート2

 東京ゴムが3月4日の高値から3月末の安値にかけて30円ほど下落しましたが、その間のタイ・バンコクのRSS3現物価格が52バーツ台から53バーツへと小幅上昇しました。そうした値動きからも、産地現物価格の地合いの強さが伺えます。その産地現物価格がここにきて20営業日中17営業日で年初来高値を更新しております。それを受けて東京ゴムRSS3の先限が輸入採算価格を15円ほど下回っております。

 NYダウが4月23日の高値から6月3日の安値にかけて2000ドルほど下落しましたが、その間の東京ゴムが190円付近から15円ほど上昇しました。そうした値動きからも、東京ゴムの地合いの強さを感じます。それにより、今月末の米中通商協議に向けてNYダウが再び下落基調を強めたとしても、東京ゴムが上昇基調を続ける可能性がります。

5月の中国の自動車販売台数が前年同期比16.4%減の191万台となり、乗用車販売台数は前年同期比17.4%減となりました。それにより、1~5月の中国の累積自動車販売台数が前年比13%減​​となりました。欧米中の自動車販売台数が昨年秋ごろから減少傾向を続けております。天然ゴムの9割ほどが自動車などのタイヤに加工され、その内の40%ほどが新車用タイヤに加工されます。それだけに新車用タイヤ需要の世界的な落ち込みが天然ゴム市場の圧迫要因となっております。タイゴム協会の分析では、2019年の天然ゴムの世界需要が前年比2.4%増の1431万トンに留まるとの見通しを公表しました。そして、2019年の世界の天然ゴム生産も前年比2%増の1400万トンに留まり、「2019年の世界の天然ゴム需給が31万トンの供給不足に陥る」との見通しを公表しました。欧米中の自動車販売台数の落ち込みは深刻な問題ですが、年初に台風1号がタイ南部を直撃した影響や、中国やタイ、インドネシア、ベトナムなどでのエルニーニョ現象による干ばつ被害なども深刻な問題です。そうした強弱材料が対峙している中でも、「2019年の世界の天然ゴム需給が31万トンの供給不足に陥る」との見通しは特に注目でしょう。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事