松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

ゴム

天然ゴム市場パート1~3

4月8日

天然ゴム市場

 タイでは、7日時点で新型ウイルスによる感染者が累計で2220人となり、死者数が前日比51人増となりました。先進国に対して医療設備が劣っているタイでは、感染拡大がかなり警戒されております。タイ民間航空会社は、4月3日より入国禁止措置を実施しているほどです。そしてタイ政府は、4月3日より外出禁止令が発令しており、午後10時から翌朝4時までの夜間の外出を原則禁止し、違反者には2年以下の懲役または4万バーツ(約13万円)以下の罰金、もしくはその両方となります。

 午後10時から翌朝4時までの夜間外出を禁止となれば、天然ゴムのタッピングに悪影響を及ぼします。ゴムの木の樹液は、太陽にあたると硬化するので、太陽の日差しを避けることが出来る時間帯にタッピングを行います。スリオン農業協同組合大臣は、「夜間外出禁止令の時間帯にタッピングを行う必要がある。農民が夜にラテックスを収集することを禁じられているならば、彼らは収入を得ることは出来ないだろう。」と述べ、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。

4月8日

天然ゴム市場パート2

 本日の上海ゴムは、1%安で寄り付きましたが、12:10時点で2.1%高の1万85元となり、3月26日以来となる「1万元の大台回復」となりました。武漢市のロックダウンが解除されたことなどが好感されたようです。

武漢市で1月23日から実施されていたロックダウンが本日より解除されました。武漢市では、新型ウイルスによる感染者数が合計で5万人を突破し、死者数が2571人に達しました。そして、中国本土での7日時点での新型ウイルスによる死者数がゼロ人となりました。

現在の中国商品先物市場の工業品銘柄は、全体的に高安まちまちとなっておりますが、上海ゴムだけは大幅高となって。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。

 

4月8日

天然ゴム市場パート3

 本日の上海ゴムは、1%安付近で寄り付きましたが、2.9%高の1万170元まで急騰して前場を終えました。上海ゴム20号に関しては、5.1%高まで急騰して前場を終えました。本日の中国商品先物市場の工業品銘柄が全体的に高安まちまちですが、上海ゴムだけが大幅高となった事に注目でしょう。武漢市のロックダウンが2か月半ぶりに解除されたことなどが好感されているようです。また、タイで夜間外出禁止令が天然ゴム生産に及ぼす影響や、天然ゴム生産地の干ばつ観測なども強材料視されているようです。

マーケット全体が新型ウイルス問題一色となっておりますが、その陰に隠れて注目度が低下している「天然ゴム生産地の干ばつ懸念」にも注意する必要があります。タイ国船員協議会のリムルーチャ副議長は、「輸出業者は現在の広範囲にわたる悪影響を懸念しており、農民やオペレーターに迅速な救済措置を提供するよう要請する。これは過去40年で最悪の干ばつであり、国の4つの主要なダムの水量は農業用に残りわずか16%であり、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。



 


天然ゴム市場パート3

4月7日

天然ゴム市場パート3

 東京ゴムRSS3におけるファンドポジションは、3月5日から売り越しに転じ、昨日時点で「4409枚の売り越し」となり、昨年10月以来の大幅売り越し枚数となりました。

 東京ゴムRSS3における当業者のポジションは、3月6日から買い越しとなり、昨日時点で「2987枚の買い越し」となり、昨年10月以来の大幅買い越し枚数となりました。

 東京ゴムRSS3における「ファンドの売り越し枚数」と「当業者の買い越し枚数」が昨年10月以来の水準まで膨らんだことに注目でしょう。東京ゴムRSS3は、昨年6月から10月にかけて205円付近から155円付近まで50円幅ほど下落しましたが、昨年10月から今年の1月にかけて155円付近から205円付近まで50円ほど上昇しました。現在の「ファンドの売り越し枚数」と「当業者の買い越し枚数」が、昨年10月の大底付近の水準まで膨らんでいるだけに、ここが東京ゴムの大底となる可能性も出てきました。

東京ゴムRSS3における当業者などのポジション
東京ゴムRSS3の日足

 

※チャートの情報提供元は(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドです。チャートの著作権は、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。


天然ゴム市場パート2

4月7日

天然ゴム市場パート2

 上海ゴムの当限は、先月30に8995元まで下落して上場来安値を記録し、現在は9840元付近まで上昇しております。それにより、2015年の安値(9150元)と先月30日の安値(8995元)でダブルボトムを形成した可能性も出てきました。ちなみにリーマンショック時の安値は9565元でした。

一方、上海ゴムの取引中心限月は、3月31日に一時930元まで下落し、現在は9880元付近まで上昇しております。それにより、2016年の安値(9360元)と先月31日の安値(9300元)でダブルボトムを形成した可能性も出てきました。

上海ゴムの現在の取引中心限月となっている9月限は、3月下旬から新たな取引中心限月となり、1万元以下の水準で本格的に取り組まれた限月であり、「安値取組」となっております。それにより、9月限は、1万元を上回り始めると、売り方の大半が値洗いマイナスに転じることになり、内部要因が一変することになります。上海ゴムの取引中心限月は、「4カ月に1度」のサイクルで移動します。ここで注目は、上海ゴムは、取引中心限月の移動のタイミングで内部要因が一変することで、トレンドが変化する傾向があるという事でしょう。
上海ゴム当限の週足

天然ゴム市場

4月7日

天然ゴム市場

 12:10時点で、上海ゴム1.6%高、上海螺子鋼0.2%高、上海タール6%高、上海銅2.3%高、上海亜鉛2.8%高となり、中国商品先物市場の工業品銘柄が2日連続で全面高となり、2日連続で大幅高となる銘柄が続出しております。上海総合株価指数は1.8%高となり、3月17日以来の高値水準まで上昇しました。

中国国家統計局が発表した3月の中国製造業PMIは、45ポイント予想に対して52ポイントとなり、前月の35.7ポイントから大幅上昇となりました。そして、財新&マークイットが発表した3月の中国製造業PMIは、45ポイント予想に対して50.1ポイントとなり、前月の40.3ポイントから大幅上昇となりました。中国国家統計局の発表値は大企業を中心とした統計であり、財新&マークイットの発表値は企業全体の統計値です。2月の中国製造業PMIが歴史的な悪化となりましたが、それでも3月の中国製造業PMIが景気分岐点とされる50ポイントを上回ってきたので、中国関連銘柄などへの注目が高まってきたようです。
中国の製造業PMI

天然ゴム市場の総括

メール情報会員に先週末配信しました週間レポートの一部をご紹介します。参考にどうぞ。


天然ゴム市場の総括

 上海ゴムの当限価格は、4月2日の朝方に一時8935元まで下落して上場来安値を記録しました。そして、上海ゴムの取引中心限月は、3月23日9300元まで下落して上場来安値を記録し、4月2日朝方にも一時9360元まで下落し、上場来安値まであと60元に迫りました。

ここにきて上海ゴムが記録的な安値を記録しており、値ごろ的にも注目でしょう。

 新型ウイルスの世界的な感染拡大を受けて、4~6月期にマイナス経済成長に陥る国が続出することが予想されます。それを受けて、世界的な自動車販売台数の大幅減少も予想されます。しかし、既に上海ゴムがリーマンショック時の安値を下回ってきたので、そうした「新型ウイルスの世界的な感染拡大による深刻な影響」を現在の天然ゴム価格が織り込んでいると考える必要もありそうです。

ゴールドマン・サックスの3月31日付けのレポートでは、「新型コロナウイルスのパンデミックが企業に打撃を与え大量の失業を引き起こし、米経済は4~6月期にこれまでの想定よりもはるかに深く落ち込むだろう。」と指摘しており、4~6月期の米国経済成長率がマイナス34%となり、米失業率が15%に達するという見通しを発表しました。そして、7~9月期の米国経済成長率はプラス19%となり、従来予想(プラス9%)より引き上げました。今回は、経済封鎖される都市が急増しましたので、それに伴って世界経済が大きく悪化しました。しかし、新型ウイルスの感染拡大が沈静化することになれば、経済封鎖が解除され、今回の世界的な大規模緩和策の影響を受けて、7~9月頃に急速な経済成長に転じる可能性もあるだけに、そうした動きを相場が先取りする可能性は高そうです。

 合成ゴムは原油から生成されるので、原油価格が天然ゴム価格に与える影響も大きくなります。米シェールオイル生産のホワイティング・ペトロリアムは1日、米連邦破産法第11条(民事再生法に相当)の適用を申請しました。今回の原油価格の暴落で初めてとなる原油生産に関する上場企業の経営破たんです。ホワイティング・ペトロリアムの経営破たんは、米シェール油田が集中する米南部や米中部が支持基盤であるトランプ大統領の再選に影響します。そうしたことを背景としてトランプ大統領は3月31日、ロシアのプーチン大統領とサウジアラビアのサルマン皇太子に対して、「ロシアとサウジアラビアとの増産合戦」を停戦するようにテレビ会談を行ったようです。そして、トランプ大統領は昨夜、自身のツイッターで「ロシアのプーチン大統領と会談した。そして、サウジアラビアのサルマン皇太子に話を聞いたところである。彼らは1000万バレル、もしくはそれ以上の減産をするというし、期待している。実現すれば石油・ガス業界に朗報だ。」とコメントしました。また、サウジアラビアとロシアが原油価格の安定化への協調に前向きな見方を示し始めており、サウジアラビアがOPECプラスによる緊急会合を呼びかけていることも伝わっておりますので、ここにきて「OPECプラスによる協調減産」が復活する可能性も高まってきました。それに反応して今朝から東京ドバイ原油が上昇し、それに東京ゴムRSS3も追随しました。

 東京ゴムRSS3におけるファンドポジションは、1月頃は2000枚程度の買い越しでしたが、3月5日から売り越しに転じ、昨日時点で「3724枚の売り越し」となりました。一方、当業者ポジションは、1~2月頃は1000枚程度の売り越しでしたが、3月6日から買い越しに転じ、昨日時点で「2450枚の買い越し」となりました。ヘッジャーである立場の当業者がここにきて今年最大の買い越しポジションを形成したことは注目でしょう。そして、ファンドポジションがここにきて今年最大の売り越しポジションを形成したことも注目でしょう。ファンドの多くがトレンドフォローを重視するので、「ファンドの買い越し枚数が最も増加したところ」が天井圏となり、「ファンドの売り越し枚数が最も増加したところ」が底値圏となる傾向もあります。2222

 1111

 

 

 

※チャートの情報提供元は(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドです。チャートの著作権は、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。


天然ゴム市場

下記のコメントは、メール情報会員に昨日配信しましたコメントです。参考にどうぞ。

4月2日

天然ゴム市場

 上海ゴムの当限の安値は、2008年12月が9565元、2015年11月が9150元、2016年1月が9255元、2018年6月が9855元であり、今年の安値が昨日記録した8935元となり、上場来安値を昨日記録しました。一方、上海ゴムの取引中心限月の上場来安値は、3月23日に記録した9300元であり、次いで本日朝方に記録した9360元です。ここにきて上海ゴムが記録的な安値を記録しております。

 明日予定されているトランプ大統領と米大手石油会社の首脳陣との会談で、米国も減産威参加することが決定すれば、OPECプラスによる協調減産が復活する可能性も高まります。

 米シェールオイル生産のホワイティング・ペトロリアムは1日、米連邦破産法第11条(民事再生法に相当)の適用を申請しました。今回の原油価格の暴落で初めてとなる原油生産に関する上場企業の経営破たんです。ホワイティング・ペトロリアムの経営破たんは、米シェール油田が集中する米南部や米中部が支持基盤であるトランプ大統領の再選に影響します。そうしたことを背景としてトランプ大統領は3月31日、ロシアのプーチン大統領とサウジアラビアのサルマン皇太子に対して、「ロシアとサウジアラビアとの増産合戦」を停戦するようにテレビ会談を行ったようです。ここで米国が新たに参加してOPECプラスによる協調減産が復活する可能性も出てきただけに、原油の値動きに敏感な天然ゴム市場に対しても、短期的な強気な見方も一考かもしれません。


上海ゴム(当限つなぎ足)の月足
上海ゴム5月限(取引中心限月)の日足

ゴム市場&金市場

3月31日

天然ゴム市場

 中国国家統計局が本日発表した3月の中国製造業PMIは、45ポイント予想に対して52ポイントとなり、前月の35.7ポイントから大幅上昇となりました。事前予想に反して景気分岐点とされる50ポイントを上回った事は注目でしょう。そして、3月の製造業PMIが、2017年9月以来の最高値を記録したことも注目でしょう。

 東京ゴムRSS3におけるファンドポジションは、東京ゴムが170円付近まで下落した3月5日から売り越しに転じ、昨日時点で「3089枚の売り越し」です。しかも、東京ゴムRSS3が156円付近まで急落した3月9日より売り越し枚数を急増させました。それにより、平均売り値がかなり低いので、東京ゴムRSS3が一段高となれば、売り方ファンドの本格的な「手仕舞いの買戻し」を誘う可能性も高そうです。

 東京ゴムRSS3における当業者ポジションは、東京ゴムRSS3が168円付近まで下落した3月6日から買い越しに転じ、昨日時点で「1890枚の買い越し」です。しかも、東京ゴムが147円付近まで下落した3月23日から買い越し枚数を急増させました。それにより、平均買い値がかなり低いことは注目でしょう。

 

3月31日

金市場

ロシア中央銀行は昨夜、金の購入を4月1日から停止することを発表しました。同国は過去5年間で400億ドルほどの金保有を積み上げてきました。しかし、原油価格の大暴落により資源価格全体も急落しましたので、それに伴ってロシア政府の今年の歳入が大幅減少する事になりそうです。その歳入の大幅減少を補う為にロシア政府が保有金を大量に売却する可能性が高まってきました。

 中央銀行の金保有ランキングは、1位が米国、2位がドイツ、3位がIMF,4位がイタリア、5位がフランス、6位がロシア、7位が中国、8位がスイス、9位が日本、10位がインドです。そして、過去1年間で金保有を特に大幅に増加させた中央銀行は、ロシアと中国とインドの中銀です。また、今回の新型ウイルスに対するロックダウンによる経済対策の為に、ロシアや欧州の中央銀行が保有金を売却する可能性もかなり高まってきました。

中国の製造業PMI

 



トウモロコシ市場&天然ゴム市場「蝗害に警戒」

3月18日

トウモロコシ市場&天然ゴム市場「蝗害に警戒」

ローコック国連事務次長は2月10日、「3カ国で1300万人が深刻な食糧不足に直面している。これは異常気象がもたらす新たな側面だ。緊急対策をしなければ、春以降の耕作期を経て被害はより一層甚大になる。」と指摘しております。そして、中国国家林業草原局は2月27日、緊急通知を発表し、各部門に蝗害拡大防止体制を整備するよう求めました。同局がウェブサイトに掲載した緊急通知では、「中国は、東アフリカで発生しインドやパキスタンに広まったサバクトビバッタの大群の進入リスクにさらされている。サバクトビバッタがいったん中国に襲来すれば、生態法則が不明で監視・観測技術の不足、防止・コントロール困難など多くの不確実性に直面するだろう。サバクトビバッタの数は今年6月までに現在の500倍に急増する恐れがある。」と警告しております。この緊急告知では、「気候の条件によっては、バッタの大群が3つのルートから中国に入ると予測される。1つ目はインドやパキスタンを経由しチベットに進入するルート、2つ目はミャンマーから雲南省へのルート、3つ目はカザフスタンから新疆ウイグル自治区に入るルートだ。」とも指摘しております。

中国は、世界第2位のトウモロコシ生産国です。バッタの大群がチベット自治区に進入するルートや新疆ウイグル自治区に侵入するルートとなれば、トウモロコシ価格が高騰する可能性も高まります。そして、雲南省に侵入するルートとなれば、中国最大の天然ゴム生産地が雲南州なので、天然ゴムが高騰する可能性も高まります。サバクトビバッタが中国に侵入する3つの予想ルートの1つである雲南省では、15万5000トンの殺虫剤と162個の殺虫剤散布機、20基のロドーン、460人の専門家チームをそろえて、蝗害に備えているそうです。こうした雲南省の対策からも、中国がいかに今回の蝗害に対して警戒しているかが伺われます。

国連の発表では、サバクトビバッタが過去1年半で6400万倍となり、4000億匹にまで増加したそうです。そして、降雨予想を受けて6月までに現在の500倍にまで増加することが予想されるそうです。サバクトビバッタの最大高度は900メートルとされており、航空機による殺虫剤散布も危険が伴うそうです。1平方メートルの地域を覆うサバクトビバッタの大群は、1日に3万5000食分を食べることが出来るそうです。そのようなバッタの群れが幅40㎞、長さ60㎞に及ぶ大群となって偏西風の影響で東に進行中であり、中国の国境近くにまで迫ってきました。

バッタは蝗害を起こす前の普段の「孤独相」と呼ばれる体から、世代交代時に「群生相」と呼ばれる移動に適した体に変化することがあります。サバクトビバッタは、個体が密集すると、世代交代の時に色が青色から茶色に変化し、足が短くなり、羽が長くなり、頭が大きくなり、気性も荒くなって共食いもするようになります。集団生活している親からは、集団の密度が高いほど、より群生相が強いバッタが産まれるとされております。そうなして群生相の遺伝子を受け継いだバッタは、10~16世代にわたって群生相を続けるとされております。前回のサバクトビバッタによる蝗害は、2003年10月から1年8カ月続きました。しかし、今回は、昨年5月から蝗害が始まり、まだ10カ月しか経過していないので、「あと1年間ほど蝗害が続く」と予想されます。すでにサバクトビバッタの大群が中国国境近くにまで迫っております。しかも、東アフリカから偏西風の影響で東に進軍し続けてきたので、「中国への侵入は時間の問題」となってきました。現在4000億匹のサバクトビバッタが6月までに200兆匹にまで増加することも予想されているだけに、「中国での蝗害」を警戒し、東京トウモロコシや東京ゴムRSS3に対する強気な見方も一考かもしれません。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事