松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

穀物

トウモロコシ市場「売り参入も一考か?」

6月19日

トウモロコシ市場「売り参入も一考か?」

 今年の米国産トウモロコシの作付け作業は、洪水の影響により作付け序盤で大幅に遅れました。作付け進捗率は、5月5日時点で平年を23%も下回り、5月12日時点で平年を36%も下回りました。しかし、6月2日時点で平年を12%下回り、6月16日時点で平年を8%下回るまで作付け進捗率が回復しました。

 ACCUウエザーによるシカゴの天気予報では、今月下旬から7月末にかけて晴れがちな天気が続く見通しです。今年は、度重なる洪水で土壌水分が豊富なだけに、6月下旬から7月末にかけての晴れがちな天候を受けて豊作見通しに転じる可能性は高そうです。

 米国産トウモロコシは、7月上旬から8月中旬にかけてシルキング(受粉期)を迎え、天候に最も過敏に動く時期となります。受粉期は、乾燥した天候が望ましく、この時期に気温が38℃を超えると受粉障害が発生し、受粉率が低下します。受粉期までどれだけ育成状態が良好でも、受粉期に高温による受粉障害が発生すれば、単収が大きく低下します。それだけに受粉期の天候は最も重要視されます。しかし、今年は、エルニーニョ現象が発生しているので、受粉期の高温警戒は不要となりそうです。

 気象庁の説明では、エルニーニョ現象が6~8月に発生していれば、米中西部穀倉地帯は低温となる傾向が強まります。夏場の低温ですから、涼しくて育成が進展します。一方、ラニーニャ現象が6~8月に発生していれば、米中西部穀倉地帯はホット&ドライとなる傾向が強まります。それにより高温による受粉障害が発生して受粉率が大きく低下する可能性も高まります。

現在はエルニーニョ現象が発生しており、エルニーニョ現象が夏場まで続く確率は80%となっております。エルニーニョ現象により米国産トウモロコシの天候で最も需要視される「受粉期の高温による受粉障害」への警戒が不要となれば、今月末頃で早くも今年の米国産トウモロコシの天候への注目が低下し、それと共にシカゴコーンが下落する可能性も高まります。しかも、今月下旬から来月末にかけて晴れがちな天候が続く見通しですから、その時期に米国産トウモロコシの作柄が大幅に改善する可能性は高そうです。

米農務省が今月発表した需給報告では、シカゴコーンの単収予想を前回の176ブッシェルから172.4ブッシェルに下方修正しました。それにより1ブッシュエル当たりの生産コストが396セントまで上昇しました。現在のトウモロコシ市場では、歴史的な作付け遅れを受けて不作への期待が高まっているようですが、2012年のように不作になるには、現在の単収見通し(172.4ブッシェル)が2012年の123.4ブッシェルまで49ブッシェルも悪化する必要があります。その反面、現在の単収見通し(172.4ブッシェル)があと7.4ブッシェル上昇するだけで、大豊作となった昨年の単収と並ぶこととなります。それにより、不作になるより大豊作となる可能性の方が圧倒的に高そうです。そして、今来月の天候見通しを考えれば、大豊作見通しに備えて東京トウモロコシに対する売り参入も一考かもしれません。
米国産トウモロコシの作付け進展

トウモロコシ市場

6月18日

トウモロコシ市場

 米農務省が昨夜発表した週間作柄・育成進展では、6月16日時点での米国産トウモロコシの作付けが前週比9%上昇の92%となり、平年の100%を下回りました。平年であれば、6月16日時点で作付け完了となっております。発芽は、前週比18%上昇の79%となり、平件の97%を下回りました。優と良の占める割合は前週比変わらずの59%となり、前年同期の78%を下回りました。

米国産トウモロコシのこれまでの作付け進展を下記に記載しており、カッコ内は前年同期の数値です。

4月21日時点:6%(12%)

4月28日時点:15%(27%)

5月5日時点:23%(46%)

5月12日時点:30%(66%)

5月19日時点:49%(80%)

5月26日時点:58%(90%)

6月2日時点:67%(96%)

6月9日時点:83%(99%)

6月16日時点:92%(100%)

5月12日時点での作付け進展は、前年同期の半分以下となって歴史的な作付け遅れが指摘されました。しかし、6月16日時点で作付け進展が92%まで進み、このペースであれば作付け完了が昨年より1週間ほど遅い6月23日時点あたりとなりそうです。今年は、度重なる洪水被害で作付けが序盤で大きく遅れましたが、その反面、十分すぎる土壌水分が保たれているので、これから好天が続くと例年以上の育成スピードに転じる可能性も高まります。しかも現在のシカゴの10日予報を見る限りでは、これから10日間ほど晴れがちな天気が続く見通しとなっております。

米農務省が今月11日に発表した需給統計では、米国産トウモロコシの単収見通しは、1エーカーあたり172.4ブッシェルとなりました。現在の単収見通しと大豊作となった昨年の単収との差は7.4%しかなく、不作となった2012年の単収との差は49ブッシェルもあります。ここで少し作柄が回復して単収見通しも少し上昇すれば、今年も大豊作となる可能性が高まります。

トウモロコシ市場

6月17日

トウモロコシ市場

 先週末のシカゴコーンが天候不安を背景に453セントまで上昇しました。そして。シカゴコーンの電子取引が本日16時時点で462セントまで上昇しております。今年の米国産トウモロコシの作付けが歴史的な遅れとなった事を背景に買い人気が高まっているようです。

 米農務省が今月発表した需給報告では、シカゴコーンの単収予想を前回の176ブッシェルから172.4ブッシェルに下方修正しました。それにより1ブッシュエル当たりの生産コストが396セントまで上昇しました。しかし、現在のシカゴコーンの電子取引が462セントまで上昇しておりますので、生産コストを上回る投機プレミアムが66セントとなりました。

 歴史的な作付け遅れを受けて、不作への期待が高まっているようです。しかし、今月11日に米農務省から発表された単収見通しが172.4ブッシェルであり、大豊作となった昨年の単収が179.8ブッシェル、不作となった2012年の単収が123.4ブッシェルですから、現在の単収見通しは、不作となった2012年より49ブッシェルも高く、大豊作となった昨年より7.4ブッシェル低いのですから、今年の米国産トウモロコシが不作となる確率より豊作となる確率の方がはるかに高いと言えそうです。現在の単収見通しがあと2%改善されて昨年同様の単収見通しとなれば、豊作観測が高まることになります。それだけに、トウモロコシ市場に対する高値追いは避けるべきかもしれません。

トウモロコシ市場

6月11日

トウモロコシ市場

 米農務省が昨夜発表した週間作柄・育成進展状況では、米国産トウモロコシの作付けは、先週比16%上昇の83%となり、平年の99%を下回りました。発芽は、前週比前週比16%上昇の62%となり、平年の93%を下回りました。優と良の占める割合は59%となり、前年同期の69%を下回りました。米国産大豆の作付けは、前週比21%上昇の60%となり、平年の88%を下回りました。発芽は、前週比15%上昇の34%となり、平年の73%を下回りました。

 昨夜発表された週間作柄・育成進展状況ではでは、米国産トウモロコシの優と良の占める割合が市場予想を5%上回り、作付け進捗率は市場予想を一致しました。米国産大豆の作付け進捗率は、市場予想を4%上回りました。

 今年の米国産トウモロコシの作付け遅れを取り戻すには、かなりの時間が必要となりそうです。米イリノイ大学は5月24日、2019~2010年度の米国産トウモロコシの単収が1エーカーあたり170.0ブッシェルにまで落ち込むとの見通しを示しました。

一方、不作となった2012年の単収は1エーカーあたり123.4ブッシェルまで落ち込み、シカゴコーンが8ドル台にまで高騰しました。しかし、今年の米国産トウモロコシの単収が170万ブッシェル程度でしたら、1エーカー当たりの維持コストを過去5年平均の683.88ドルで計算すれば、1ブッシェル当たりの生産コストは、683.88ドル÷170ブッシェル=約402セントとなります。それに対して現在のシカゴコーンが413セント付近で推移しているので、今年の作付け遅れを反映させた価格水準にあるようです。それにより今後のトウモロコシ市場に対しては、天候が悪化すると考えれば強気し、天候が改善すると考えれば弱気するというような、「天候次第の展開」といったところかもしれません。

原油市場&金市場&トウモロコシ市場

本日前場で「原油市場」と「金市場」と「トウモロコシ市場」のコメントをメール情報会員の皆様に限定して配信しております。メール情報会員の皆様は、お送りしましたコメントを参考にしてください。

トウモロコシ市場

6月5日

トウモロコシ市場

 昨夜のシカゴ穀物市場では、シカゴコーンとシカゴ小麦が大きく下落しました。シカゴ大豆は、高値からは大きく下落したものの、前日比では変わらずとなりました。アグリアドバイザーのセッツアー氏は、「アイオアやミネソタ、サウスダコタの農家がトウモロコシの作付けを増やそうとしているとの話が伝わり、上値は抑えられた。」と述べております。また、商品エコノミストのサンダーマン氏の昨日のレポートでは、「予想に反する作柄の最善を受けて、シカゴやカンザスシティーでの小麦の現物相場が2桁下落し、買われ過ぎの状況が調整されている。」と指摘しております。

 米農務省が3日に発表した6月2日時点での米国産トウモロコシの作付け進展は、前週比9%上昇の67%となり、前年の96%を下回りました。発芽は、前週比14%上昇の46%となり、前年の84%を下回りました。

 米国産大豆の作付け進展は、前週比10%上昇の39%となり、前年の79%を下回りました。発芽は、前週比8%上昇の19%となり、前年の56%を下回りました。

米イリノイ大学は5月24日、2019~2010年度の米国産トウモロコシの単収が1エーカーあたり170.0ブッシェルにまで落ち込むとの見通しを示しました。一方、米国産トウモロコシの単収を1エーカーあたり170ブッシェル、1エーカー当たりの維持コストを過去5年平均の683.88ドルで計算すれば、1ブッシェル当たりの生産コストは、683.88ドル÷170ブッシェル=約402セントとなります。それに対して現在のシカゴコーンは419セント付近で推移しておりますが、6~7月頃のシカゴコーンの天候プレミアムを考慮すれば、現水準が適正水準といえるのかもしれません。しかし、最近の米中貿易摩擦の高まりを警戒して作付けを大豆からトウモロコシに移行する米国農家が急増してもおかしくない状況です。

トウモロコシ市場

5月30日

トウモロコシ市場

 シカゴコーンは、先週末から2連騰となりましたが、29日は、序盤で一時18ドル高の418.75セントまで上昇しましたが、その後急落して1.5セント安の418.75セントで取引を終えました。前日に米農務省から発表された週間作柄・育成進展で作付け遅れが示されたことを受けて、「噂で買って、事実で売れ」という相場格言通りの反応となりました。それを受けて本日の東京トウモロコシは、12:40時点で500円安です。

 中国政府は昨年秋に米国産大豆と米国産トウモロコシ製品に対する関税引き上げを実施しました。それを受けて中国による米国産大豆の輸入量が激減し、シカゴ大豆が11年ぶりの安値まで下落し、米国の大豆農家が大打撃を受けました。そうした背景を考えれば、現在は洪水の影響で作付け作業が遅れているものの、これからトウモロコシの作付け拡大に動く農家は増えそうです。それでも米国産トウモロコシの作付け遅れを完全に取り戻すことは日柄的に考えて難しいのかもしれません。

5月26日終了週時点での米国産トウモロコシの作付け進展が58%となり、前年同期の90%を大きく下回りました。米イリノイ大学は今月24日、2019~2010年度の米国産トウモロコシの作付面積が、5月の米農務省予想(9280万エーカー)を500~1000万エーカー下回るとの見通しを示しました。そして、今年の米国産トウモロコシの単収が1エーカーあたり170.0ブッシェルにまで落ち込むとの見通しを示しました。

米国産トウモロコシの単収を1エーカーあたり170ブッシェル、1エーカー当たりの維持コストを過去5年平均の683.88ドルで計算すれば、1ブッシェル当たりの生産コストは、683.88ドル÷170ブッシェル=約402セントとなります。それに対して現在のシカゴコーンが415セントですから、「現在の米国産トウモロコシの作付け遅れは、現在の価格水準に織り込まれている」と考えるべきかもしれません。

ちなみに2018~2018年度の米国産トウモロコシは、単収が1エーカーあたり181.3ブッシェルとなり、1ブッシェルたたりの生産コストが377セントまで低下しました。それを受けて昨年10~12月のシカゴコーンが360~378ドル付近で推移しました。

今月になって米国産トウモロコシの作付け遅れが大騒ぎされましたが、それによる単収予想が「1エーカーあたり170ブッシェル」程度となっているので、現在のシカゴコーンの価格水準を考えればこれ以上のシカゴコーンの上昇は望めないのかもしれません。

トウモロコシ市場

5月29日

トウモロコシ市場

 米農務省が昨夜発表した26日終了週時点での米国産トウモロコシの作付けは、前週比9%上昇の58%となり、前年同期の90%を大きく下回りました。発芽は、前週比13%上昇の32%となり、前年同期の69%を大きく下回りました。米国産大豆の作付は、前週比10%上昇の29%となり、前年同期の66%を大きく下回りました。発芽は、前週比6%上昇の11%となり、前年同期の35%を大きく上回りました。

米国産トウモロコシのこれまでの作付け進展を下記に記載しており、カッコ内は前年同期の数値です。

4月21日時点:6%(12%)

4月28日時点:15%(27%)

5月5日時点:23%(46%)

5月12日時点:30%(66%)

5月19日時点:49%(80%)

5月26日時点:58%(90%)

 米国産トウモロコシの作付けが特に加速する4月末~5月中旬で作付け遅れが深刻化し、その影響が続いております。トール・グラスエナジーは24日、オクラホマ州の川が氾濫した為に石油パイプライン「トールグラス・アイロン・ホース」が閉止したことを報告しました。また、調査会社のジェーンスケイプは、オクラホマ州クッシングからテネシー州の製油所に向かう石油パイプライン「ダイヤモンド」が閉鎖したことも伝えております。これら2つの停止した石油パイプラインの輸送能力は合計で日量56万バレルですから、石油市場に与える影響は軽微です。そして、ホリーフロンティアは、オクラホマ州の石油の製油所が、水位上昇による被害予防の為に停止したことを報告しております。この製油所の製油能力も日量15万バレル程度ですから、原油市場に与える影響は軽微です。しかし、こうしたニュースからもオクラホマ州やテネシー州付近での洪水被害の状況がよく解ります。そうした洪水被害に反応してシカゴコーンが大きく上昇したようです。しかし、こうした天候悪化で騒がれたところでは、トウモロコシ市場に対する高値警戒も必要となります。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事