松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

貴金属市場パート2

9月19日

貴金属市場パート2

 FRBのフェデラルファンド金利(FF金利)における12月の利上げ確率は、6月4日時点で97%まで上昇しましたが、8月21日と28日時点で36%まで低下しました。しかし、9月10日時点で42%まで上昇し、9月18日時点で56%まで上昇しました。ここにきて米国の12月の利上げ確率が急上昇し、それと共にドル高基調が強まってきました。それによりしばらくドル高基調が続きそうです。

  FRBのフェデラルファンド金利(FF金利)における12月の利上げ確率が久しぶりに上昇基調を強めてきたことを受けて、NY金がしばらく下落基調を続ける可能性も高まってきました。それに追随してNY白金も下落基調を続ける可能性があります。
米国の12月の利上げ確率

貴金属市場

9月19日

貴金属市場

対ユーロでドルが4営業日連続で上昇し、ドル高基調が強まってきました。それと共にNY金とNY白金の下落基調が強まってきました。19~20日のFOMCを控え、米国債利回りが上昇したことでドルが買われたようです。FOMC終了後の声明でバランスシート縮小を正式に発表し、年内に実行に移すとの見方も広がっているようです。

 NY金におけるファンドの買い越し枚数は、7月18日時点で6万138枚まで減少しましたが、9月12日時点で25万4760枚まで急増しました。NY白金におけるファンドの買い越し枚数も、7月11日時点で5397枚まで減少しましたが、9月12日時点で3万7997枚まで急増しました。NY金とNY白金におけるファンドの買い越し枚数がこの2か月間で4倍~7倍程度にまで急増しており、共に買われ過ぎへの警戒が必要なレベルとなってきました。しかも、ここにきてドル高基調に転じてきたことにより、ここは、東京金や東京白金の売りのタイミングとなる可能性も出てきました。


金のファンドポジション
NY白金におけるファンドポジション

貴金属市場パート2

9月12日

貴金属市場パート2

 NY金におけるファンドの買い越し枚数は、7月25日から7週連続で増加し、約4倍にまで膨れ上がりました。そして、NY白金におけるファンドの買い越し枚数は、7月18日から8週連続で増加し、約7倍にまで膨れ上がりました。ここまで短期間で買い越し枚数が大幅に膨れ上がると、「買われ過ぎ警戒」が必要となりそうです。
NY金とNY白金のファンドの買い越し枚数

金市場パート2「金相場は、売りの急所となるのか?」

8月30日

金市場パート2「金相場は、売りの急所となるのか?」

 NY金は、ドルの代替銘柄としての特性により、ドル買いが進めばNY金が売られ、ドル売りが進めばNY金が買われる傾向も強いようです。そして注目は、ドルインデックスにおけるファンドポジションが数年ぶりに売り越しに転じたことでしょう。

ドルインデックスにおけるファンドの買い越し枚数は、昨年11月頃から3~5万枚程度で安定しておりました。6月13日時点で2万8025枚の買い越しでしたが、6月20日時点で5620枚の買い越しとなり、7月25日以降は売り越しに転じております。米国が利上げを開始してから初めて売り越しに転じ、8月8日時点で売り越し枚数が2684枚まで増加しました。しかし、売り越し枚数は、8月15日時点で2124枚、8月22日時点で1426枚となり、買い越しに転じる寸前となってきました。

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの債券グローバル・ポートフォリオマネジメント共同責任者のスウェル氏は今週、「最大の痛みを伴う取引は間違いなくドル取引だった。ファンダメンタルズを凝視し、地政学的リスクや米国の政治リスク、過去数カ月のインフレ鈍化から目を離す必要がある。米経済に何が起こりつつあるかに焦点を絞れば、ドルは現在、非常に魅力的だ。」と述べております。

FF金利による12月の米利上げ確率は、6月4日時点で97%でしたが、8月28日時点で36%まで低下しました。こうした米国の利上げ観測の後退により、ドルインデックスのおけるファンドポジションが数年ぶりに売り越しに転じました。そうした利上げ観測の後退を好感してNY金が上げ足を強めました。しかし、ここにきてドルインデックスにおけるファンドポジションが再び買い越しに転じる寸前となってきたことは注目でしょう。米国は、今後も利上げを続けることが予想されており、きっかけ次第ではファンドの多くが再び買い越しに転じることは十分考えられます。そうしたことになれば、NY金の売りが加速することも十分考えられます。ドルインデックスにおけるファンドポジションが数年ぶりに売り越しに転じたことにより、ここが金の上昇相場の天井圏となる可能性もありそうです。

2015年~2016年の間でドルインデックスにおけるファンドの買い越し枚数が最も減少した時は、昨年6月14日の4692枚でした。また、2015~2016年の間で、ドル円が最も下落したのも昨年6月中旬でした。そうしたことからも、「ドルインデックスにおけるファンドポジション」と「ドル円」の関係性の深さがが伺えます。そうしたことを参考にすれば、ドルインデックスにおけるファンドポジションが数年ぶりに売り越し転じたことを受けて、ここがドル円の底値となり、今後は、ドル高&円安基調に転じることも考えられます。


ドルインデックスのファンドポジション2
ドル円の週足

※チャートの情報提供元は(株)エムサーフです。チャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフは一切の責任を負いません。


金市場

8月30日

金市場

 NY金の電子取引は、昨日5時時点は1315ドル付近で推移しておりました。しかし、その後の北朝鮮によるミサイル発射を受けて昨日17時ごろに1331ドル付近まで上昇しましたが、現在は1318ドル付近で推移しております。現在のNY金の電子取引は、昨日早朝のミサイル発射前の水準から3ドル程度しか上昇していないことは注目でしょう。一方、ドル円は現在109.75円付近で推移しており、昨日早朝のミサイル発射前の水準から70銭ほど円安となっていることも注目でしょう。

北朝鮮による昨日早朝のミサイル発射実験は、日本の上空を通過したことにより日本市場でかなり警戒されました。しかし、世界のマーケット全体から見れば、それほど警戒されるニュースでもなかったようです。NYダウの電子取引は、昨日の日本市場取引時間で120~140ドル安付近まで下落す場面もありましたが、その後の米国市場でプラス転換となり、50ドル高付近まで上昇しました。昨夜の米国市場では、北朝鮮のミサイル発射を受けて防衛関連銘柄が大きく上昇し、NYダウがプラス転換となったようです。

 FF金利による12月の米利上げ確率は、6月4日時点で97%でしたが、8月28日時点で36%まで低下しました。好調な米国企業業績や米雇用環境の改善が続いているものの、物価見通しの低下を受けて米利上げ観測が大きく後退し、この2か月間でドル売りがかなり進みました。そうしたドル売りの流れを好感してNY金が7月上旬の安値から120ドル幅ほど上昇しております。

 

金市場

 NY金は、ドル安の流れを背景にこの4週間で75ドル幅ほど上昇しました。そして、4月17日の高値(1294ドル)や6月6日の高値(1295ドル)まであと23~24ドル幅にまで迫ってきました。それによりそろそろ高値警戒を強める必要もありそうです。

 世界最大の金ETFであるSPDRゴールド・シェアーズの金現物保有量は、この2か月間で63トンほど減少しております。そして、SPDRゴールド・シェアーズの金ETFからの7月の資産流出額が24億ドルに達しました。NY金は、ドル安を背景に4週間前から上昇基調を続けてきたものの、金ETFからの資金流出額が急増していることから、下落基調に転じる可能性が高まってきたように感じられます。

NYダウは、2008年5月頃から2009年3月にかけて6100ドル幅ほど暴落し、その暴落が「リーマンショック」と呼ばれました。しかし、NYダウは、2009年3月の安値から1万5500ドル幅ほど上昇しており、リーマンショックによる下げ幅の2.5倍ほどの上げ幅を記録しております。そして、昨夜のNYダウが72ドル高の2万1963ドルまで上昇して6連騰となり、6営業日連続で最高値を更新し、2万2000ドルの大台まであと37ドル幅に迫りました。

NYダウの6連騰や2万2000ドルの大台目前にまで迫ってきたことにより、そろそろ米国株への高値警戒も必要となりそうです。そして、金ETFからの資金流出額が急増していることや、NY金が4月や6月の高値まであと23~24ドル幅にまで迫ってきたことを受けて、そろそろ東京金に対する弱気な見方も一考かもしれません。
NY金の日足
NYダウの月足
金ETFの金現物保有量

 

※チャートの情報提供元は(株)エムサーフです。チャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフは一切の責任を負いません。


金市場

 世界最大の金ETFであるSPDRゴールドシェアの金現物保有量は、6月13日の867トンから7月24日の809.62トンまで57.38トン減少し、金ETFの手じまい売りが急増しております。

 NY金におけるファンドの買い越し枚数は、6月6日時点の20万4465枚から7月18日時点の6万138枚まで14万4327枚も減少しました。ファンドの買い越し枚数が6週間ほどで7割ほど大幅減少したのですから、買い方ファンドの失望売りが急増したようです。

 先月から金ETFの手じまい売りが急増しており、NY金におけるファンドの買い越し枚数も激減しております。それに反してNY金は、最近のドル安の流れを好感して月初から50ドルほど上昇しました。しかし、金ETFの手じまい売りやNY金における買い方ファンドの手じまい売りが急増してきたことを考えると、金相場に関して弱気な見方も一考かもしれません。
金FTE現物保有量
NY金のファンドポジション

金市場

 先週末のNY金は、米雇用統計発表を受けたドル高に圧迫されて1208ドルまで下落して取引を終え、5月9日の安値(1214ドル)を割り込み、3月10日の安値(1196ドル)まであと18ドルに迫りました。

先週末発表された6月の米雇用統計の非農業部門雇用者数は、17.8万人増予想に対して22.2万人増となり、前月の13.8万人増を上回りました。それにより米利上げ観測が高まり、ドル高基調が続いております。

 CFTCから先週末に発表されたNY金におけるファンドの買い越し枚数は、前週比3万7873枚減の9万3799枚となり、4週間で11万666枚減となりました。SPDRゴールドシェアの金現物保有量は、7月7日時点で835.35トンとなり、5営業日で18.33トン減少しました。

 NY金におけるファンドの買い越し枚数がたった4週間で半分ほどにまで減少し、今年最低の買い越し枚数となりました。SPDRゴールドシェアの金現物保有量も4カ月ぶりの水準まで減少しました。そして、米10年債利回りは、8営業日中7営業日で上昇し、米国の利上げ観測の高まりと共に長期金利の上昇が続いております。それにより、「金利のつかない金投資」が嫌気されております。米10年債利回りが3月の高値水準である2.6%付近まで上昇する可能性もあるだけに、NY金の更なる下落に警戒が必要かもしれません。


NY金におけるファンドポジション
金ETFの金現物保有量
NY金の日足
NY金の日足
米10年債利回りの日足
米10年債利回りの日足

※チャートの情報提供元は(株)エムサーフです。チャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフは一切の責任を負いません。


みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事