松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

金市場パート2

4月1日

金市場パート2

 世界の金需要は、2017年時点で宝飾品が2152トン、産業用が369トン、公的購入が381トン、個人投資が1030トンでした。

宝飾品需要の約75%が中国とインドです。今回の新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、金の宝飾品需要が減少する可能性もかなり高まっております。そして、世界の中銀がこれから「新型コロナウイルスの経済への影響」を緩和するための経済対策を投入する資金源として、保有金の売却に動く可能性は高そうです。金の産業用需要は、新型コロナウイルスの影響で減少する事が予想されます。一方、金の個人消費に関しては、「新型コロナウイルスに関するリスクヘッジの手段」として金購入を増やすことも考えられる反面、新型コロナウイルスによる家計への悪影響を受けて、金の換金売りが増加することも考えられます。

ゴールドマン・サックスの昨日のレポートでは、「型コロナウイルスのパンデミックが企業に打撃を与え大量の失業を引き起こし、米経済は4~6月期にこれまでの想定よりもはるかに深く落ち込むだろう。」と指摘しており、4~6月期の米国経済成長率がマイナス34%となり、米失業率が15%に達するという見通しを発表しました。そして、7~9月期の米国経済成長率はプラス19%となり、従来予想(プラス9%)より引き上げました。それに対して「目先の経済縮小の半分余りが年末までに取り返されることが予想される。」と指摘しております。一方、米サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は昨夜、「新型コロナウイルス感染拡大抑制策を受け、多くの人が職を失ったり自宅待機したりしていることを踏まえると、米経済はすでにリセッション(景気後退)に陥っている。」と述べております。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて世界経済がこれからさらに悪化することも予想されるだけに、「金の宝飾品需要」や「金の産業用需要」などが大幅減少する可能性は高そうです。

金市場

4月1日

金市場

 昨夜のNYダウが410ドル安となり、現在のNYダウ先物が9時時点で250ドル安です。ドル円は、昨日15:15比で65銭の円高です。昨夜のNY市場では、NYダウが下落し、米国債価格が上昇するといった典型的なリスクオフのパターンとなりましたが、それに反してNY金が大幅下落となっただけに、金相場の地合いが悪化してきたように感じられます。特に米国債価格の上昇に反して金価格が下落したことは要注意です。ロシア中央銀行が金の購入を4月1日から停止することを発表した影響がかなり大きかったようです。

 ロシア中銀は、過去5年間で400億ドル(約4兆3000億円)以上の金購入をしました。近年のロシア中銀の執拗な金購入が近年の金価格上昇の原動力であっただけに、金の最大買い大手であったロシア中銀が金市場から撤退した影響は今後も続きそうです。

 金は、ロシア中銀の外貨準備金の約20%を占めており、金保有量が約1200億ドル(約13兆円)に達しております。モスクワのノルデア銀行のアナリストは、「ロシア中銀は、準備金の規模が縮小している間、準備金の金分配を増加させたくないと考えている。」と述べております。

 ロシア政府の歳入の47.3%が石油・天然ガスで占められております。ロシアは、2014年秋からの原油価格と天然ガス価格の大暴落を受けて、2015年からマイナス成長の景気後退入りしたという経緯があります。原油価格に対するロシア政府の財政均等価格は、1バレル=42ドルとされております。それにより今年のリシア政府の財政が大幅赤字となる可能性が高まってきました。新型コロナウイルスの影響によりモスクワで外出禁止令が発令されており、「新型ウイルスによるロシア経済への悪影響」と「原油価格の暴落によるロシア経済への悪影響」を緩和するために、ロシア中銀が大規模な経済対策を実施することは避けられそうにありません。それにより、ロシア中銀がこれから本格的な経済対策を実施するためにも、保有金を売却して経済対策の資金源に充てる可能性は高そうです。それだけに、金価格の更なる下落に注意が必要です。

金市場パート2

3月31日

金市場パート2

 ロシア中央銀行は昨夜、金の購入を4月1日から停止することを発表しました。それにより、金塊の世界最大の買い手であるロシアが、これから保有金の売却を本格化させる可能性が高まってきました。

ロシアのGDP成長率は、2018年が2.5%、2019年が1.3%となり、「景気の下り坂」となっております。そして、ロシア政府の歳入の47.3%が石油・天然ガスで占められております。バークレイズのレポートでは、「2020年のロシア経済は0.5%のマイナス成長となり、年間インフレは年末までに4.3%まで上昇する可能性がある。その結果、財政の優先順位が成長促進から危機対応へと変更されるだろう。」と指摘しております。

このままでは、原油価格と天然ガス価格の大暴落を受けて今年のロシアの財政が「大幅赤字」に転落することになります。ロシアは、2014年秋からの原油価格と天然ガス価格の大暴落を受けて、2015年からマイナス成長の景気後退入りしたという経緯があります。原油価格に対するロシア政府の財政均等価格は、1バレル=42ドルとされております。こうした原油価格の変動に左右されやすいロシア経済を考えれば、これからロシア中央銀行がこれまで積み上げ続けてきた保有金の多くを本格的に売却に動く可能性は高そうです。

 

 

 

ゴム市場&金市場

3月31日

天然ゴム市場

 中国国家統計局が本日発表した3月の中国製造業PMIは、45ポイント予想に対して52ポイントとなり、前月の35.7ポイントから大幅上昇となりました。事前予想に反して景気分岐点とされる50ポイントを上回った事は注目でしょう。そして、3月の製造業PMIが、2017年9月以来の最高値を記録したことも注目でしょう。

 東京ゴムRSS3におけるファンドポジションは、東京ゴムが170円付近まで下落した3月5日から売り越しに転じ、昨日時点で「3089枚の売り越し」です。しかも、東京ゴムRSS3が156円付近まで急落した3月9日より売り越し枚数を急増させました。それにより、平均売り値がかなり低いので、東京ゴムRSS3が一段高となれば、売り方ファンドの本格的な「手仕舞いの買戻し」を誘う可能性も高そうです。

 東京ゴムRSS3における当業者ポジションは、東京ゴムRSS3が168円付近まで下落した3月6日から買い越しに転じ、昨日時点で「1890枚の買い越し」です。しかも、東京ゴムが147円付近まで下落した3月23日から買い越し枚数を急増させました。それにより、平均買い値がかなり低いことは注目でしょう。

 

3月31日

金市場

ロシア中央銀行は昨夜、金の購入を4月1日から停止することを発表しました。同国は過去5年間で400億ドルほどの金保有を積み上げてきました。しかし、原油価格の大暴落により資源価格全体も急落しましたので、それに伴ってロシア政府の今年の歳入が大幅減少する事になりそうです。その歳入の大幅減少を補う為にロシア政府が保有金を大量に売却する可能性が高まってきました。

 中央銀行の金保有ランキングは、1位が米国、2位がドイツ、3位がIMF,4位がイタリア、5位がフランス、6位がロシア、7位が中国、8位がスイス、9位が日本、10位がインドです。そして、過去1年間で金保有を特に大幅に増加させた中央銀行は、ロシアと中国とインドの中銀です。また、今回の新型ウイルスに対するロックダウンによる経済対策の為に、ロシアや欧州の中央銀行が保有金を売却する可能性もかなり高まってきました。

中国の製造業PMI

 



金市場

3月25日

金市場

 投資家心理の変化を示すとされるシカゴVIX指数は、先週18日に一時85.47ポイントまで上昇し、リーマンショック時のピークまであと3ポイントほどに迫る場面もありました。しかし、23日時点で61.59ポイントまで低下し、24日時点も61.67ポイントまで低下して取引を終えました。そして、シカゴVIX指数が80ポイント台まで上昇した時にNYダウやNY金が年初来安値を記録したことも注目でしょう。

 シカゴVIX指数は、2008年10月に2日連続で80ポイント台まで上昇しましたが、その6営業日後に53ポイント付近まで低下しました。そして、2008年11月にも2日連続で80ポイント台まで上昇しましたが、その4営業日後に56ポイント付近まで低下しました。リーマンショック時も、シカゴVIX指数が80ポイントまで上昇した2008年10月が当時のNY金の一番底となり、2008年11月に80ポイントまで上昇したところが当時のNY金の2番底となった事も注目でしょう。

今回は、先週16~18日に3日連続で80ポイント台を記録しましたが、その2営業日後に61ポイント付近まで低下しました。リーマンショック時でも、2日連続で80ポイント台まで上昇した時がシカゴVIX指数の上限でした。今回は、3月18日時点でシカゴVIX指数が85.47ポイントまで上昇しましたので、そのタイミングが「投資家の不安心理が最も高まったタイミング」と考えるべきかもしれません。その後は、シカゴVIX指数の低下と共に株NYダウやNY金が上昇力を強めました。
VIX

金市場

3月24日

金市場

 投資家の不安心理の変化を示すとされるシカゴVIX指数は、先週16~18日に3日連続で80ポイント台を記録しましたが、19日時点で72ポイント、20日時点で66.04ポイント、23日時点で61.59ポイントまで低下しました。結果的には、シカゴVIXが80ポイント台にまで上昇したところが金相場の底値となりました。このことは、リーマンショックの時と同じ現象となりました。

 2008年10月にシカゴVIX指数が2日連続で80ポイント台を記録し、それと共にNY金が「リーマンショック時の1番底」となり、その6営業日後にシカゴVIX指数が50ポイント台まで低下し、それと共にNY金が上昇しました。そして、2008年11月にもシカゴVIX指数が2日連続で80ポイント台まで上昇し、それと共にNY金が「リオーマンショック時の2番底」を形成し、その4営業日後にシカゴVIX指数が50ポイント台まで低下し、それと共にNY金が上昇し、その後のNY金が3年間に及ぶ長期上昇相場に発展しました。リーマンショック時も今回のコロナショック時も共にシカゴVIX指数が80ポイント台まで上昇して投資家の恐怖心が最も高まったところが金相場の底値となった事は注目でしょう。下記のコメントは、先週19日午前に配信しました過去記事です。参考にどうぞ。

 

3月19日

金市場

東京京金は、今朝3時頃に一時66円安まで下落しましたが、本日の日中取引は7円高で寄り付きました。東京白金も、今朝3時頃に一時161円安まで下落しましたが、本日の日中取引は42円安で寄り付きました。東京ドバイ原油も、今朝3時頃に一時2000円安まで下落しましたが、本日の日中取引は100円高で寄り付きました。投資家の不安心理の変化を反映するとされるシカゴVIX指数が今週になって3日連続で80ポイント台を記録し、リーマンショック時のピークと同水準まで上昇しており、投資家の不安心理がピークに達したことで、株安の時に買われる傾向があるリスクヘッジ銘柄である金相場にまでパニック売りが強まったようです。

シカゴVIX指数は、今週16日に一時83.56ポイントまで上昇し、82.69ポイントで取引を終えました。翌17日は、一時84.83ポイントまで上昇しましたが、75.91ポイントまで下落して取引を終えました。18日も一時85.47ポイントまで上昇しましたが、76.45ポイントまで下落して取引を終えました。こうした動きからも、シカゴVIX指数が上値の限界に達しているようにも感じられます。リーマンショック時のピークでさえ、シカゴVIX指数が80ポイント台を2日連続が上限となったほどです。

リーマンショックの時は、2008年10月にVIX指数が2日連続で80ポイント台にまで上昇しましたが、その6営業日後に53ポイントまで下落しております。また、2008年11月にも2日連続で80ポイント台まで上昇しましたが、その時も4営業日後に56ポイントまで下落しております。

今回のVIX指数は、2月下旬から急上昇し、今週16日から3日連続で80ポイント台を記録しているので、今週になって投資家の不安心理がピークに達した可能性も高そうです。そして、リーマンショック時のNY金は、月間ベースでみると、米国株が暴落してVIX指数が80ポイント台まで上昇した2008年10月は下落しましたが、その翌月から3年間に及ぶ長期上昇トレンドに突入しております。リーマンショック時も、VIX指数が2日連続で80ポイント台を記録したところが金相場の底値となっただけに、今回も同じパターンとなる可能性が出てきました。

 

 

本レポートはサンワード貿易株式会社が情報提供を目的として作成したものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。本レポートは信頼できると思われる情報に基づき作成されておりますが、その正確性及び完全性に関して責任を負うものではありません。また、記載された内容は作成時点のものであり、予告なく変更する場合があります。投資に係る最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。

****************************************************

▽本メール情報配信サービスの停止をご希望の方は下記アドレスに配信不要と記入の上、ご連絡をお願い致します。専用メール:matsunaga@sunward-t.co.jp

 

****************************************************

配信元:サンワード貿易株式会社

1620822 東京都新宿区下宮比町3番2号 飯田橋スクエアビル 7F

Tel.03-3260-0211

ホームページhttp://www.sunward-t.co.jp/index.html

商品先物取引法に基づき、商品先物取引業者として経済産業省、農林水産省の許可を受け農産物、原油、ガソリン、灯油、貴金属など上場商品の受託業務及び情報サービスの提供。

経済産業省20161108商第10号、 農林水産省指令28食産第3988号、 日本商品先物取引協会会員、 日本商品先物振興協会会員、日本商品委託者保護基金会員、(株)日本商品清算機構(JCCH)清算参加者、 日本テクニカルアナリスト協会賛助会員、金地金の販売

****************************************************

◇本メールの内容の加工、複製、転送、譲渡等は行わないようお願いします。

◇電子メールの特性上、送信過程で内容欠落、送信遅延、ウィルスの混入その他の不都合が生じることがございます。これらにつきまして弊社は責任を負いかねますのでご了承ください。

===§ 重要事項 §===============

●通常取引を始めるにあたって(http://www.sunward-t.co.jp/policy/policy01.html

●スマートCXを始めるにあたって(http://www.sunward-t.co.jp/policy/policy02.html

●取引開始基準(http://www.sunward-t.co.jp/policy/policy10.html

●契約締結前交付書面(http://www.sunward-t.co.jp/policy/policy11.html

●勧誘方針(http://www.sunward-t.co.jp/policy/policy03.html

●個人情報保護法(http://www.sunward-t.co.jp/policy/policy04.html

●サイトポリシー(http://www.sunward-t.co.jp/policy/policy05.html

●反社会勢力へ対する基本方針(http://www.sunward-t.co.jp/policy/policy06.html

●SUNWARDCX利用規約(http://www.sunward-t.co.jp/policy/policy04.html

● リンク集(http://www.sunward-t.co.jp/policy/policy07.html

*****************************************

金市場

本日午前に配信しましたコメントの一部をご紹介します。参考にどうぞ。

3月19日

金市場

東京京金は、今朝3時頃に一時66円安まで下落しましたが、本日の日中取引は7円高で寄り付きました。東京白金も、今朝3時頃に一時161円安まで下落しましたが、本日の日中取引は42円安で寄り付きました。東京ドバイ原油も、今朝3時頃に一時2000円安まで下落しましたが、本日の日中取引は100円高で寄り付きました。投資家の不安心理の変化を反映するとされるシカゴVIX指数が今週になって3日連続で80ポイント台を記録し、リーマンショック時のピークと同水準まで上昇しており、投資家の不安心理がピークに達したことで、株安の時に買われる傾向があるリスクヘッジ銘柄である金相場にまでパニック売りが強まったようです。

シカゴVIX指数は、今週16日に一時83.56ポイントまで上昇し、82.69ポイントで取引を終えました。翌17日は、一時84.83ポイントまで上昇しましたが、75.91ポイントまで下落して取引を終えました。18日も一時85.47ポイントまで上昇しましたが、76.45ポイントまで下落して取引を終えました。こうした動きからも、シカゴVIX指数が上値の限界に達しているようにも感じられます。リーマンショック時のピークでさえ、シカゴVIX指数が80ポイント台を2日連続が上限となったほどです。

リーマンショックの時は、2008年10月にVIX指数が2日連続で80ポイント台にまで上昇しましたが、その6営業日後に53ポイントまで下落しております。また、2008年11月にも2日連続で80ポイント台まで上昇しましたが、その時も4営業日後に56ポイントまで下落しております。

今回のVIX指数は、2月下旬から急上昇し、今週16日から3日連続で80ポイント台を記録しているので、今週になって投資家の不安心理がピークに達した可能性も高そうです。そして、リーマンショック時のNY金は、月間ベースでみると、米国株が暴落してVIX指数が80ポイント台まで上昇した2008年10月は下落しましたが、その翌月から3年間に及ぶ長期上昇トレンドに突入しております。リーマンショック時も、VIX指数が2日連続で80ポイント台を記録したところが金相場の底値となっただけに、今回も同じパターンとなる可能性が出てきました。
VIX指数(2008~2020年)
VIX指数(2008年9~12月)
NY金の月足(2008年1月~)
VIX指数(2020年2~3月)


金市場パート2

3月17日

金市場パート2

 昨日のNYダウ先物とS&P500種株価指数先物は、昨日朝方に5%安となってストップ安張り付きとなり、昨日夜まで取引停止が続きました。一方、本日のNYダウ先物とS&P500種株価指数先物は、3%高のストップ高となり、現在も3%高付近で推移しております。NYダウ先物とS&P500種株価指数先物の時間外取引でのストップ幅は、日々の値動きが大きくなれば縮小されます。

 NY金の電子取引は、昨日23時半ごろに一時1451ドルまで下落し、本日12:40時点で1496ドルです。NY金の電子取引は、2月20日の高値(1704ドル)から昨夜の安値(1451ドル)まで253ドルも下落しました。米国株の暴落と共にリスクヘッジ志向のNY金が暴落しており、「株安による金相場への換金売り」が加速しました。

世界最大の資産運用会社であるブラックロックの大手ファンドマネージャ―であるトリゴパス氏は13日、「新型コロナウイルス感染拡大を受け、ポートフォリオの現金比率を2月前半までに20%に拡大させた。新型コロナの打撃がほぼ全ての国に及んでいる。現金は王様だ。2020年前半は平穏な環境に見えていたし、これは高利回り新興国クレジット商品に極めてポジティブな状況だったが、新型コロナが形勢を一変させた。」と述べております。昨夜のシカゴVIX指数が引け値ベースで最高値を記録したほど「投資家の恐怖心」が高まっている状態なので、リスクヘッジ銘柄である金相場や米国債への換金売り圧力が強まったようです。

 FRBが1%の利下げに動きましたが、それでも金相場が暴落しました。米国が政策金利を0%~0.25%にまで引き下げたことにより、「実質的なゼロ金利政策」となりましたが、それは、「利下げ余地がほとんどない」という事でもあります。リーマンショック前の米政策金利が5.25%もあったので、リーマンショック後に大規模な利下げによる緩和策が実施されました。また、TIバブルの時は、米政策金利が6.5%もあったので、大規模な利下げによる緩和策が実施されました。しかし、現在の政策金利が0%~0.25%にまで低下したので、新型ウイルス問題が長期化した時に、FRBが実施できる緩和策の選択肢が限定されます。今回のFRBによる1%の利下げは、大方の投資家が待ち望んでいた内容ですが、利下げ余地がほとんどなくなったことは、投資家の不安心理を煽ってしまったのかもしれません。

モルガン・スタンレーの13日付けのレポートでは、「底を打った、あるいはリスク資産が底値を付けたというわけではないが、厳しい急激な弱気相場の最終段階に入ったとは言える。これまでの3週間よりは、回復の初期段階に近いところにある。」と指摘しております。昨夜のNYダウが2997ドル安(12.93%安)となり、シカゴVIX指数が引け値ベースで最高値を更新しましたが、それでも本日の日経平均株価が12:40時点で100円高です。こうした動きからも、株式市場全体が下限に達した可能性もあります。「夜明け前が最も暗い」という格言もあり、モルガン・スタンレーが指摘しているように現在のマーケットは、「厳しい急激な弱気相場の最終段階に入った」という局面かもしれません。それにより、リスク銘柄やリスクヘッジ銘柄など資産クラス全体が下限に達している可能性もあります。それにより、金相場に対する弱気な見方もそろそろ警戒するべきかもしれません。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事