松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

穀物

トウモロコシ市場

 昨夜のシカゴ穀物市場では、シカゴコーンやシカゴ大豆、シカゴ小麦、シカゴ米が軒並み下落しました。これによりシカゴ穀物銘柄全体のテクニカルが、かなり弱気に傾きました。

 米農務省ブラジル駐在官の最新報告によると、2016~2017年のブラジル産大豆の生産高は、過去最高の1億100トンとなる見通しとなりました。米国産大豆が過去最高の豊作となり、ブラジル産大豆まで過去最高の豊作となれば、ブラジル産大豆の収穫期となる来年の春ごろに向けて、シカゴ大豆が下落基調を続ける可能性もあります。また、ブラジル産大豆が過去最高の豊作見通しとなると、ブラジル産大豆と同じ穀倉地帯で生産されるブラジル産トウモロコシも、過去最高の豊作となる可能性があります。南米は、世界最大の大豆生産高を誇ります。また、南米のトウモロコシ生産高は、米国を下回るものの、南米のトウモロコシ輸出量は世界最大を誇ります。

 CMEグループと米パーデュー大学が、昨夜発表した米農産生産者の景況感指数(2015年10月~2016年3月を100ポイントとして計算)は92ポイントとなり、前月から9ポイント低下しました。トウモロコシの来年夏にかけての価格見通しは、4ドル以上が34%、3ドル以下が27%となりました。また、大豆の来年夏にかけての価格見通しは、10ドル以上が30%、8ドル以下が25%となりました。米農産生産者の景況感指数が、前月から9ポイントも低下しており、来年夏にかけての価格見通しも、トウモロコシと大豆が共に悪化しました。

 米農務省の発表では、トウモロコシの収穫率が75%、大豆の収穫率が87%に達しました。それにより、サイロ(穀物の貯蔵庫)不足も騒がれるようになってきました。米国のトウモロコシや大豆、小麦、米などは、3年連続の豊作となりました。しかも、今年の米国のトウモロコシと大豆の生産は過去最高に達する見通しです。それにより、米国では、サイロ不足が問題視されるようになっており、穀物エレベータの中には、収穫完了前からサイロが満杯だとして、受け渡し時間を制限する動きも出始めております。また、買い手が先物価格に上乗せするプレミアム(割増金)が、7年ぶりの低水準に落ち込んでいるとの報告もあるようです。

 ここにきて、米農産生産者のシトウモロコシや大豆に対する価格見通しが急速に悪化していることを受け、これからシカゴコーンやシカゴ大豆に対する米農産生産者からのつなぎ売りが増加し、ハーベスト・プレッシャーが強まることも考えられます。また、米国産トウモロコシや米国産大豆の収穫作業が終盤となり、サイロ不足を背景とした農家の売り急ぎによるハーベスト・プレッシャーの高まりも考えられます。ハーベスト・プレッシャーの高まりを背景として、穀物市場への弱気な見方を継続することも一考かもしれません。

の高まりを背景として、穀物市場への弱気な見方を継続することも一考かもしれません。

シカゴコーンの日足
シカゴコーン
シカゴ小麦の日足
シカゴ小麦
シカゴ米の日足
シカゴ米
シカゴ大豆の日足
シカゴ大豆

 本画面に掲載されている情報の著作権は、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。
    

トウモロコシ市場「シカゴコーンの上値もサイロの容量もそろそろ限界か?」

  シカゴコーンは、8月下旬からじり高基調に転じ、10月14日に3.4ドル台まで上昇しましたが、その後は横ばいを続けております。シカゴ小麦も8月下旬からじり高基調に転じたものの、10月18日頃からじり安基調に転じております。シカゴ米も8月下旬からじり高基調に転じたものの、10月20日頃からじり安基調に転じております。シカゴ大豆は、10月13日頃からようやくじり高基調に転じたものの、今週になってじり安基調に転じております。そろそろシカゴコーンも上値の限界かもしれません。

米農務省の昨夜の発表では、トウモロコシの収穫率が75%、大豆の収穫率が87%に達しました。それにより、サイロ(穀物の貯蔵庫)不足も騒がれるようになってきました。米国のトウモロコシや大豆、小麦、米などは、3年連続の豊作となりました。しかも、今年の米国のトウモロコシと大豆の生産は過去最高に達する見通しです。それにより米国では、サイロ不足が問題視されるようになっており、穀物エレベータの中には、収穫完了前からサイロが満杯だとして、受け渡し時間を制限する動きも出始めております。また、買い手が先物価格に上乗せするプレミアム(割増金)が7年ぶりの低水準に落ち込んでいるとの報告もあるようです。

昨年や一昨年のシカゴコーンは、豊作となったものの農家の売り渋りが強まり、10~11月頃に4ドル付近まで上昇しました。生産コストを大幅に下回ったことで農家の売り渋りが強まり、価格上昇につながった模様。それにより、今年も生産コストとされる水準(3.9ドル付近)までの上昇を見込む向きもありましたが、ここにきてシカゴ小麦やシカゴ大豆、シカゴ米がじり安基調に転じてきただけに、そろそろシカゴコーンの上値も限界かもしれません。それに加えて米国のサイロ不足もここにきて騒がれるようになってきました

。。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
無料メール情報会員の申し込み
      

シカゴコーンの日足
シカゴコーンの日足
シカゴ小麦の日足
シカゴ小麦の日足
シカゴ米の日足
シカゴ米の日足
シカゴ大豆の日足
シカゴ大豆の日足

 本画面に掲載されている情報の著作権は、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。


トウモロコシ市場「当業者の売りつなぎ状況は?」

 CFTCから先週末に発表されたシカゴコーンにおけるファンドポジションは、8週間ぶりに買い越しに転じて5万2533枚となりました。シカゴコーンにおけるファンドポジションが売り越しに転じた時に、シカゴコーンが安値形成し、ファンドの買い越し枚数が28~30万枚付近まで膨らんだ時に、シカゴコーンが高値形成する傾向もあるようです。今回は、8月16日から10月11日にかけて売り越しとなり、それと共にシカゴコーンが2009年以来の安値を形成しました。

 9月の米農務省。。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
無料メール情報会員の申し込み
      
   シカゴコーンの日足
シカゴコーンの日足
シカゴコーンのファンドポジション
シカゴコーンのヘッジャーポジション

 本画面に掲載されている情報の著作権は、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

トウモロコシ市場

 CFTCから先週末に発表されたシカゴコーンにおけるファンドポジションは、8週間ぶりに買い越しに転じ、5万2533枚の買い越しとなりました。

 シカゴコーンにおけるファンドポジションが売り越しに転じた時に、シカゴコーンが安値形成し、ファンドの買い越し枚数が28~30万枚付近まで膨らんだ時に、シカゴコーンが高値形成する傾向もあるようです。今回は、

。。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
無料メール情報会員の申し込み
     

  
シカゴコーンのファンドポジション

トウモロコシ市場

 シカゴコーンは、米農務省による9月の需給報告後からじり高基調を続けております。また、シカゴ小麦やシカゴ米なども米農務省による9月の需給報告後からじり高基調を続けております。シカゴコーンやシカゴ小麦、シカゴ米は、。。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
無料メール情報会員の申し込み
  

シカゴコーンの日足
シカゴコーンの日足
シカゴ小麦の日足
シカゴ小麦の日足
シカゴ大豆の日足
シカゴ大豆の日足
シカゴ米の日足
シカゴ米

 本画面に掲載されている情報の著作権は、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

トウモロコシ市場パート2

 シカゴコーンは、9月の米農務省による需給報告後からじり高基調が続いており、豊作相場特有の現物呼び出し相場の様相を呈しているようです。9月の米農務省による需給報告までの天候相場では、シカゴコーンが下落基調を強めたものの、その後の需給相場でじり高基調に転じたことは注目でしょう。天候相場では、「豊作=売り」という発想となっても、需給相場になると、「安値=農家の売り渋り」や「安値=消費者の消費意欲を刺激する」などと受け止められることも多く、天候相場と需給相場の考え方の違いに注意する必要もありそうです。

米国立観測所(NWS)内の気象予報センター(CPC)は13日、「赤道付近の太平洋で海面温度が低下するラニーニャ現象が数カ月以内に発生し、北半球で今秋から冬にかけて同現象が持続する可能性が高まった。」との見方を公表し、ラニーニャ現象の発生確率を50%から70%に引き上げました。一方、日本の気象庁が10月11日に発表したエルニーニョ監視速報では、「ラニーニャ現象が発生しているとみられる。今後冬にかけては、平常の状態になる可能性もある(40%)が、ラニーニャ現象が続く可能性の方がより高い(60%)。」との見方を公表しております。ラニーニャ現象が発生すると、南米で干ばつ被害が多発する傾向もあります。

米農務省が。。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
無料メール情報会員の申し込み
  


シカゴコーンの日足
シカゴコーンの日足
東京とうもろこしの日足
東京とうもろこしの日足
 本画面に掲載されている情報の著作権は、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

トウモロコシ市場

 CFTCから先週末に発表されたシカゴコーンにおけるファンドの売り越し枚数は、前週比2万4468枚減の636枚となり、7週連続で売り越しとなりました。 シカゴコーンにおけるファンドが売り越しに転じたことは、過去3年間で4回目となります。過去3回の売り越しに転じた時は、シカゴコーンが安値圏を形成した時でした。過去3年間のパターンでは、ファンドが売り越しから買い越しに転じた後にシカゴコーンが5ドル台にまで大幅上昇しております。10月11日時点で売り越し枚数が636枚にまで激減していることから、「ファンドが買い越しに転じるのは、時間の問題」と考えるべきかもしれません。
シカゴコーンのファンドポジション


トウモロコシ市場

 CFTCから先週末に発表されたシカゴコーンにおけるファンドの売り越し枚数は、前週比2万4468枚減の636枚となり、7週連続で売り越しとなりました。

 シカゴコーンにおける。。。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
無料メール情報会員の申し込み
  
NY原油におけるファンドポジション
米オイルリグ数


みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事