松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

金市場

2月10日

金市場

 新型ウイルス問題を受けて先週20日頃から原油や天然ゴム、銅、アルミ、亜鉛など工業品銘柄の多くが大幅下落となりました。それでもN金の今月高値は、先月高値を上回ることが出来ませんでした。そうした値動きからも、金相場の上値の重さが感じられるようになってきました。

 NY金の取組高は、昨年10月1日時点は60万4885枚でしたが、1月4日時点で79万6883枚となり、「近年最高の取組高」となりました。しかし、1月28日時点で71万5539枚まで減少し、2月4日時点で65万4572枚にまで減少しました。取組高の増減は「投機人気のバロメーター」でもあるだけに、ここにきて金投機人気が沈静化し始めているように感じられます。

 NY金におけるファンドの買い越し枚数は、1月28日時点で近年最高となる33万92枚を記録しましたが、2月4日時点で29万9806枚まで減少しております。ファンドの買い越し枚数が、昨年12月24日~1月28日の間は「30万枚台乗せ」となりましたが、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

金市場&後場市況1

2月5日

金市場

 「今回の新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、リスクヘッジ志向の金相場が上昇する」とのアナリストコメントもかなり目に付くようになりました。しかし、今回の新型コロナウイルスの感染拡大を受けてNYダウや中国商品先物市場の工業品銘柄の多くが先月20日頃から大幅下落となりましたが、それでも現在のNY金は、先月20日の水準とほぼ同水準で推移しており、「リスクヘッジの金買い」という流れにならなかったあたりは、金相場の地合いが悪化している証拠かもしれません。

 一方、世界最大の金ETFであるSPADゴールドシェアの金現物保有量は、1月17日時点の898.33トンから昨日時点の912.58トンまで14.25トン増加しました。しかし、1月14日時点から1月17日時点にかけて23.81トンも減少していただけに、金ETF人気の高まりはあまり感じられませんでした。

 NY金が1月8日時点で1613ドルまで上昇し、そのタイミングでNY金におけるファンドの買い越し枚数も32万2291枚まで増加しました。そして、1月28日時点でも33万92枚まで増加しておりますので、「ファンドの買い押し枚数のピーク=天井圏」と考えるのであれば、NY金が再び天井圏を示しているとも言えます。

今回の新型コロナウイルスの感染拡大を受けて多くのリスク志向の銘柄が急落する中でも金相場がほとんど上昇出来なかっただけに、そろそろ金相場に対する売り参戦も一考かもしれません。特に、昨日より上海総合株価指数や中国商品先物市場の資源銘柄の多くが上昇に転じ始めただけに、なおさら金相場に対する弱気な見方も一考かもしれません。

2月5日

後場市況1

 上海総合株価指数は、1.25%高で取引を終え、2日間で3%ほどの上昇となりました。また、中国商品先物市場の工業品銘柄も2日連続で全面高となりました。10連休明けの3日の中国市場では、暴落する銘柄が続出しましたが、昨日4日から中国市場全体が上昇に転じております。新型コロナウイルスによる死者数が490人に達し、メディアの多くも新型コロナウイルスのニュース一色となり、「新型ウイルスに対する恐怖心」が世界的に拡大しました。しかし、インフルエンザによる世界全体での死者数が毎年10万~20万人に達していることを考えると、新型コロナウイルスに対する過剰反応を正す時期に来ているのかもしれません。しかも、今回の新型コロナウイルスの致死率は、武漢市内でも2.1%程度であり、以前に流行したSARSコロナウイルスの9.6%を大幅に下回っております。今回の新型コロナウイルスの死者数の9割ほどが、武漢市のある湖北省で確認されたことからも、「中国政府による新型ウイルスの湖北省での封じ込め」が成功しているという事を評価する必要もありそうです。

米ギリアド・サイエンシズのパーシー最高医療責任者(CMO)は4日、2つの抗ウイルス薬「レムデシビルとプラセボ」の中国での臨床実験を開始したことを発表しました。投与を計10回行い、有効かどうかの判断を28日以降に判断するそうです。レムデシビルは、既に研究室での実験で新型コロナウイルスに対する有効性が示されていので期待が持てます。レムデシビルやプラセボ以外にも複数の抗ウイルス薬が中国での臨床実験を進めております。また、レムデシビル以外にも有効性が示された抗ウイルス薬が確認されております。タイでは、抗インフルエンザ薬と抗エイズウイルス薬のある組み合わせで有効性が認められたと発表しております。WHOが非常事態宣言を行ったことで、感染防止に向けた国際的な協力体制が強化され、各種抗ウイルス薬の中国での臨床実験も進んでいるので、「新型コロナウイルスの感染拡大に対する包囲網」がかなり充実してきたように感じられます。しかも、新型コロナウイルスによる死者数が490名にまで増加しましたが、それでも中国以外での死者数が2名に留まっていることも評価する必要がありそうです。そして、インフルエンザなど風邪の発生の大半が寒くて乾燥する1~2月に集中しているだけに、3月からの温暖な気候は、コロナウイルスなど風邪菌全体の活動を低下させることになります。そして、今回の新型コロナウイルスの感染拡大が最も深刻とされる武漢市でも、「3600人に1人」程度の割合でしか感染していないことから、これまでいかに新型コロナウイルスに対する過剰反応をマーケットが続けてきたかを再確認する時期に来ているのかもしれません。


金市場&原油市場パート8

1月8日

金市場&原油市場パート8

NY原油は今朝8時頃からの1時間半で2.8ドルほど上昇しましたが、既に9時半ごろの高値から2.3ドルほど下落しており、あと0.5ドルの下落で今朝からの上げ幅をすべて失うことになります。それにより朝方に一時2400円高まで上昇していた東京ドバイ原油が、15:10時点で550円高まで失速しております。

トランプ大統領は、今朝の弾道ミサイル攻撃により米兵に死亡者がいるかについて、「被害状況の見聞が続いているが、今のところ問題ない。」と述べております。それに対してイラン国営テレビは、「イラクにある米軍基地で80人が死亡し、200人が負傷した。」と報道しており、米国とイランとで正反対の内容を報道しております。今朝のミサイル攻撃に対してイランは、「殉職者ソレイマニ」という作戦名を付けているだけに、かなり強引にでも「米軍にある程度の被害があった」という事をイラン国民に対して伝えなければ、国民感情の高まりを抑えられないと考えているのかもしれません。そして、イランのザリフ外相は、「イランの市民と政府高官に対する臆病な攻撃の元となった基地を攻撃し、釣り合いのとれた自衛行動を完了した。」と述べております。「臆病な攻撃」とは、無人機による空爆でソレイマニ司令官を殺害したことを指しております。ザリフ外相が、「釣り合いのとれた自衛行動を完了した。」と述べていることから、イラン国営テレビが報道した「イラクにある米軍基地で80人が死亡し、200人が負傷した。」という内容は、被害状況をかなり大幅に偽って、イラン国民を納得させる狙いがあるのかもしれません。

 ロイターが今週6~7日に実施した米国民1115人に対する世論調査では、トランプ大統領の対イラン政策に対して「支持しない」が53%となり、先月中旬の調査結果より9%上昇しました。その反面、イランが米国に報復攻撃を行った場合に対しては、7割以上が「軍事力で反撃すべきだ」との調査結果となりました。それだけに、今朝ミサイル攻撃されたイランにある米軍基地の被害状況が注目されるところとなっております。

金市場&原油市場パート7

1月8日

金市場&原油市場パート7

 イランにある2つの米軍事施設に対して、イランから10発以上の弾道ミサイルが発射され、今朝から金や原油が急騰しました。しかし、トランプ大統領は、「すべては順調です!ミサイルは、イランからイラクにある2つの軍事基地に発射されました。現在、犠牲者や損害状況の調査を行っています。今のところは問題ない!世界で最も強力で装備の整った軍隊があります。 明日の朝に声明を発表します。」とコメントしております。イランの弾道ミサイルの大半が迎撃された可能性もあります。

 イエメンのイスラム教シーア派武装勢力のフーシ派は、サウジアラビアを中心とするアラブ連合と3年半ほど戦闘を続けており、その間にフーシ派は、イランから購入したとされる弾道ミサイル300発ほどをサウジアラビアに対して発射しました。しかし、サウジアラビアは、米国から購入したパトリオットミサイル(パック3)で、それらの弾道ミサイルの大半を迎撃してきました。

 イランからイラクの米軍事基地に向けて今朝発射された弾道ミサイルは、「10発以上」と報告されているので、その大半がイラクの米軍基地にあるパトリオットミサイル(パック3)により迎撃された可能性は高そうです。

湾岸戦争で使用されたパトリオットミサイル(パック2)の迎撃確率は、サウジアラビアで70%を記録しました。パック2より更に進化したパック3の迎撃確率は、さらに向上しているだけに、イランより今朝発射された弾道ミサイルの9割ほどは、パック3によって迎撃された可能性があります。また、イランにある米国の空軍基地の敷地は広大なだけに、今朝のミサイル攻撃で人的被害がなかった可能性もあります。トランプ大統領が本日、自身のツイッターで、「今のところは問題ない!世界で最も強力で装備の整った軍隊があります。」とコメントしていたのは、「弾道ミサイルに対するパトリオットミサイル(パック3)での迎撃」を指していたのかもしれません。

金市場&原油市場パート6

1月8日

金市場&原油市場パート6

 ドル円は、8時ごろからの1時間半で108.5円付近から一時107.78円まで円高に進みましたが、13:40時点で108.4円まで大きく戻しております。NYダウ先物は、9時頃に一時440ドル安まで急落しましたが、13:40時点で154ドル安まで大きく戻しました。米10年債価格は、9時半ごろに一時130.18ドルまで大幅上昇しましたが、13:40時点で129.48ドルまで大きく戻しました。

 NY金の電子取引は、今朝からの上げ幅の「半値押し」となっております。一方、ブレント原油は、今朝からの上げ幅の7割ほどを失いました。東京金は、9時半ごろに一時121円高まで上昇しましたが、13:40時点で85円高まで失速しました。東京ドバイ原油も9時半ごろに一時2400円高まで急騰しましたが、13:40時点で650円高まで失速しました。

 NY原油の電子取引は、2時間ほど前から小動きとなってきました。トランプ大統領のコメントを受けて、マーケット全体が落ち着き始めたように感じられます。トランプ大統領は、自身のツイッターで、「すべては順調です!ミサイルは、イランからイラクにある2つの軍事基地に発射されました。現在、犠牲者や損害状況の調査を行っています。今のところは問題ない!世界で最も強力で装備の整った軍隊があります。 明日の朝に声明を発表します。」とコメントしております。イラクにある米軍基地の被害が軽微であったことで、マーケット全体が落ち着きを取り戻し始めたようです。しかし、今夜発表されるトランプ大統領の声明では、米軍によるイラン革命防衛隊へのある程度の報復行動の発表は行われる可能性があります。

 今朝8時頃に「イラクの米軍基地に向けて数十発のミサイルが発射された。」との報道を受けて、5千人に及ぶイラク駐留米兵が深刻な被害を受けたのではないかとの観測も高まりましたが、時間経過と共にマーケット全が落ち着きを取り戻してきました。

NY金が9時半ごろに一時1612ドルまで上昇したことで、「1600ドルの大台乗せ」による達成感が高まりました。一方、ブレント原油は、昨年9月にフーシ派によるドローン&ミサイル攻撃を受けてサウジアラビアの原油生産量が5割ほど停止し、それを受けて昨年9月16日のブレントが11ドルほど暴騰することがありましたが、その後の半月間で9月16日の高値から16ドルほど下落した経緯もありました。それにより、ブレント原油が今朝9時頃に一時71.28ドルまで上昇したことを受けて、9月16日の高値(71.95ドル)とのダブルトップが意識されるようになりました。

UAEのマズルーイ・エネルギー相はさきほど、今朝のイラクの米軍基地へのミサイル攻撃を受けて、「破壊的な状況にエスカレートしない限り、原油供給が不足することは予想していないし、そういう状況にはなっていない。」と述べております。9月中旬のドローン&ミサイル攻撃を受けた時にサウジアラビアの原油生産が5割ほど停止したことを受けて、9月16日のブレント原油が11ドルほど急騰する場面もありましたが、その後の半月間でそれ以上の下落となりました。まして今回は、石油施設に対する攻撃があったわけでもないだけに、今朝の原油価格の高騰は、「パニック的な高騰」だったようです。また、米10年債価格が、今朝の上げ幅の7割ほどを失っただけに、同じリスクヘッジ銘柄となる金相場も、更なる下落に注目するところかもしれません。

金市場&原油市場パート5

1月8日

金市場&原油市場パート5

トランプ大統領は、自身のツイッターで先ほど、「すべては順調です!ミサイルは、イランからイラクにある2つの軍事基地に発射されました。現在、犠牲者や損害状況の調査を行っています。今のところは問題ない!世界で最も強力で装備の整った軍隊があります。 明日の朝に声明を発表します。」とコメントしております。

 攻撃を受けたイラクの2つの米軍基地の被害調査が行われているようですが、今のところ死傷者も報告されていないようです。トランプ大統領は、現地時間で9日朝(日本時間で本日の夜中)に発表する声明に注目でしょう。

 NY金の電子取引は、9時頃に一時1612ドルまで上昇しましたが、12時時で1588ドルまで失速しております。それにより、今朝からの上げ幅の6割ほどを失いました。一方、NY原油の電子取引も9時頃に一時65.65ドルまで上昇しましたが、12時時点で63.4ドルまで失速しております。それにより、今朝からの上げ幅の7割ほどを失いました。

金市場&原油市場パート4

1月8日

金市場&原油市場パート4

 イラク駐留米軍基地であるアルアサド空軍基地とエルビルの基地が、イランからの10発以上の弾道ミサイル攻撃を受けました。それを受けて今朝8:00からNY金とNY原油の電子取引が急騰しました。

 米国の無人機による空爆で殺害されたソレイマニ司令官の遺体が5日、イラン南西部アフワズに到着し、数千人が葬儀の進行に参加したそうです。首都テヘランで6日に行われた葬儀では、葬儀に集まった人数を「数百万人」とイラン国営企業が伝えております。そうした葬儀に参加した群衆の多くが「アメリカに死を」と叫んでいたそうです。これでイラン最高指導者のハメイネ師率いるイラン革命防衛隊が米国への報復行動をとらなければ、イラン国内でのハメイネ師の支持率が大きく低下することも予想されていただけに、今朝のイラク駐留米軍基地へのミサイル攻撃は、イランの国民感情の高まりを考えれば、ハメイネ師としても避けられない選択だったのかもしれません。

 NY原油の電子取引は、9時半ごろに一時65.65ドルまで上昇しましたが、11時時点で63.9ドルまで失速しており、今朝から2.7ドルほど急伸したものの、9時半ごろの高値から早くも1.6ドルほど下落しました。一方、ブレント原油は、9月16日の高値(71.95ドル)と今朝の高値(71.28ドル)でダブルトップを形成する可能性も出てきました。

米石油大手のシェブロンのワースCEOは、石油需給は基本的に裕司前の状況を保っている。地政学的リスクはあるが、供給は十分であり、それが引き続き一般的な見方だ。」と述べております。

今回のイラク駐留米軍基地へのミサイル攻撃により中東の地政学的リスクは急上昇しましたが、それでも原油生産への影響はほとんどないようです。それよりも、NY原油がこの3カ月間で51ドル付近から65ドル付近まで14ドルほど大幅上昇したことを受けて、米国やOPEC非加盟国の原油生産量が増加することも考えられます。特に、油田開発から生産まで短ければ3週間ほどしか必要のない米国のシェール油田の増産ペースが加速する可能性は高まりました。

NY金の電子取引は、今朝8時頃から9時頃にかけて65ドルほど大幅上昇しましたが、9時頃の高値から早くも24ドルほど下落しました。

今朝のイラク駐留米軍基地へのミサイル攻撃を受けて米国は、これまで以上にイランに対する経済制裁を強めることが考えられます。また、トランプ大統領が前日に、「もしイランがアメリカ人やアメリカの施設を攻撃したら、彼らへそうしない事を忠告するが、我々は彼らが過去受けたことのないほどの強烈な攻撃をするだろう。」と述べていただけに、イラク駐留米軍基地の被害状況とトランプ大統領の今後の判断が注目されております。

金市場&原油市場パート3

1月8日

金市場&原油市場パート3

 米国務総省は先ほど、「イランがイラク駐留米軍基地に10発以上の弾道ミサイルを発射した。弾道ミサイルがイランから発射されたのは明確だ。イランのミサイルが少なくとも2カ所の駐留米軍基地を狙っていた。」と伝えております。イラクのアルアサド空軍基地とエルビルの基地が攻撃されたそうです。ホフマン報道官は先ほど、「攻撃による初期の被害状況を調査している」と説明しております。一方、タスニム通信は先ほど、「イランはイラクの米軍基地への攻撃の第2波を開始した。」と伝えております。また、アルジャジーラ放送は、「イラク・クルディスタン地域の中心都市エルビルで強い爆発音が聞こえた。」と伝えております。

 ドル円は、今朝8時頃からの1時間半で、108.5円付近から107.64ドルまで円高に進み、10:07時点で107.9円です。NY金の電子取引は、9時半ごろに1612.95ドルまで上昇し、10:07時点で1599ドルまで失速しております。NY原油の電子取引は、9時半ごろに一時65.65ドルまで上昇し、10:07時点で64.9ドルまで失速しております。

 NY原油の電子取引は、先週末からの3営業日で61ドル付近から4.5ドルほど大幅上昇しただけに、さすがに高値警戒感が高まってきたようです。また、NY金の電子取引も、先週末からの3営業日で1527ドル付近から85ドルほど上昇しただけに、こちらも高値警戒感が高まってきたようです。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事