松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

穀物

トウモロコシ市場

8月14日

トウモロコシ市場

 米農務省が昨夜発表しました週間作柄・育成進展状況では、米国産トウモロコシの優と良の占める割合は前週比1%低下の70%となり、前年同期を8%上回っております。ドゥ率は前週比16%上昇の73%となり、前年同期を15%上回っております。デント率は前週比14%上昇の26%となり、前年同期を11%上回っております。

 米国産大豆の優と良の占める割合は前週比1%低下の66%となり、前年同期を7%上回っております。着さや率は9%上昇の84%となり、前年同期を7%上回っております。

 米国産トウモロコシと米国産大豆の作柄が共に豊作だった前年を上回っております。しかも、米国産トウモロコシは、過去最高の単収見通しであり、警戒されていた受粉期の天候も良好であったことから、受粉率もかなり高そうです。そして、受粉期を終えたことにより、草丈もかなり高くなり天候変化に対する耐性もかなり高まってきたので、今後の天候変化はそれほど気になれなくなります。それにより、9月の需給報告発表に向けて天候プレミアムが更に低下していくことも予想されます。

トウモロコシ市場

8月13日

トウモロコシ市場

 米農務省から先週末に発表された需給報告では、米国産トウモロコシの単収見通し()前月発表値の1-エーカーあたり174.0ブッシェルから178.4ブッシェルに引き上げられ、市場予想平均の176.2ブッシェルを上回りました。それにより今年の生産高見通しが前月発表値の142億3000万ブッシェルから145億8600万ブッシェルに上方修正されました。

米国産大豆の単収見通しも前月発表値の1エーカーあたり48.5ブッシェルから51.6ブッシェルに引き上げられ、市場予想平均の49.6ブッシェルを上回りました。それにより今年の生産高見通しも前月発表値の43億1000万ブッシェルから45億8600万ブッシェルに引き下げられました。

2018年度の世界の穀物生産高見通しに関しては、世界のトウモロコシ生産が前月発表値の1054億3000万トンから1061億500万トンに引き上げられました。世界の大豆生産は、359万4900万トンから367億1000万トンに引き上げられました。世界の小麦生産は、736億2600万トンから729億6300万トンに引き下げられました。

米国産トウモロコシと米国産大豆の単収見通しや生産高見通しが大幅に上げられました。この状態が収穫期まで続くと、米国産トウモロコシの単収が過去最高を記録することになります。ただ、世界の小麦需給に関しては、米冬播き小麦やロシアやヨーロッパ、オーストラリアなどの育成が芳しくなかったので、しばらくは逼迫気味な展開となりそうです。

米国産トウモロコシの1エーカー当たりの単収は、1960年頃で60ブッシェル程度、1990年頃で120ブッシェル程度でしたが、2006~2017年度で初めて160ブッシェルを超え、遺伝子組み換え作物の普及により単収が大幅に上昇しました。そして、2015~2016年度が168.4ブッシェル、2015~2016年度と2016~2017年度が174.6ブッシェルとなり、豊作が続きました。そして今回の需給北国では、単収見通しが178.4ブッシェルに引き上げられ、現時点では過去最高の単収見通しです。しかも、今年の米国産トウモロコシが開花期を無事通過したので、今後の天候変化にはそれほど神経質になる必要もない時期を迎えます。

今年の米国産トウモロコシの1エーカー当たりの維持コストを過去5年の平均である683.88ドルで計算すると、1ブッシェル当たりの生産コストは、683.88ドル÷178.4ブッシェル=約383セントとなります。それに対して現在のシカゴコーンが371ドル付近で推移しているので、少し上がれば、農家のヘッジ売りを大量に浴びる恐れもあります。それにより、天候相場と需給相場の変わり目ともなる「9月の需給報告」に向けてシカゴコーンが一段安となる可能性もあります。

トウモロコシ市場

8月8日

トウモロコシ市場

 穀物市場の注目は、来週12日に米農務省から発表される「8月の需給報告」となっているようです。ロイター通信が7日までにまとめた「米農務省による8月の需給報告に対する市場調査結果」が公表されました。それによると、2018~2019年度の米国産トウモロコシの単収予想は1エーカーあたり176.2ブッシェルとなり、前月発表値から2.2ブッシェルの上方修正です。米国産大豆の単収予想は1エーカーあたり49.6ブッシェルとなり、前月発表値から1.1ブッシェルの上方修正です。米国産トウモロコシの生産高予想は114億1100万ブッシェルとなり、前月発表値から1億8100万ブッシェルの上方修正です。米オ国産大豆の生産高見通しは44億700万ブッシェルとなり、前月発表値から9700万ブッシェルの上方修正です。しかし、米国産小麦の生産高予想は18億5000万ブッシェルとなり、前月発表値から3100万ブッシェルの下方修正です。

 米農務省が今週6日に発表しました週間作柄・育成進展状況では、米国産トウモロコシの優と良の占める割合が前週比1%低下の71%となり、前年同期を11%上回っております。米国産大豆の優と良の占める割合は、前週比3%低下の67%となり、昨年を7%上回っております。現在の米国産トウモロコシと米国産大豆の作柄は、豊作だった昨年を共に上回る良好さです。それにより今年の米国産トウモロコシの単収が過去最高となる可能性も高まっております。シカゴコーンとシカゴ大豆は、来週の需給報告発表に向けて軟調地合いを続ける可能性もありそうです。

トウモロコシ市場

8月1日

トウモロコシ市場

 昨夜のシカゴコーンは、シカゴ大豆の大幅高に追随して小幅高となりました。ムニューシン米財務長官と中国の劉鶴副首相が貿易戦争回避の道を模索していることが伝えられ、米中通商交渉が再開されるとの観測を受けて昨夜のシカゴ大豆が28セント高となり、4カ月ぶりの大幅高となりました。

 米国の追加関税に対して中国政府は報復関税を発表しましたが、その報復関税に「米国産大豆と米国産トウモロコシ製品」が含まれておりました。昨年の米大豆生産量の3分の1ほどが中国に輸出されているだけに、米国産大豆の中国向け輸出が減少するとの観測がこれまでのシカゴ大豆を圧迫しておりました。しかし、ここで米中通商交渉が再開される可能性が高まったことを受けて、中国の報復関税が見直されるかもしれないとの観測が昨夜のシカゴ大豆高につながったようです。それでも。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

トウモロコシ市場

7月31日

トウモロコシ市場

 米農務省から昨夜発表されました週間作柄・育成進展状況では、米国産トウモロコシの優と良の占める割合が前週比変わらずの72%となり、前年を11%上回り、過去5年平均も11%上回りました。シルキング率は、前週比10%上昇の91%となり、過去5年平均を9%上回りました。ドウステージ率は、前週比20%上昇の38%となり、過去5年平均を17%上回りました。ドウステージとは、トウモロコシの粒のミルク状の中身が徐々に柔らかい固まりになってゆく過程です。

今後の育成サイクルは、下記の通りです。

・デントステージ:ドウステージから約3週間たつと実に窪みができる段階に入ります。デントステージもドウステージ同様に固まっていく過程です。

・成熟:デントステージから約2週間でトウモロコシの成熟は完了します。ただし、成熟しても穀粒の中の水分はまだ高く20%以上です。この水分量が5%程度に低下すれば、収穫開始となります。

 米国産大豆の優と良の占める割合は前週比変わらずの70%となり、前年を6%上回り、過去5年平均を9%上回りました。着さや率は前週比16%上昇の60%となり、前年を15%上回り、過去5年平均を19%上回りました。

 米国産トウモロコシと米国産大豆の今年の育成状況は、豊作となった昨年より良好な状態が続いております。

 米国産トウモロコシの1エーカー当たりの単収推移は、2015~2016年度が168.4ブッシェル、2015~2016年度と2016~2017年度が174.6ブッシェルとなり、豊作が続いております。そして、米農務省が今月12日に発表した需給報告では、米国産トウモロコシの1エーカー当たりの単収予想が176.6ブッシェルとなり、このままいけば「過去最高の単収」を記録することになります。

 米国産トウモロコシの1エーカー当たりの単収は、1960年頃で60ブッシェル程度、1990年頃で120ブッシェル程度でしたが、2006~2017年度で初めて160ブッシェルを超え、遺伝子組み換え作物の普及により単収が大幅に上昇しました。

しかし、2010~2011年度が不作となり、1エーカー当たりの単収が120ブッシェル付近まで低下し、シカゴコーンも8ドル付近まで大暴騰することになりました。シカゴコーンは、2008年と2011年と2012年が不作となって8ドル付近まで大暴騰しました。

その反面、昨年まで4年連続で豊作となり、シカゴコーンが4年連続で3~4ドル付近で推移しております。昨年までの豊作の年のデータを参考にすると、今年も豊作となれば、8月下旬~9月上旬頃に年初来安値を記録する可能性があります。

シカゴコーンの週足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。


トウモロコシ市場

7月30日

トウモロコシ市場

 ウエザーサービスによるシカゴの天気予報では、8月12日までの最高気温は、24℃~31℃となっております。これでは、今年度の高温による米国産トウモロコシの受粉障害への心配をする必要はなさそうです。それにより、8月になれば更に豊作観測が高まって天候プレミアムが無くなり、シカゴコーンが更に下落する可能性もあります。

 2017年のシカゴコーンは、高温による受粉障害懸念で7月に4ドル付近まで上昇しましたが、受粉障害もなかったことで豊作観測が高まって天候プレミアムが低下し、8月下旬に3ドル28セントまで下落しました。

2016年のシカゴコーンは、天候不安により6月下旬に4ドル30セントまで上昇しましたが、その後は豊作観測の高まりと共に天候プラミアムが低下して3ドル1セントまで下落しました。

 2015年のシカゴコーンは、天候不安により7月に7ドル39セントまで上昇しましたが、その後の天候回復で豊作観測が高まり、天候プレミアムが低下して8月に3ドル46セントまで下落しました。

 2015~2017年のシカゴコーンは、天候プレミアムの高まりと共に6月下旬~7月に高値を付けましたが、その後は、豊作観測の高まりで天候プレミアムが低下し、8月には年初来安値付近まで大きく下落しております。今年は、豊作だった昨年以上に良好な作柄となっているだけに、豊作観測の高まりで天候プレミアムが低下し、昨年8月の安値(3ドル28セント)付近まで下落する可能性もあります。先週末のシカゴコーンは、3ドル62セントです。

 

 シカゴコーンの週足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。

トウモロコシ市場

7月27日

トウモロコシ市場

 米農務省が今月12日に発表しました需給報告では、米国産トウモロコシの1エーカー当たりの単収予想が176.6ブッシェルでした。ちなみに米国産トウモロコシの昨年8月末に発表されたクロップ・ツアーによる単収報告では、1エーカーあたりの単収が167.1ブッシェルでした。今年は、豊作となった昨年以上に良好な作柄となっております。それにより、豊作確定となって天候プレミアムが剥げ落ちることになれば、シカゴコーンが昨年8月の安値(328セント)を割り込む可能性もあります。

 今年の米国産トウモロコシの1エーカー当たりの維持コストを過去5年の平均である683.88ドルで計算すると、1ブッシェル当たりの生産コストは、683.88ドル÷176.6ブッシェル=約387セントとなります。それに対して現在のシカゴコーンが361ドル付近で推移しているので、あと20セントほど上昇すれば、生産農家のヘッジ売りを大量に浴びる可能性も高まります。それにより、シカゴコーンの上値は限定的と考えるべきかもしれません。そして、昨年も8月に天候プレミアムが剥げ落ちて328セントまで下落したので、今年も8月に昨年以上の安値を形成する可能性もあります。

シカゴコーンの日足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。


トウモロコシ市場

7月26日

トウモロコシ市場

昨夜のシカゴコーンは、シカゴ小麦の大幅高に追随しました。一方、シカゴ大豆はほとんど追随しませんでした。クロップ・ツアー初日の結果を受けてシカゴ小麦が上げ足を強めまたようです。

今年は、米国産トウモロコシや米国産大豆で豊作観測が高まっておりますが、小麦に関しては、ロシアやEU、オーストラリアが生産量を大幅に落としていることが強材料となっております。ロシアの小麦生産は、3年ぶりの低水準となる見通しです。欧州の小麦生産は、英国やドイツ、ウクライナ、ポーランドなどが生産高減少となる見通しです。そして、オーストラリアでも干ばつの影響で小麦生産が8年ぶりの低水準となる見通しです。

偏西風が通常より北に蛇行している影響により、太平洋高気圧とチベット高気圧が北に張り出し、日本が「ダブル高気圧」により猛暑に苦しんでおります。それにより、野菜価格の高騰が続いております。米国でも、米中西部穀倉地帯は温暖な気候が続いているものの、米西部や米南部がホット&ドライとなっております。欧州一帯でホット&ドライとなり、ギリシャやスウェーデンで過去最悪とされる山火事が発生しております。ドイツでは、気温上昇でビールの売り上げが急増し、ビールメーカーが「ビール瓶の不足」に苦しんでいるそうです。

欧州やオーストラリア、米国の西部と南部でのホット&ドライは気になりますが、米中西部の天候は、トウモロコシや大豆の生産に対して理想的な状態が続いております。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事