松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

白金

白金市場パート1~2(6月11日配信記事)

下記の記事は、昨日配信しました過去記事です。参考にどうぞ。


6月11日

白金市場

 昨年12月中旬には、東京パラジウムに対して東京白金が400円ほど下回る状態となりました。それにより、「自動車触媒におけるパラジウムの代替需要としての白金」が注目され、東京白金が昨年12月中旬からの1か月間で400円ほどの大幅上昇となりました。その後、2月上旬には、東京白金が東京パラジウムを上回る場面もあり、価格差逆転で「自動車触媒におけるパラジウムの代替需要としての白金」への注目が薄れると、東京白金の下げ足が速まりました。

 その後、東京白金が東京パラジウムを200円ほど下回る場面が2月下旬と4月下旬、5月中旬、6月上旬にあり、現在は、東京白金が200円ほど下回っている状態です。東京白金と東京パラジウムとの価格差が過去4カ月間で200円付近が限界となっていることは注目でしょう。そして、東京パラジウムが今月初めからじり高基調に転じてきたことを受けて、再び「自動車触媒におけるパラジウムの代替需要としての白金」が注目され始めたようです。

 添付している東京白金日足上の赤い丸印は、東京白金と東京パラジウムの価格差が200円付近まで拡大したタイミングです。過去4か月間のパターンでは、東京白金と東京パラジウムの価格差が200円付近まで拡大したタイミングが「東京白金の買い場」となる傾向もあるようです。

6月11日

白金市場パート2

 ロシアのアルミ大手であるルサール社への米国による経済制裁が8月下旬までに解除されなければ、輸出や財務が再び困難な状態に直面することが、業界関係者より伝えられております。米国が4月6日に発表したロシアへの制裁は、富豪や当局者24人と企業12社に及びました。その制裁対象にルサール社やオレグ・デリパスカ氏が含まれていたことが注目されました。オレグ・デリパスカ氏は、ルサール社とノリリスク・ニッケル社の大株主です。ルサール社は、中国以外で最大のアルミ生産会社です。ノリリクス・ニッケル社は、パラジウムとニッケルの世界最大の生産量を誇り、白金もかなり生産しております。そして、ルサール社の主要顧客にフォルクス・ワーゲンやトヨタ自動車も含まれます。

 米国の経済制裁を受けてルサール社の輸出や財務が8月下旬に向けて再び困難な状態に直面する見通しとなってきました。そうなれば、アルミが急騰することになりそうです。そして、ルサール社の輸出や財務が再び困難な状態に直面すれば、ノリリクス・ニッケル社の出や財務も不安視されるようになり、ノリリクス・ニッケル社で生産されるニッケルやパラジウム、白金などの価格上昇に繋がる可能性もあります。

 今月8~9日に開催されたG7サミットの主要宣言では、ウクライナ問題を踏まえてロシアに対し、「民主主義を弱体化させる振る舞いの停止」を求めると共に、必要ならロシアへの追加制裁を科す用意があると警告しております。更に、英国で3月に発生した神経剤による元ロシア情報院暗殺未遂事件ロシアが関与した可能性が極めて高いと非難し、サミットからロシアが追放される原因となった2014年のウクライナ・クリミア半島編入も違法と強調しております。しばらくロシアへの制裁が継続される可能性も高そうです。それにより、ロシア経済制制裁連銘柄となるアルミやニッケル、パラジウム、白金などは今後も注目かもしれません。

東京白金と東京パラジウムの価格差グラフ
東京白金の日足


 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。


白金市場

5月23日

白金市場

 EU委員会は昨夜、大型トラックに対する排ガス規制の草案を発表しました。新たに発売される大型トラックが排出するCO2を2019年の水準と比べて2025年までに15%以上削減し、2030年までに30%以上削減することを義務付けるという内容です。EUが大型トラックに対するCO2排出量の規制に動くことは初めての事です。

 EU委員会が大型トラックに対する排ガス規制の草案を発表したことを受けてドイツ政府は18日、自動車メーカーに対してディーゼル車の大気汚染改善に向けた技術的改良を加速するように要請しました。そして、EU委員会は17日、大気汚染に関する規制を順守していないとして、フランス、ドイツ、ハンガリー、イタリア、スーマニア、イギリスをEU司法裁判所に告発することを決定しました。

 EU委員会は、大型トラックのCO2規制に対する草案を始めて発表し、複数のEU諸国に対して大気汚染に関する件でEU司法裁判所へ告発したことにより、EU全体でのCO2規制が強化される見通しとなってきました。ガソリン車は、ディーゼル車に比べて大量のCO2を排出します。EUでCO2規制が強化されることになれば、ディーゼル車の割合が増加することが予想されます。CO2排出量の少ないディーゼル車の生産が増えることになれば、ディーゼル車の触媒原料となる白金の使用量が増加することになります。こうしたことを背景として、今週になって白金価格が急騰したようです。

下記のコメントは、先週18日に配信しました過去記事です。参考にどうぞ。

5月18日

白金市場

 EU委員会は昨夜、大型トラックに対する排ガス規制の草案を発表しました。新たに発売される大型トラックが排出するCO2を2019年の水準と比べて2025年までに15%以上削減し、2030年までに30%以上削減することを義務付けるという内容です。EUが大型トラックに対するCO2排出量の規制に動くことは初めての事です。

 EUは、2030年までに全セクターのCO2排出量を1900年の水準より40%以上削減する方針をすでに決定しております。その方針に、大型トラックへの規制も新たに加えることになりました。EUが今回打ち出した大型トラックへのCO2削減計画に対してEU自動車工業会は、「基準が厳しすぎる」

と反発しております。

 ガソリン車は、ディーゼル車に比べて大量のCO2を排出します。EUでCO2排出量の規制が厳しくなるほど、CO2排出量の少ないディーゼル車のシェア拡大に繋がります。そして、ディーゼル車の触媒に多くの白金が使用されていることから、現在のEUのCO2排出量削減計画を考えると、EUでの白金使用量の拡大は避けられないことかもしれません。

 

白金市場

5月18日

白金市場

 EU委員会は昨夜、大型トラックに対する排ガス規制の草案を発表しました。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

白金市場

5月17日

白金市場

 12:20時点で、NY白金の電子取引が893ドル、東京白金が2179円です。最近のNY白金の安値は、2016年12月が892ドル、2017年5月が898ドル、2017年7月が890ドル、2017年12月が874ドルとなっており、1年半前から続く下値抵抗線付近までNY白金が下落しております。

 1カ月ほど横ばいを続けていた米10年債利回りが14日から3営業日続伸し、それを受けてNY金が14日から3営業日続落となりました。そうしたNY金の下落にNY白金も追随しました。米10年債利回りは、3.106%付近まで上昇しており、2014年のピーク(3.041%)を僅かに上回り、7年ぶりの水準まで上昇しております。

NYダウが5月3日から8営業日連続で陽線となった事を受けて、「米国株買い&米国債売り」が進んだようです。そうした米国債売りにより米国債利回りが急上昇しました。特にNYダウが年初から続く三角保合いを上放れしたことで米国株への買い意欲が高まり、その反動で米国債利回りが急上昇したようです。しかし、15日のNYダウが9営業日ぶりに下落に転じたことを受けて、米10年債利回りの上昇が止まる可能性もあります。

 EU委員会関係者は5月14日、EU委員会はEU内で販売されるトラックの二酸化炭素(CO2)排出量について、2030年までに30%削減するとの目標を掲げる見通しであることを伝えております。EU委員会は、CO2排出量の削減目標の草案を5月17日に公表する見通しとなっております。日本や米国、中国、カナダなどでは、トラックに対するCO2排出量の削減目標が定められておりますが、EUがトラックに対するCO2排出量削減に基準を設けるのは初めての事です。ディーゼル車は、ガソリン車よりCO2排出量が少ないというメリットがあります。ガソリン車に比べてディーゼル車の触媒により多くの白金が使用されているだけに、白金市場にとってEUから本日発表される草案は注目でしょう

NY白金の日足
NYダウの日足
米10年債利回りの日足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。


白金市場

5月15日

白金市場

 EU委員会関係者は14日、EU委員会はEU内で販売されるトラックの二酸化炭素(CO2)排出量について、2030年までに30%削減するとの目標を掲げる見通しであることを伝えております。EU委員会は、CO2排出量の削減目標の草案を今月17日に公表する見通しとなっております。

日本や米国、中国、カナダなどでは、トラックに対するCO2排出量の削減目標が定められておりますが、EUがトラックに対するCO2排出量削減に基準を設けるのは初めての事です。

トラックの多くはディーゼル車です。ディーゼル車は、ガソリン車よりCO2排出量が少ないというメリットがあります。EUがCO2排出量の削減目標を定めることになれば、ガソリン車よりCO2排出量の少ないディーゼル車への人気が再燃する可能性も高まります。そして、CO2排出量の削減目標が定められることになれば、EUで白金の触媒需要が増加することになりそうです。

ヨーロッパでは、以前はクリーンディーゼル車人気が高かったのですが、2015年にフォルクスワーゲンによるディーゼル車の排ガス不正が発覚し、それを受けてディーゼル車人気が低下しました。それにより、ディーゼル車の触媒に多く使用される白金需要が低下し、白金価格が大きく下落し、東京白金が東京金を下回ることになりました。しかし、ここでEUがトラックに対するCO2排出量削減目標を掲げることになれば、白金価格が上昇することも考えられます。それだけに、EU委員会から17日に公表される「CO2排出量の削減目標の草案」を前にして、東京白金に対する強気な見方も一考かもしれません。

 

白金市場パート2

5月14日

白金市場パート2

 NY白金は、2年ほど前から900ドル付近が下値抵抗線となっており、今月初めに900ドル付近まで下落しました。その後は、じり高基調を続け、源氏は925ドル付近まで上昇しております。

 東京白金も2年ほど前から3200円付近が下値抵抗線となっており、今月初めに3200円付近まで下落しました。その後は、じり高基調を続けており、現在は、3255円付近まで上昇しております。

NY白金と東京白金は、月初に下値抵抗線まで下落しましたが、その後はじり高基調を続けております。しかも、2年程前から続くNY白金と東京白金の下値抵抗線がテクニカル的にもかなり綺麗な下値抵抗線となっているだけに、下値抵抗線付近から少し上昇し始めたこのタイミングは特に注目でしょう。
NY白金の週足
東京白金の週足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。


金市場&白金市場

5月14日

金市場&白金市場

 先週末のNYダウが91ドル高となり、現在のNYダウ先物が110ドル高付近まで上昇しております。NYダウは、5月4日から7営業日連続で陽線となり、1月から続く右肩下がりの上値抵抗線を突破して3営業日続伸となりました。これにより、1月から続く三角保合いから上放れとなってきたようです。

 S&P500採用企業の1~3月期決算発表における企業利益が大幅な伸びを記録したことを受けて、米国株の上げ足が強まっており、マーケット全体でリスクオンの流れが強まっております。それに加えて、中東の地政学的リスクの高まりが時間経過と共に沈静化してきたようにも感じられます。

 NYダウが三角保合いから上放れしてリスクオンの流れが強まってきたことを受けて、リスクヘッジ志向の金相場が失速する可能性も出てきました。そして、リスクオンの流れを好感してリスク志向の白金相場が上昇する可能性も出てきました。東京金と東京白金の価格差は、1カ月ほど前から1400円幅前後にまで拡大しており、「東京金-東京白金」の価格差が過去最大となりました。しかし、米国株の上昇を中心としたマーケット全体でのリスクオンの流れを受けて、東京金と東京白金の価格差が縮小する可能性も出てきました。それにより、「東京金売り&東京白金買い」などの取引に注目するところかもしれません。
NYダウの日足
東京金と東京白金の価格差グラフ

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。


天然ゴム市場&白金市場

5月7日

天然ゴム市場

 上海ゴムは、先週末の夜間取引の流れを引き継いで寄り付き直後に0.7%安まで下落しました。しかし、10:40頃からプラス転換して一時2.3%高まで急騰し、10:57時点で1.7%高です。

 ロシアのアルミ大手のルサール社の4月のアルミ生産は、米国が4月上旬に発動した制裁措置の影響により前年同月比で70%減少したことが報告されております。それを受けてアルミやニッケル、パラジウム、白金などが上げ足を強めております。それにより本日の中国の資源銘柄も、非鉄金属銘柄を中心として上昇しております。それに原油価格の上昇も加わりました。そうした資源銘柄全体の上昇に上海ゴムが反応したようです。

 先週末時点でのタイ・バンコクの天然ゴムRSS3号現物価格は、キロ当たり52.14バーツです。これを円換算すると、52.14バーツ×3.433円=約179円となります。これにキロ当たりの輸入諸経費を8円で計算すると、輸入採算格が約187円となります。東京ゴムの当限は、輸入採算価格を8円ほど下回っているので、「下値は限定的」と考えるべきかもしれません。

5月7日

白金市場

 ロシアのアルミ大手のルサール社の4月のアルミ生産は、米国が4月上旬に発動した制裁措置の影響により前年同月比で70%減少したことが報告されております。それを受けてアルミやニッケル、パラジウム、白金などが上げ足を強めております。10:35時点で、東京パラジウム55円高、東京白金43円高です。 

 東京パラジウムは、先週末まで8営業日ほど下落基調を続けましたが、本日の大幅高でトレンドが変化した可能性もあります。また、東京白金も先週末まで9営業日ほど下落基調を続けてきましたが、本日の大幅高でトレンドが変化した可能性もあります。


みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事