松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

ゴム

天然ゴム市場

10月15日

天然ゴム市場

 先週末のロンドンゴムTSR20(12月限)を円換算すれば、1.235ユーロ×129.277円=約159.6円となり、それに対して東京ゴムTSR20(12月限)が10.5円も下回っております。そして、ロンドンゴムTSR20(4月限)を円換算すれば、1.2475ユーロ×129.277円=約161.2円となり、それに対して東京ゴムTSR20(4月限)が8.3円も下回っております。一方、先週末のタイ・バンコクのTSR20現物価格を円換算すれば、44.65バーツ×3.41557円=約152.5円となり、それに対して東京ゴムTSR20の当限価格が4.8円も下回っております。タイの現物価格やロンドン市場での価格と比べても、東京ゴムTSR20の安さが際立ちます。しかし、あと10日もすると納会を迎えることになります。

 東京ゴムTSR20の当限(11月限)の納会は今月25日であり、納会での現物受け渡し条件は、タイとマレーシアの港受け渡しとなります。しかも受け渡し共用品は、「生産から3カ月以内」というかなりフレッシュな現物に限定されます。それにより、今は、東京ゴムTSR20が産地現物価格を大きく下回っているものの、今月納会では、産地現物価格にかなり近い水準で納会を迎える可能性があります。

それに対して東京ゴムRRSの納会での受け渡し条件は、「国内に入庫されてから1年間以内」ですから、産地で生産されてからでは1年半前後も経過した現物が受け渡しされることもあります。期限切れ寸前の品質の悪い現物が多く渡し物に出てくれば、東京ゴムRSS3の当限が他限月に対して大きく下落することもあります。しかし、新しく上場された東京ゴムTSR20では、TOCOMで初めてとなる「海外受け渡し」です。ここは、納会に向けて東京ゴムTSR20を強気することも一考かもしれません

天然ゴム市場パート2

 

10月12日

天然ゴム市場パート2

 タイ・バンコクのTSR20現物価格は、昨日が44.80バーツとなり、本日が44.65バーツです。昨日の上海ゴムや東京ゴムが大幅下落しましたが、タイ・バンコクのRSS3現物価格とTSR20現物価格は先週末と変わらない水準です。産地現物価格がコストとされる水準を1割ほど割り込んでいるだけに、上海ゴムや東京ゴムが3~4%下落した程度では、産地現物価格を下落させることは難しいのかもしれません。

 本日のタイ・バンコクのTSR20を円換算すれば、44.65バーツ×3.4367円=約153.4円です。それに対して東京ゴムTSR20の当限が6円ほど下回っております。東京ゴムTSR20の納会受け渡しは、タイやマレーシアの港渡しですから、基本的には「東京ゴムTSR20の当限=タイ・バンコクのTSR20現物価格」となります。しかし、産地現物価格に対して東京ゴムTSR20の当限が6円ほど割安となっているので、東京ゴムTSR20への値ごろ買いも一考かもしれません。
産地現物価格

天然ゴム市場

10月12日

天然ゴム市場

 昨日は、上海総合株価指数が5%ほどの大幅下落となり、上海ゴムも3%ほど下落し、中国の資源銘柄全体が下落しました。本日は、10:50時点で上海総合株指数が前日比変わらず、上海ゴムが0.5%安となり、中国の資源銘柄が全体的に小動きです。ようやく中国市場が落ち着きを取り戻したようです。

 東京ゴムTSR20の当限が10:50時点で2.3円安の146.5円です。これをバーツ換算すれば、42.7バーツとなります。しかし、昨日のタイ・バンコクのTSR20現物価格がキロ当たり44.8バーツであり、本日の産地現物価格が42.7バーツまで下落するのはかなり難しいように感じられますし、そのような安値は昨年も今年も記録しておりません。それにより、東京ゴムTSR20が下げ過ぎていると考え、東京ゴムTSR20に対して買い出動も一考かもしれません。

 今週末にタイ北部で天然ゴム生産国協会(ANRPC)の会合が開催されます。この会合は、毎年1回開催される重要な生産国会合です。産地天然ゴム価格が生産コストとされる水準を1割ほど下回っており、近年で最も安くなっているだけに、何らかの価格テコ入れ策が講じられる可能性もあります。そして、年末までにマレーシアで国際三国協議会(ITRC)の会合が開催され、世界の天然ゴム輸出国のトップ会談が行われ、天然ゴムの価格問題が話し合われます。ANRPCの会合かITRCの会合のどちらかで価格テコ入れ策が講じられる可能性があります。まずは、今週末に開催される天然ゴム生産国協会(ANRPC)の会合結果に注目でしょう。

天然ゴム市場

10月11日

天然ゴム市場

 14:45時点で上海総合株価指数が4.6%安となり、上海ゴムも3.1%安となりました。ドル円は、昨日15:15比で84銭の円高です。それを受けて東京ゴムのRSS3先限が3.8円安、TSR20先限が6円安となり、東京ゴムTSR20の下げ幅の大きさが目立ちます。

 一方、本日のタイ・バンコクのTSR20現物価格は、昨日と変わらずのキロ当たり44.8バーツです。これを円換算すれば、44.8バーツ×3.4113円=152.8円です。それに対して東京ゴムTSR20の当限が4円ほど下回っております。

 東京ゴムSTR20は、上場されたばかりで取組高まだ小さいので、本日は過敏に動き過ぎているように感じらえます。本日の上海ゴムは、昨夜のNYダウの大幅下落に反応して大きく下落したようです。しかし、NYダウが今月になって最高値を記録しましたが、それに対して天然ゴム価格は長期低迷を続けており、NYダウと天然ゴム価格の連動性を考えるのはナンセンスかもしれません。また、原油価格と天然ゴム価格も近年はほとんど連動しておりませんので、「原油の大幅下落=天然ゴムの大幅下落」と考えることもナンセンスかもしれません。しかし、昨夜のNYダウが史上3番目の下げ幅を記録し、本日の上海総合株価が4%強も下落したので、本日の上海ゴムはそうした連鎖反応的な売りに圧迫されたようです。現在のタイ・バンコクのTSR20現物価格やRSS3現物価格は、共に生産コストとされる水準を1割ほど下回っている水準にあるので、NYダウやNY原油の大幅下落でもそれほど影響しないのかもしれません。

天然ゴム市場

下記の記事は、メール情報会員に先週末配信しました過去記事です。参考にどうぞ。

10月5日
天然ゴム市場
 タイのグリサダ農業協同組合長は3日、タイの農業省と農業協同組合が新たな天然ゴムの価格テコ入れ策を計画中であることを明らかとしました。それによると、3カ月間タッピング作業を停止することに同意した天然ゴム生産者に対して、1ライ(1600平方メートル)当たり3000バーツ(約1万400円)の報酬を支払うとのことです。グリサダ農業協同組合長は、「これは、天然ゴム価格の下落に対するための計画的措置だ。」と述べております。そして同組合長は、タイゴム委員会に対してタイ国家評議会において90億バーツ(約312億円)の資金調達をするように求めたそうです。同組合長は、「来週の国家評議会に期待している。11月から来年の4月までこの計画を実施することを願っている。天然ゴムの供給量を20万トン削減できるはずだ。」と述べ、更に、「国内には400万ライ(約380万ヘクタール)のゴム園で年間約400万トンの天然ゴムを生産している。年間生産が400万トンを下回ると、天然ゴム価格は上昇するだろう。」とも述べております。更に、「タイ政府備蓄天然ゴム在庫の10万トンに対して、タイ当局と電力発電当局は、天然ゴムをエネルギーに変換する方法の実験を行っている。」と述べました。これは、タイ政府備蓄天然ゴム在庫を火力発電の燃料として使用するための実験であり、これが成功すれば、タイ政府備蓄天然ゴム在庫を減少させることが出来ます。
 タイ政府は、過去にも何度か90億バーツ(約312億円)程度の資金で天然ゴム20万トンほどを買い上げて政府備蓄在庫にするという価格テコ入れ策を実施してきました。しかし、この価格テコ入れ策は、現物を買い付ける過程では天然ゴム価格は上昇するが、政府備蓄在庫が積み上げられることで、政府備蓄在庫はいずれ市場に還流されることになるとの観測が高まり、天然ゴム価格を下落させる要因にもなってきました。それを解決するには、「3カ月間タッピング作業を停止することに同意した天然ゴム生産者に対して報酬を支払う」という今回の価格テコ入れ策はかなり有効な対策です。問題は、来週のタイ国家評議会でこの価格テコ入れ策に対する費用(90億バーツ)をタイ政府が認めるかということです。しかし、この新たな価格テコ入れ策の費用が承認されれば、産地現物価格が大幅上昇となる可能性があるだけに、ここは、東京ゴムに対して強気な見方も一考ではないでしょうか。


天然ゴム市場パート1~4

10月9日

天然ゴム市場

 本日の上海ゴムは、11:11時点で4.2%高まで上昇しており、11時ごろから急騰しました。

 インドネシアの国家災害対策庁は8日、スラウェシ島で発生した地震による被害を発表しました。それによると、死者1948人、行方不明者835人以上、重傷者2549人、けが人1万人となり、7万4400人が避難所で生活しているそうです。前日の会見では、「連絡が取れていない人の合計が5000人」との報告もありました。時間経過と共に被害報告は更に増加しそうです。

インドネシアは、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。



10月9日

天然ゴム市場パート2

 本日からTOCOMで「東京ゴムTSR20」の取引が開始されました。これまでの東京ゴムは「東京ゴムRSS3」と呼び、「東京ゴムTSR20」と区別する必要があります。

 東京ゴムRSS3と東京ゴムTSR20との価格差は、本日13:40時点で10円です。ちなみに、現在のシンガポール市場におけるRSS3とTSR20都の価格差は8セントですから、0.08ドル×113円=約9円となります。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。


10月9日

東京ゴム市場パート3

東京ゴムRRSの当限と先限の価格差は、7月下旬頃は5円幅程度でしたが、先月下旬に27円幅付近まで急拡大し、現在は13円幅程度です。当限と先限の価格差がここまで大きく変化すると、納会受け渡し情報にそれほど詳しくない一般投資家にとっては、かなり不利な値動きではないでしょうか。その反対に、このような値動きは、納会受け渡しに精通している一部の輸入業者にとっては、かなり有利な値動きとなります。

東京ゴムRSS3は国内受け渡しであり、国内に入荷してから1年間以内の現物が受け渡しに使われます。それにより、国内に入荷してから11カ月経過した現物を納会で受けることになれば、翌月以降の納会で渡し物として使用できません。そうした理由により、期限切れ寸前の現物渡しが集中すると予測されるときは、先限に対して当限が大幅に安くなることもあります。それにより大幅順さやが形成されれば、納会&新甫のたびに「さや滑り」が発生することになります。

東京ゴムTSR20の納会での受け渡しは、タイとマレーシアの港渡しです。そして、受け渡し共用品は、「TOCOMが承認したTSR工場によって生産されたタイ産STR20であって、その生産日が受渡し時点において3カ月以内であること」となります。東京ゴムRSS3号の受け渡し共用品が、「国内に入荷して1年以内の現物」であることに対して東京ゴムTSR20は、「生産日が受渡し時点において3カ月以内」ですから、東京ゴムTSR20の受渡し共用品の方がかなりフレッシュな現物受け渡しとなります。それにより東京ゴムTSR20は、東京ゴムRSS3のような大幅順さやを形成する可能性は極めて低くなります。それにより、中長期的な買いポジションを考えている時であれば、東京ゴムRSS3より東京ゴムTSR20の方が適しているといえるのかもしれません。ただ、東京ゴムRSS3も需給ひっ迫を背景として大幅上昇する時は、「大幅逆さや」を形成し、先限より当限の方がはるかに高くなる時もあります。

現在のシンガポール市場におけるRSS3とTSR20都の価格差は8セントですから、0.08ドル×113円=約9円となります。それにより、「東京ゴムRSS3-東京ゴムTSR20」の価格差が9円以上あれば、「買いはTSR20有利、売りはRSS3有利」や、価格差が9円以下の時は、「買いはRSS3有利、売りはTSR有利」という考え方も一考でしょう。本日の日中取引終了時の「東京ゴムRSS3-東京ゴムTSR20」の価格差は12円幅ですから、「買いはTSR20有利」と考えることも一考かもしれません。



10月9日

天然ゴム市場パート4

 本日の日中取引は、東京ゴムRSS3が2.6円高(約1.5%高)で取引を終えましたが、上海ゴムは3.6%高で取引を終えました。本日の上海ゴムの取引中心限月(1月限)は、一時4.2%高の1万2870元まで上昇し、6月13日以来の高値を記録しました。そして、3か月半前から続くボックス圏相場(1万1600元~1万2850元付近での値動き)の上限をすこし上回ってきました。それにより、「保合い離れ」となる可能性も高まってきました。

現在の上海ゴムの取引中心限月である1月限は、8月初めごろから新たな取引中心限月となった限月ですから、現水準まで上昇すると、売り方のほとんどが値洗いマイナスとなります。それにより、値洗い的に買い方有利な内部要因となってきました。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。


東京ゴムの当限と先限の価格差


天然ゴム市場

10月5日

天然ゴム市場

タイのグリサダ農業協同組合長は3日、タイの農業省と農業協同組合が新たな天然ゴムの

。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

天然ゴム市場パート2

10月3日

天然ゴム市場パート2

 インドネシアのスラウェシ島のソプタン山で3日(日本時間で3日9時47分)に噴火が確認されました。インドネシア国家災害対策庁によると、噴煙が山頂から4000mに達したそうです。今回噴火したソプタン山と9月28日に発生した地震の震源地までは600kmはなれているので、28日の地震と本日の噴火との関連性は不明とのことです。本日の噴火により、上から2番目の警戒レベルが発令されました。インドネシアは、世界第2位の天然ゴム生産国です。

 インドネシアのスラウェシ島で9月28日夕方に震度7.4の地震が発生し、3mを超える津波も発生しました。それによる死者は10月2日時点で1234人となり、まだ多くの人が倒壊した建物の中に取り残されているとみられ、死者数はさらに増える見込みです。更に、ラウェシ島の南にあるフローレス島でも、震度がM6.2の地震が発生しました。

インドネシアでは、2004年12月26日にスマトラ島大地震が発生し、震度がM9.1となり、津波の影響も加わって死者が16万人以上となりました。その後の東京ゴムは、1年間半で200円ほど上昇する大型上昇相場に発展しました。更に、2009年9月30日に発生したスマトラ島沖地震では、震度がM7.5となり、1100名以上が死亡しました。その後の東京ゴムは、4カ月間で100円ほど上昇しました。

スラウェシ島で地震が発生し、津波も発生しました。その後、スラウェシ島に近いフローレス島でも地震が発生しました。そして本日、スラウェシ島のソプタン山が噴火しました。しばらくは、スラウェシ島付近での地震の再発や噴火に注意が必要となりそうですので、しばらくは東京ゴムも堅調地合いを続けそうです。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事