松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

金市場

4月17日

金市場

 東京金は、4日連続で下落し、昨日の夜間取引での安値(4578円)が月初の安値(4568円)まであと10円に迫る場面もありました。一方、昨夜のNY金が1272ドルまで下落し、1月24日の安値(1278ドル)や3月7日の安値(1281ドル)を少し割り込み、テクニカルが悪化しました。

米10年債利回りは、3月31日に2.34%まで下落しましたが、その後は上昇基調を続けており、現時点で2.6%まで上昇しております。こうした米長期金利の上昇基調が、「ドル買い&金売り」の要因の一つとなっております。また、S&P500種株価指数が4カ月前から上昇基調を続けており、そうした「米国株高を中心としたリスクオンの流れ」も金相場を圧迫し続けております。

 シカゴVIX指数は、NYダウが年初来安値を記録した昨年12月24日に36.1ポイントまで上昇しましたが、その後は下落基調を続けており、昨夜の米国市場で一時11.85ポイントまで下落し、6カ月半ぶりの低水準を記録しました。同指数は、投資家心理の変化を示すとされております。昨夜の同指数が6カ月半ぶりの水準まで低下しているということは、それだけリスクオンの流れが強まっているということです。しかし、同指数が10ポイント台まで低下したことは、過去1年間で2営業日しかなかったので、同指数の低下もそろそろ限界かもしれません。

昨夜のS&P500種株価指数は一時2916ポイントまで上昇し、昨年9月21日に記録した史上最高値(2940ポイント)まであと24ポイント(0.8%)に迫りました。しかし、史上最高値を更新することになれば、これまで4か月間の上昇トレンドに対する達成感が急速に高まり、手じまい売りが本格化することも考えられます。



NY金の日足
東京金の日足
VIX

 

 

※チャートの情報提供元は(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドです。チャートの著作権は、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。

 


金市場

4月16日

金市場

昨夜のNYダウは、米国金融株の決算発表を嫌気して小幅安(27ドル安)となりました。昨夜のS&P500種株価指数は、半年ぶりの高値から小幅安となりました。昨夜発表されたゴールドマン・サックスやシティー・グループの1~3月期決算は共に減収となり、両社の株価が下落しました。昨夜のゴールドマン・サックスの株価は前週末比で3.8%安となり、昨年12月以来の下げ幅を記録しました。ゴールドマン・サックスやシティー・グループの決算発表を受けて、週内に決算発表を控えるバンク・オブ・アメリカとモルガン・スタンレーの株価も下落しました。それでも昨夜のS&P500種株価指数は小幅安に留まり、昨年12月下旬から続く3か月半に及ぶ安定した上昇基調を反転させるには至りませんでした。米国企業の四半期決算では、序盤に金融株の決算発表が集中します。

NYダウは、2009年3月から9年間強も長期上昇を続け、昨年10月3日に史上最高値を記録しました。昨年までの米国企業の決算発表では、金融株の好決算が続くのが恒例でしたが、今回は少し違うようです。NYダウは、昨年12月上旬から下旬にかけて急落したものの、今年の1~3月期は緩やかな上昇を続けまたが、その間の上昇率が11%程度でしたので、金融業の多くでトレーディング収入が減少したようです。

米10年債利回りは、3月上旬の2.75%付近から3月下旬には2.35%付近まで低下しましたが、その後は上昇基調を続け、現在は2.55%付近で推移しております。今回の四半期決算全体が悪い内容になれば、債券価格が上昇すると共に債券利回りが下落することになります。そうなると、長期金利の低下を好感して「ドルの代替銘柄としての金相場」が上昇する可能性も高まります。また、米国株の下落を受けて、「リスクヘッジの金相場」も上昇する可能性が高まります。

今後のS&P500種採用企業の主なスケジュールは、下記の通りです。

4月12日:JPモルガン・チェース、ウエルズ・ファーゴなど3社。

16日:バンク・オブ・アメリカ、ジョンソン&ジョンソン、ブラックロック、ネットフェリックスなど11社。

17日:モルガン・スタンレー、ペプシコ、アルコアなど14社。

18日:キーコープ、アメリカン・エキスプレス、など17社。

22日:ハリバートンなど7社。

23日:コカ・コーラ、イーベイ、ノーザン・トラストなど26社、

24日:ボーイング、キャタピラー、マイクロソフトなど44社。

25日:スリーエム、スターバックス、アフラックなど53社。

プロプライエイター・リサーチは先週、S&P500種採用企業の1~3月期の企業利益が前年同期比で2.2%の減益となる見通しを発表しました。そして、「S&P500種採用企業の1~3月期の1株利益が悪化もしくは市場予想を下回ると予想している企業が85社、改善もしくは市場予想を上回ると予想した企業が31社」となったと指摘しております。昨夜のゴールドマン・サックスやシティー・グループの決算発表も芳しくなかっただけに、今後更に決算発表が進めば、リスクオフの流れがより強まることも考えられるだけに、金相場に注目することも一考かもしれません。

 

 

S&P500種株価指数の日足

 

 

※チャートの情報提供元は(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドです。チャートの著作権は、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。

 

金市場

4月8日

金市場

 先週末のNYダウは、40ドル高(0.15%高)の2万6424ドルで取引を終えました。NYダウは、あと527ドル(2%)上昇すれば、昨年10月期に記録した最高値を更新します。先週末のS&P500種株価指数は、0.46%高の2892ポイントで取引を終えました。

 先週末のNYダウやS&P500種株価指数が共に年初来高値を更新しても下落しなかった先週末のNY金は注目でしょう。

バンク・オブ・アメリカの4月5日付けのレポートでは、「各国の中央銀行が一斉に成長刺激に力を入れた局面が3月にピークに達したため、米国株式市場は今年最大の好調期を過ぎた可能性が高い。リスク資産がこれまで大きく上げたのは、各中銀がすべてを投じたからだ。流動性のピークは、上昇局面の終わりが4月に始まったことを意味する。S&P500種株価指数は、は4~6月に3000歩イントを超えた後に崩れるだろ。」と指摘しております。

S&P500種株価指数の最高値は、昨年9月21日の2940ポイントであり、次いで昨年10月3日の2939ポイントです。S&P500種株価指数は、あと1.7%上昇すれば史上最高値を更新し、あと3.7%上昇すれば3000ポイントの大台乗せとなります。米国株に対する高値警戒が付きまとう限りは、「リスクヘッジの金相場」に注目するべきかもしれません。そして、NYダウやS&P500種株価指数が史上最高値を更新することになれば、米国株の急落に備えて金相場に対する本格的な買い出動も一考かもしれません。
S&P500種株価指数の日足

 

 

※チャートの情報提供元は(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドです。チャートの著作権は、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。

 


金市場

4月3日

金市場

 金相場には、リスクヘッジとしての特性やドルの代替銘柄としての特性などがあります。NYダウが昨年末から上昇基調を続けており、今週になって年初来高値を更新しており、そうした米国株の上昇は、「リスクヘッジとしての金相場」にとって大きな弱材料となってきました。その反面、米10年債利回りが昨年11月の3.24%付近から2.42%付近まで低下したことは、ドル売り材料となるので、「ドルの代替銘柄としての金相場」にとって大きな強材料となりました。そうした弱材料と強材料が対峙しているので、金相場の方向性の感じられない展開が続いているようです。

 SPDRゴールドシェアの金現物保有量は、3月上旬から3月末にかけて18トンほど増加しましたが、昨日までの2営業日だけで2.96トンも減少しました。一方、NY金におけるファンドの買い越し枚数は、年初から8万~13万トン付近での増減を繰り返しており、増加や減少に対する方向性が感じられません。それでもNYダウが昨年11月から続く上値抵抗線にまで上昇しましたが、今週の米中通商協議のトップ会談で通商問題が大きく前進する可能性もあるだけに、金相場に対して、「様子見」も一考かもしれません。

 

NYダウの日足米10年債利回りの日足

※チャートの情報提供元は(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドです。チャートの著作権は、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。

 

金市場

3月27日

金市場 

 先週末の米国市場では、3か月物国債利回りと10年物債券利回りが逆転する逆イールド状態が発生して景気後退懸念が高まり、同日のNYダウが460ドル安となり、同日のNY金も1322ドルまで上昇しました。昨日の米国市場では、米債券利回りが少し安定し、NYダウも140ドル高となり、昨日のNY金も小幅安となりました。ドル円が昨日15:15比で45銭の円安となり、本日の東京金は、13時時点で前日比10円高の4668円です。

 NY金は、3月8日によりじり高基調を続けております。その反面、東京金は、3月14日より46400~4685円附近での小動きを続けており、方向性の感じられない展開が続いております。しかし、年初から下落基調を続けてきたシカゴVIX指数(恐怖指数)が先週22日から上場基調に転じ始めましたので、「リオスクヘッジの金投資」への注目もようやく高まりそうな状況となってきました。米国の現在の短期債利回りと長期債利回りがほぼ同水準となっており、少しの変化で逆イールドへと再び変化する状態となっているだけに、しばらくは、「リスクヘッジの金投資」が注目されることになりそうです。

 トランプ米大統領が指名したFRB理事候補のムーア氏は22日、「FRBは直ちに0.5%ポイントの利下げを実施すべきだ。」と述べております。3~4カ月前までは、米国の2019年の利上げ見通しが「年4回」でしたが、今月のFOMC声明を受けて「年0回」にまで変化し、年内の利下げを見込む動きまで出てきました。これほど短期間で利上げ観測が大きく後退したことは、それだけ米国経済の成長鈍化を見込む流れが強まったということでもあるので、ここは、「リスクヘッジの金投資」に注目するべきかもしれません。
東京金の日足
恐怖指数

 

※チャートの情報提供元は(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドです。チャートの著作権は、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。


金市場パート3

3月26日

金市場パート3

 本日のNYダウ先物は、今朝からじり高基調を続け、15時頃に100ドル高付近まで上昇しましたが、15:45時点で45ドル高付近まで失速しております。

米国の短期金利と長期金利が逆転する逆イールド現象が先週末に発生し、それを受けて景気後退懸念が高まり、先週末のNYダウが460ドル安となりました。そして、昨夜のNYダウが14ドル高となり、前日の大幅下落に対してほとんど反発出来ませんでした。

NYダウは、現水準より723ドル以上上昇すれば、年初来高値を更新してテクニカルがかなり強まります。その反面、NYダウが現水準より308ドル以上下落して3月11日の安値を割り込むことになれば、テクニカルがかなり悪化します。今後のNYダウに対して、「723ドル以上の上昇の可能性」と「308ドル以上の下落の可能性」では、それほど迷わず「308ドル以上の下落の可能性」に注目するべきかもしれません。景気後退観測が3カ月ぶりに騒がれてきただけに、「3カ月前の暴落の再来」となる可能性もあります。

NYダウは、米国の経済成長鈍化懸念を受けて昨年12月初めからの3週間で4200ドルほど急落した経緯があります。米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は昨年12月13日、「今後12カ月以内に米国がリセッション入りする確率は最近、約30%に上昇した。すなわち、ここ9年の拡大期のどの時点においてよりも高くなっている。」と指摘し、10年近く続いた景気サイクルが終盤に入り、2019年には米経済の成長が減速して景気後退リスクが増大するとの見通しを示しました。米国や世界の経済成長が2019年から鈍化するとの見方が広がり、NYダウが3カ月前に「3週間で4200ドルほどの大暴落」となりました。しかし、その後の3カ月間で安値から400ドルほど上昇しましたので、ここで再び「米国や世界の経済成長が2019年から鈍化する」との見方が高まっても当然のことかもしれません。

 内閣府の発表では、過去67年間で「景気拡張期~景気後退期」からなる景気循環が16回発生したことが報告されております。過去16回の景気循環において、景気拡張期の平均が38カ月間です。それに対して第16循環となる2012年11月から始まったアベノミクス景気では、景気拡張期が今月で77カ月間となり、過去最長の景気拡張期であった2002年からのいざなみ景気の73カ月間を上回っております。それにより、そろそろ景気後退に備える必要もありそうです。

景気の谷から景気の山にかけての景気拡張期では、前半がマイナス経済成長の不況であり、後半がプラス経済成長の好況です。この景気拡張期の株価は上昇する傾向があります。リオーマンショック後からの10年間に及ぶ株価の上昇基調では、その前半が「景気拡大期前半のマイナス経済成長の不況」であり、その後半が「景気拡大期後半のプラス経済成長の好況」でした。その反面、景気の山から景気の谷にかけての景気後退期では、前半がプラス経済成長の好況であり、後半がマイナス経済成長の不況です。この景気後退期は、株価が下落する傾向があります。2019年の世界経済と米国経済の成長率は、2018年を下回るとの見方が市場のコンセンサスとなりつつあります。現在が「景気後退期前半のプラス経済成長の好況」の時期に突入した可能性が高まっているだけに、リスクヘッジの金相場に対して強気な見方を継続させるべきかもしれません。

金市場パート2

3月26日

金市場パート2

 NY金は、2月20日に1344ドルまで上昇して年初来高値を記録しましたが、その後の9営業日で1281ドルまで下落しました。しかし、3月8日から上昇基調に転じ、年初来高値まであと23ドルほどに迫ってきました。

NY金は、昨年夏場より1355~1365ドル付近で何度も頭打ちとなり、1355~1365ドル付近が強力な上値抵抗線となっております。現在のNY金の電子取引が1325ドル付近で推移しているので、1355~1365ドル付近まであと30~40ドルほどは強気な見方も一考かもしれません。

投資家心理の変化を示すとされるシカゴVIX指数(恐怖指数)は、2月中旬から3月21日にかけて13~14ポイント付近で推移しておりましたが、3月22日と翌25日に17ポイント台まで急上昇しました。シカゴVIX指数は、昨年末ごろから安定した下落基調を続けてきましたが、ここにきて上昇トレンドに転じた可能性も高まってきました。そうした投資家心理の変化を受けて、金相場に対して強気な見方も一考かもしれません。

 

VIX指数
NY金の週足
NY金の日足


※チャートの情報提供元は(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドです。チャートの著作権は、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。

 

金市場

3月26日

金市場

 昨夜のNYダウは、14ドル高となり、小動きでした。ドル円は、昨日15:15比で10銭の円安です。本日8:50時点で東京金が29円高、東京白金が48円高、東京原油が380円高となり、ドル建て銘柄が軒並み下落しました。短期金利が長期金利を上回る逆イールド状態が発生したことを受けた利下げ観測から、ドル建て銘柄が買われたようです。

 イエレン前FRB議長は昨夜、「国内の景気後退が起こる公算が特に大きいとは思わない。過去と比べて、利回り曲線が非常に平坦化する傾向が現在見られる。」と述べ、米国債のイールドカーブについて、景気後退でなく、ある時点で利下げを行う必要性を示している可能性を指摘しました。シカゴ連銀のエバンス総裁は昨夜、「2019年の経済見通しが失望すべきものである場合、金融当局は政策金利を据え置くか、金融緩和に踏み切る必要もあるだろう。」と述べました。そして、フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は昨夜、「米当局が今年利上げをするとしてもせいぜい1回のみだ。」と述べました。エコノミック・アウトルック・グループの首席グローバルエコノミストは昨夜、「景気後退が迫っていると直ちに結論付けようとは思わない。地平線上に本物の雲が発生しつつある。問題はこれらの雲がどの程度暗くなり、景気後退の嵐を引き起こすかどうかだ。」と述べております。

短期金利が長期金利を上回る逆イールド状態が発生したことを受けて、利下げ観測が広がり始めました。そして、逆イールド状態が景気後退のシグナルとされているだけに、景気後退への警戒も高まってきました。そうしたことを受けて「リスクヘッジの金投資」がより注目されるようになってきたようです。しばらくは金相場に注目することも一考かもしれません。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事