松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

金市場パート2

8月13日

金市場パート2

 CFTCから先週末に発表されたNY金におけるファンドの買い越し枚数は、8月7日時点で前週比2万2649枚減の1万2688枚となり、約3年ぶりの低水準な買い越し枚数となりました。

近年でファンドの買い越し枚数が最も減少したのは、2015年12月1日時点の9750枚であり、その時のNY金は1065ドルまで下落しておりました。しかし、当時のNY金は、2015年12月1日からの2カ月半でNY金が180ドルほど上昇しました。現在のファンドの買い越し枚数が近年最低の買い越し枚数にかなり迫りましたので、2015年12月1日と同様に買い場にきているのかもしれません。
NY金におけるファンドポジション

原油市場パート2&金市場

8月13日

原油市場パート2&金市場

 先週末の米国市場では、NYダウが196ドル安(0.8%安)となり、S&P500種株価指数も20ポイント安(0.7%安)となりました。それによりS&P500種株価指数は、1月に記録した最高値(2872ポイント)と8月7日の高値(2863ポイント)でダブルトップを形成する可能性も高まりました。

 米国の経済制裁を受けてトルコ・リラが主要通貨に対して最安値を更新しており、それを受けて新興国通貨の多くが急落しております。米国の経済制裁を受けてイランやロシアの自国通貨も急落しております。また、米中貿易摩擦の高まりで中国の自国通貨も下落を続け、中国株も2カ月ほど前から大きく下落しました。トランプ大統領による「アメリカ・ファースト」的な姿勢による経済制裁を受けて中国やロシア、トルコ、イラン、ベネズエラなどの経済が大きく圧迫されている反面、S&P500種株価指数は、先週7日から3日連続で最高値まであと9~10ポイント付近まで迫りました。トランプ大統領は、11月の米中間選挙に向けて「アメリカ・ファースト」的な姿勢を更に強めることも考えられます。それにより世界のマーケット全体でリスクオフの流れが更に強まると考えるべきかもしれません。

 米大統領選や米中間選挙などの米選挙前に米国株が下落し、米選挙後に米国株が上昇する傾があるようです。これは、選挙という不透明要因を前に米国株への利益確定の動きが強まり、選挙後は、勝利した政権への期待先行で米国株が買われる傾向があるようです。過去のパターンでは、米大統領選や米中間選挙の2~3ヶ月前から米国株が下落に転じる傾向もあるようです。そして、あと3カ月後に米中間選挙を迎えることから、そろそろ米国株も本格的に下落に転じる可能性があります。しかも、先週末からトルコ・リラの急落を中心として新興国通貨の多くが連鎖反応的に下落し始めているようです。上海総合株価指数も今朝から急落しております。ここにきてマーケット全体でリスクオフの流れが強まってきたように感じられるだけに、リスク志向の原油市場が軟調地合いとなり、リスクヘッジ志向の金相場が堅調地合いとなる可能性もあります。

S&P500種株価指数

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。

 

原油市場パート2&金市場パート2

8月10日

原油市場パート2&金市場パート2

米国が340億ドル相当の中国製品に対する制裁感材を7月6日に発動させると、中国も同日に340億ドル相当の米国製品に対する報復関税を発動しました。その後、米国が160億ドル相当の中国製品に対する制裁関税を8月8日に発表すると、中国も同日に160億ドル相当の米国製品に対する報復関税を発表しました。これにより、米中貿易摩擦がかつてないほど高まってきたように感じられます。このような米中貿易摩擦の高まりは、米中両国の経済成長をも圧迫する可能性があります。

 米国の制裁関税に対する中国の報復関税など中国政府の行動に対して、中国内でも中国政府が米国に対してもっと低姿勢で臨むべきだとの批評も高まっているようです。それに対して共産党機関紙である人民日報は本日、「1世紀以上にわたる大変な努力を経て、中国は世界の舞台の中心に帰ってきた。中国と米国の貿易摩擦において、われわれが踏まえねばならない基本的な事実だ。象が苗木の後ろに隠れることができないように、中国の大きさや重さは控えめな姿勢では隠せない。」と反論しております。更に、「中国の発展が米国の優位性を損なっているように映る。このような敵に対しては、米国はまず敵の存在を利用し、米国を再び偉大にするため国民の支持を呼びかけ、その上で敵の優位性をあらゆるレベルで抑制するという2つの措置に出るのが必至だ。」とも指摘しております。このような産党機関紙である人民日報に本日掲載された社説は、中国政府の本音と受け止める必要もあるのかもしれません。

 一方、トランプ大統領は、11月の米中間選挙に向けて、支持率アップの為に「アメリカ・ファースト」的な姿勢を更に強めることも考えられます。それにより、米中貿易摩擦は、今後更に強まることも考えられます。現在のS&P500種株価指数が最高値付近まで上昇しているだけに、米中貿易摩擦の高まりに圧迫されて米国株が下落する可能性もあります。しかも11月の米中間選挙を前にして、選挙に向けた不透明感から、最高値付近にあるS&P500種株価指数に対して利益確定の動きが本格化する可能性もあります。これまでも米中間選挙の2~3か月前に米国株が下落するという傾向がありました。ここは、リスクオフの流れが強まることに警戒し、リスク志向の原油相場へ弱気し、リスクヘッジ志向の金相場に対して強気することも一考かもしれません。

原油市場&金市場

8月10日

原油市場&金市場

 ブレント原油は、昨日23時頃に一時72.9ドルまで上昇しましたが、その後は下落を続け、今朝9時頃に712.8ドルまで下落し、現在は72.1ドル付近で推移しております。ブレント原油は、昨年8月から続く右肩上がりの下値抵抗線を今週7日に割り込み、今年の2月から続く右肩上がりの下値抵抗線上付近まで下落しております。ブレント原油が71ドル付近まで下落すると、今年の2月から続く右肩上がりの下値抵抗線をかなり明確に割り込んだことになり、テクニカルが大幅に悪化します。

 S&P500種株価指数は、昨日23時頃に2862.48ポイントまで上昇し、現在は2853.50ポイント付近で推移しております。昨夜のS&P500種株価指数があと0.4%程度上昇すれば最高値更新となりましたが、3日連続で最高値まであと0.4%高程度の水準で足踏みをしております。

 現在の米中貿易摩擦の高まりや、トランプ大統領が11月の米中間選挙に向けて更に「アメリカ・ファースト」的な姿勢を強めることを考えると、S&P500種株価指数が最高値を更新して更に上昇基調を続けることは難しいと考えるべきかもしれません。

 添付しているS&P500種株価指数の週足には、米大統領選のタイミングを赤い丸印、米中間選挙のタイミングを青い丸印で示しております。米大統領選や米中間選挙などの「選挙前に米国株が下落し、選挙後に米国株が上昇する傾向」があるようです。これは、選挙という不透明要因を前に米国株への利益確定の動きが強まり、選挙後は、勝利した政権への期待先行で米国株が買われる傾向があるようです。しかも、現在のS&P500種株価指数が1月に記録した最高値とダブルトップを形成する可能性も高まっております。それにより、これからは、リスク志向の原油市場に対して弱気し、リスクヘッジ志向の金相場に対して強気するなど、今後の米国株の動向を予想したポジションが必要かもしれません。

S&P500種株価指数の週足
ブレント原油の日足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。


金市場

8月9日

金市場

 S&P500種株価指数は、今週7日に2863ポイントまで上昇し、1月に記録した最高値(2872ポイン)まであと9ポイントに迫りました。翌8日にも一時2862ポイントまで上昇し、最高値まであと10ポイントに迫りました。S&P500種株価指数は、この4カ月半で12%ほど上昇しましたが、最高値を前にして2日連続で足踏みしているようです。

 米国が中国に対する制裁関税の第2弾を8日に発表すると、同日に中国も米国に対する報復関税の第2弾を発表しました。ここまで米中貿易摩擦が高まると両国の経済成長にも影響を及ぼしそうです。しかも、トランプ大統領は、11月の中間選挙に向けて「アメリカ・ファースト」的な姿勢をさらに強めることも予想されます。こうした状態でS&P500種株価指数が最高値付近まで上昇しているので、1月に記録した最高値(2872ポイント)と今週の高値でダブルトップを形成する可能性もあります。S&P500種株価指数がテクニカル的なダブルトップを形成して下落に転じれば、米国株を中心とした世界的な株安により、「リスクヘッジの金投資」が再び注目される可能性もあります。

 米国株は、2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利してから1年3か月も上昇トレンドを続け、S&P500種株価指数が今年1月に最高値を付けました。そして、ここにきて再び最高値まで迫ってきました。ここで注目は、2016年11月8日の米大統領選までの3カ月間の米国株が下落基調を続けてたことかもしれません。2016年8~10月は、「2016年11月の米大統領選」という不透明要因を前に投資家の株式市場に対する利益確定の動きが高まったようです。それにより今回も、「2016年11月の米中間選挙」という不透明要因を前に投資家の株式市場に対する利益確定の売りが高まる可能性もあります。しかも、S&P500種株価指数が1月の最高値と今週の高値でテクニカル的なダブルトップを形成する可能性もあるだけに、更に利益確定の動きが高まりそうです。それだけにここは、「リスクヘッジの金投資」に注目し、東京金に対する強気な見方も一考ではないでしょうか。

S&P500種株価指数の週足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。

金市場(S&P500種株価指数のダブルトップに警戒)

8月8日

金市場(S&P500種株価指数のダブルトップに警戒)

昨夜のS&P500種株価指数は、4日続伸となり、2863ポイントにまで上昇しました。それにより1月16日に記録した最高値(2872ポイン)まであと9ポイントに迫りました。それにより1月下旬に発生した株価急落がフラッシュバックする可能性もあります。それと共に「リスクヘッジの金相違場」が再び意識され、金相場の1月頃の高値水準も再び意識される展開となる可能性もあります。

S&P500種株価指数は、1月16日に2872ポイントまで上昇して最高値を記録しましたが、その後の10営業日で一時2532ポイントまで下落し、「10日間で約12%の急落」となった事は、記憶に新しいことではないでしょうか。トランプ政権が1月22日に家庭用洗濯機と太陽光パネルに対する緊急輸入制限(セーフガード)を発動させたことにより、貿易摩擦が高まり、米国株が急落しました。当時よりも米中貿易摩擦がはるかに高まっているだけに、そろそろ米国株に対する高値警戒が必要となりそうです。

 ロイトホルト・グループが集計したデータによると、S&P500種株価指数構成銘柄の株価売上高倍率(PSR)の中央値が2.63倍となりました。それに対してロイトホルト・グループは、「この指標は指数の中心に焦点を絞るため、アップルやエクソンモービルなど巨大企業の影響が弱まる。従って、企業の時価総額によってゆがめられた指標よりも、もっと危険なバリュエーションの構図をあらわにする。ゆがみを抑えないままの指標では、S&P500種は売上高の2.2倍相当で推移しており、これは18年前に見られたピーク水準と一致する。」と指摘しております。更に、ロイトホルト・グループのラムゼーCIO(最高投資責任者)は、「現在と2000年のITバブル期には大きな違いがある。当時は過大評価された銘柄がテクノロジー大手にかなり集中していたが、現在は全てが割高な状態だ。2000年のITバブル期水準に戻ったS&P500種株価指数のPSRを、われわれのデータベースの中で最も恐ろしいチャートに分類した。」と述べております。

 現在のNYダウは、1月に記録した最高値(2万6616ドル)まであと1000ドルほどあります。しかし、昨夜のS&P500種株価指数が1月に記録した最高値まであと9ポイントに迫っただけに、今晩の取引で最高値を更新する可能性もあります。それにより、S&P500種株価指数が1月の最高値とダブルトップを形成する可能性もあります。このような状態で米中貿易摩擦が更に高まるようなことになれば、米国株へのテクニカル的な売りが加速する可能性もあります。ここは、S&P500種株価指数のダブルトップを警戒して、「リスクヘッジの金投資」に注目し、株価急落に備えるリスクヘッジとして東京金の強気な見方に注目ではないでしょうか。

 

 

米S&P500種株価指数の日足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。

貴金属市場

7月27日

貴金属市場

 本日の東京金と東京白金は、円高圧力を受けて下落しております。ドル円が今朝から30銭ほど円高に進みました。昨日の東京債券市場では、長期金利の指標となる10年物国債の流通利回りが前日比0.035%上昇して0.1%となり、約1年ぶりの高い水準となりました。そして、本日の東京債券市場では、10年債利回りが0.105%まで上昇しました。日銀が今月30~31日に開催する金融政策決定会合で、0%に誘導している長期金利の小幅上昇を容認するとの見方が高まっております。それにより、来週の日銀金融決定会合に向けて円高が更に進む可能性も高そうです。

金市場&白金市場

7月26日

金市場&白金市場

 東京金は、今朝10時ごろに16円高まで上昇しましたが、15時時点で8円安です。東京白金も今朝10時ごろに16円高まで上昇しましたが。15時時点で13円安です。ドル円が今朝から35銭ほど円高に進みました

 本日の東京債券市場では、長期金利の指標となる10年物国債の流通利回りが前日比0.035%上昇して0.1%となり、約1年ぶりの高い水準となりました。日銀が今月30~31日に開催する金融政策決定会合で、0%に誘導している長期金利の小幅上昇を容認するとの見方が高まっております。それにより、来週に向けて円高が更に進む可能性も高そうです。
ドル円の日足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。



みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事