松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

穀物

トウモロコシ市場

6月14日

トウモロコシ市場

 米農務省から12日に発表された需給報告では、市場予想に反して今年の米国産トウモロコシの生産高予想が据え置かれました。現在の米国産トウモロコシの作柄が大豊作となった昨年を大きく上回っているものの、まだ育成初期なだけに、今年の生産高見通しには反映させなかったようです。一方、インフォ―マ・エコノミクスが昨夜発表しました今年の米国産トウモロコシの単収予想は、1エーカーあたり174.5ブッシェルとなり、昨年を11ブッシェルほど上回りました。昨年のシカゴコーンは、天候相場前半で「青田ホメ」による豊作観測が高まり、6月下旬に356セントまで下落しました。今年も昨年6月の安値付近までの下落は考える必要があるのかもしれません。

 1カ月前の米農務省による米国産トウモロコシの週間作柄・育成進展状況では、作付け率が過去5年平均を1%下回り、発芽率が過去5年平均を1%上回る内容となり、時期的にも「優と良の占める割合」などの作柄に関する発表は行われませんでした。しかし、今週の発表では、優と良の占める割合が大豊作となった前年を10%も大幅に上回りました。しかも、月末にかけての天候は、育成に適した天候が続きそうです。

 ウエザーサービスによるシカゴの降水確率予報では、この先14日中で40%が4日、30%が1日、20%が7日、10%が1日、0%が1日となっており、晴れがちな天候が続く見通しです。現在の米穀倉地帯の土壌水分が十分にあることから、「十分な土壌水分と十分な日照時間」により、米国産トウモロコシと米国産大豆に対する豊作観測が月末にかけて更に高まることも予想されます。米国産トウモロコシにとって、これからが「天候相場本番」となるだけに、天候を主眼に置いて考えるべきかもしれません。

トウモロコシ市場パート2

6月6日

トウモロコシ市場パート2

日本商品先物振興協会は本日、米農務省が12日に発表する6月の需給報告について、トウモロコシの2018~2019年度期末在庫見通しを。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。柄進展状況に向けての弱気な見方も一考かもしれません。

トウモロコシ市場

6月6日

トウモロコシ市場

 米農務省から発表される週間育成・作柄進展状況が3週連続で良好な内容となり、3週連続でシカゴコーンを下落させるファクターとなりました。。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

トウモロコシ市場(1日&4日の過去記事)

下記の記事は今月1日と4日に配信しました過去記事です。参考にどうぞ。



6月1日

トウモロコシ市場

 東京トウモロコシは、年初から5500円ほど上昇し、5月21日に2万6550円の年初来高値を記録しました。しかし、5月22日から5営業日連続で陰線となり、5月30日には1000円近く下落しました。これにより、5カ月ほど続いた上昇基調が反転した可能性も高まってきました。

 シカゴコーンも年初より65セントほど上昇し、5月24に年初来高値となる412.25セントを記録しました。しかし、5月29日からの2営業日で391セント付近まで大きく下落しました。これにより、5か月間ほど続いた上昇基調が反転した可能性も高まってきました。

 米農務省から29日に発表された米国産トウモロコシの週間作柄・育成進展状況では、作付けと発芽が共に過去5年平均を少し上回りました。そして、今シーズン初めてとなる作柄の発表では、優と良の占め割合が79%となり、大豊作となった昨年同期の65%を大きく上回りました。しかもこの時期で、優と良の占め割合が79%となった事は、初めての事です。

 ウエザーサービスの10日予報による降水確率見通しは、40%が1日ありますが、それ以外は20%以下となっており、今後も晴天続きとなる見通しです。今年は、冬場の大雪により例年以上の土壌水分を保っているだけに、晴天続きとなれば、作柄が更に良好となり、育成が更に進むことも考えられます。それにより、米農務省による来週の週間作柄・育成進展状況の発表でシカゴコーンが下落し、再来週の週間作柄・育成進展状況の発表でもシカゴコーンが下落する可能性があります。

この時期に米国産トウモロコシの優と良の占める割合が過去最高となる79%となったことに加えて、今後も育成に適した天候が続く見通しですから、今年の米国産トウモロコシは、過去最高の豊作となる可能性もあります。


6月4日

トウモロコシ市場

 CFTCから先週末に発表されたシカゴコーンにおけるファンドの買い越し枚数は、5月29日時点で前週比7729枚減の39万2609枚となりました。ここで注目は、ファンドの買い越し枚数が5月1日時点から5週連続で39万枚を超えていることです。ちなみに、昨年までの4年間での最高買い越し枚数は、2016年6月14日時点の36万2525枚であり、2016年中で買い越し枚数が33万枚を超えたのは1日だけでした。

シカゴコーンにおけるファンドの買い越し枚数は、5週連続で過去5年間での最高水準となっております。それだけに、ファンドが手仕舞い売りに動けば、シカゴコーンの下げ足がかなり早まることになります。そして、「ファンドの買い越し枚数が最も増加したタイミング=天井」となることも多いだけに、すでにシカゴコーンが天井形成を終えたと考えるべきかもしれません。

シカゴコーンにおけるファンドポジション

トウモロコシ市場

6月1日

トウモロコシ市場

 東京トウモロコシは、年初から5500円ほど上昇し、5月21日に2万6550円の年初来高値を記録しました。しかし、5月22日から5営業日連続で陰線となり、5月30日には1000円近く下落しました。これにより、5カ月ほど続いた上昇基調が反転した可能性も高まってきました。

 シカゴコーンも年初より65セントほど上昇し、5月24に年初来高値となる412.25セントを記録しました。しかし、5月29日からの2営業日で391セント付近まで大きく下落しました。これにより、5か月間ほど続いた上昇基調が反転した可能性も高まってきました。

 米農務省から29日に発表された米国産トウモロコシの週間作柄・育成進展状況では、作付けと発芽が共に過去5年平均を少し上回りました。そして、今シーズン初めてとなる作柄の発表では、優と良の占め割合が79%となり、大豊作となった昨年同期の65%を大きく上回りました。しかもこの時期で、優と良の占め割合が79%となった事は、初めての事です。

 ウエザーサービスの10日予報による降水確率見通しは、40%が1日ありますが、それ以外は20%以下となっており、今後も晴天続きとなる見通しです。今年は、冬場の大雪により例年以上の土壌水分を保っているだけに、晴天続きとなれば、作柄が更に良好となり、育成が更に進むことも考えられます。それにより、米農務省による来週の週間作柄・育成進展状況の発表でシカゴコーンが下落し、再来週の週間作柄・育成進展状況の発表でもシカゴコーンが下落する可能性があります。

この時期に米国産トウモロコシの優と良の占める割合が過去最高となる79%となったことに加えて、今後も育成に適した天候が続く見通しですから、今年の米国産トウモロコシは、過去最高の豊作となる可能性もあります。


東京トウモロコシの日足
シカゴコーンの日足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。


トウモロコシ市場

5月31日

トウモロコシ市場

 米農務省から29日に発表された米国産トウモロコシの週間作柄・育成進展状況では、作付けと発芽が過去5年平均を共に上回りました。しかも、優と良の占める割合が72%予想に対して79%となり、大豊作となった前年同期の65%を大きく上回りました。「優と良の占める割合が79%」は、信じがたいほど良好な状態です。このペースで育成が進むと、過去最高の豊作となる可能性も高まります

 ウエザーサービスによるシカゴの10日見通しでは、この先10日間の降水確率がすべて20%以下となっており、晴天続きにより育成ペースが更に加速することになりそうです。最高気温も23~30℃となっており、温暖な気候が続く見通しです。10日間も晴天続きとなれば少し問題なようにも思われますが、今年は、例年以上の土壌水分を誇っているので、晴天続きの恩恵を十分受けることが予想されます。それにより、時間経過と共に「青田ホメ」観測が高まり、シカゴコーンが更なる下落となる可能性もありそうです。

トウモロコシ市場パート

5月30日

トウモロコシ市場パート2

 米農務省から今年初めてとなる米国産トウモロコシの作柄に関する発表がありました。それによると、5月27日時点で優と良の占める割合が72%予想に対して79%となり、大豊作となった前年同期の65%を大きく上回りました。今年は、4月上旬~中旬の低温により、米国産トウモロコシの作付け開始時期が遅れました。しかし、4月下旬からの温暖な天候により、作付けペースと発芽ペースも共に過去5年平均を上回り始めました。そして、優と良の占める割合が79%となり、豊作観測が高まってきました。

 ウエザーサービスによるシカゴの10日予報による降水確率見通しは、80%が1日、40%が1日、30%が1日、10~20%が7日となっており、しばらく好天に恵まれるようです。しかも、ラニーニャ現象による冬場の大雪により、米穀倉地帯全体の土壌水分も十分です。そして、今後も温暖な気候が続く見通しです。それにより、シカゴコーンが更なる下落となる可能性もあります。しかも、現在の天気予報では、米農務省から来週発表される週間作柄・育成進展状況で作柄が良くなることも十分考えられます。

トウモロコシ市場

5月30日

トウモロコシ市場

 昨日の東京トウモロコシは、1週間ほど続くブラジルのトラックストライキを警戒して大幅上昇となりました。しかし、米農務省から昨夜発表された週間作柄・育成進展状況の改善を受けて今朝から大幅下落となりました。東京トウモロコシは、9:10時点で750円安の2万5310円です。

 米農務省から昨夜発表された米国産トウモロコシの週間作柄・育成進展状況では、5月27日時点での作付けが前週比11%上昇の92%となり、過去5年平均の90%を上回りました。発芽は、前週比22%上昇の72%となり、過去5年平均の69%を上回りました。そして、優と良の占める割合は、72%予想に対して79%となり、大豊作となった前年同期の65%を大きく上回りました。これにより、米国産トウモロコシが「青田ホメ」となる可能性が高まり、昨夜のシカゴコーンが大きく下落しました。

米国。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事