松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

白金

白金市場の総括

メール情報会員に本日配信しました週間レポートの一部をご紹介します。
参考にどうぞ。

白金市場の総括

 NY白金は、2015年2月より「右肩下がりの上値抵抗線」を形成しながら長期下落トレンドを続けております。欧州でのディーゼル車における排ガス不正問題発覚後から続く「右肩下がりの上値抵抗線」を突破することが出来れば、NY白金のトレンドが一変することになります。一方、NY白金は、昨年8月頃から「右肩上がりの下値抵抗線」を形成しております。それにより、「2015年2月から続く右肩下がりの上値抵抗線」と「昨年8月から続く右肩上がりの下値抵抗線」により、「三角保合い」を形成していることは注目でしょう。今回の南ア白金鉱山での労使交渉が難航してストライキが発生すれば、「2015年2月から続く右肩下がりの上値抵抗線」を突破して、新たな上昇トレンドに発展する可能性も高まります。
 南ア大手白金鉱山会社における3年前の労使交渉で締結した労働契約が今年の6月末で期限切れとなりました。それにより、大手労働組合のAMCUとNUMは、南ア白金鉱山大手7社との労使交渉を3年ぶりに行うことになりました。そして、大手労働組合のAMCUは、世界3大白金鉱山会社(アングロ・プラチナ、インパラ・プラチナ社、ジバニエ・スティルウォーター社)との初回の労使交渉を7月9~11日に開催しました。初回の労使交渉では、AMCUが「最低給与の基本給の48%引き上げ」を要請し、労働組合からの要請を聞く形で終わりました。その後、白金鉱山会社から各社ごとに別々の賃金提示が労働組合側に伝えられました。それらの賃金提示を受けてAMCUは、8月13日にメディア・ブリーフィングを行いました。そこで大手白金鉱山の各社の賃金提示額が公開されました。

 今週13日のメディア・ブリーフィングでは、大手白金鉱山会社からの賃金提示額の低さに怒っておりました。特にジバニエ・スティルウォーター社は、最近買収した旧ロンミン社の白金鉱山労働者に対する賃上げを3.3%としたことにAMCUが怒っており、AMCUの組合長は、「それは労働者に対する屈辱であり、シバニエは私たちをストライキに誘導しようとしている。私たちはストライキを宣言しておりませんし、まだ労使交渉中です。」と述べました。3.3%の賃上げは、同国のインフレ率の4.4%を差し引くと、実質的には「1.1%の賃金引上げ」となるので、労働組合側が怒っております。しかも、今回の労使交渉では、今後3年間の賃金契約を決めるだけに、AMCUとしても「実質的な賃金引上げ」は受け入れられないところでしょう。しかも、ジバニエ・スティルウォーター社が最近買収した旧ロンミン社白金鉱山労働者に対して、「3年間で1万3000人のリストラ計画」まで発表しているだけに、なおさら労働組合側が反発しております。

 6万人の鉱山労働組合員を有するAMCUは、8月16日の「マリカナの悲劇の7回忌」の日に会合を開き、今後の労使交渉に対して組合内での話し合いを行います。「マリカナの悲劇」とは、旧ロンミン社ルステンバーグ白金鉱山で2012年に発生したストライキ中に警察隊と衝突して34名の鉱山労働者が銃殺された事件です。8月16日の労働組合での会合で、旧ロンミン社白金鉱山労働者がストライキ入りを決定する可能性は高そうです。また、アングロ・プラチナやインパラ・プラチナ社、ジバニエ・スティルウォーター社からの賃金提示額もかなり低かったので、AMCUが大規模ストライキを決定する可能性もあります。

 今回の労使交渉の注目は、「労働組合側と白金鉱山会社側の焦点の違い」でしょう。白金鉱山会社側は、白金価格が3年間も安値低迷したことで経営が大幅に悪化したので、小幅な賃金引き上げを望んでおります。現在の白金価格では、南ア白金鉱山の半分ほどがコスト割れを起こしているとされております。一方、労働組合側は、パラジウム価格の昨年秋からの高騰を受けて、今年になって白金鉱山会社の収益が大幅増加したことを受けて、大幅賃上げを望んでおります。「過去3年間の白金価格の低迷」を重視する白金鉱山会社側に対して、「最近のパラジウム価格の高騰」を重視する労働組合側との「焦点の違い」が今回の労使交渉を難航させております。「マリカナの悲劇の7回忌」となる本日16日に開催されるAMCUの会合でストライキ入りが決定される可能性もあるだけに、東京白金に対する強気な見方も一考ではないでしょうか。

白金市場パート1~2

8月16日

白金市場

 AMCUと南ア白金鉱山大手3社との初回の労使交渉が7月9~11日に開催され、大手労働組合のAMCUが大幅賃上げ要求を行いました。その後、南ア白金鉱山大手3社が各社ごとにAMCUに対して賃金提示を行いました。そしてAMCUは今週13日、メディア・ブリーフィングを行い、白金鉱山大手3社からの賃金提示額を公表し、今後の労使交渉に対して8月16日にAMCUの会合を開催することを表明しました。

 本日は、「マリカナの悲劇の7回忌」を迎えます。「マリカナの悲劇」とは、旧ロンミン社ルステンバーグ白金鉱山で2012年に発生したストライキ中に警察隊と衝突して34名の鉱山労働者が銃殺された事件です。労使交渉が開始されて1か月ほどほとんど進展がなかったことに対して少し不思議に感じておりましたが、AMCUが「マリカナの悲劇の7回忌」に合わせて組合内での会合を開くためだったのかもしれません。AMCUは、あえて「マリカナの悲劇の7回忌」に会合を開催することにより、組合員の団結をより強固にする狙いがありそうです。それにより、AMCUが来週から積極的な行動に出る可能性もあるだけに、白金市場に対して強気な見方も一考かもしれません。

8月16日

白金市場パート2

白金生産世界3位のインパラ・プラチナ社は、6月までの1年間の1株当たりの収益が、前年の「1.71ランドの損失」から「1.81~2.30ランドの利益」へと好転し、2014年以降で初めての純利益を報告する見通しとなっております。昨年秋からのパラジウムとロジウムの高騰に加え、南アランドの下落が利益を拡大させました。同社は、赤字鉱山の再生計画の一環として、ラステンバーグの11の白金鉱山の内、赤字となっている5つの白金鉱山を閉鎖し、1万3000人ものリストラ計画を発表しております。同社のCEOは昨日「白金族金属の変化は構造的なものであり、循環的なものではないため、今日見られる好調な市場は今後10年間続くと確信しています。」と述べ、ジンバブエで共同保有されているミモザ白金鉱山の生産量を30%増やす計画を表明しました。また、白金生産世界2位のアングロ・プラチナ社も、モガラクウエナ鉱山での白金族金属の生産拡大を計画しております。

南ア白金鉱山会社では、赤字鉱山を閉鎖し、黒字鉱山での生産拡大を行うことで全体的な生産拡大を行う傾向が強まっております。ジバニエ・スティルウォーター社は、今年6月にロンミン社を買収して世界最大の白金鉱会社となりました。そして、インパラ・プラチナ社やアングロ・プラチナ社まで白金族金属の生産拡大計画を進めております。多くの南ア大手白金鉱山会社が今年になって利益を拡大させているので、生産量拡大に意欲的な鉱山会社が増えてきました。それだけに、鉱山会社としては、ここでストライキが発生して白金族金属の生産が減少する事は避けたいところでしょう。それを逆手にとってAMCUがストライキを行い、より有利な賃金条件を勝ち取ろうとすることは、当然のことかもしれません。それだけに、来週からの白金市場に対して、強気な見方も一考かもしれません。


白金市場パート3「8月16日のAMCU会合に注目」

8月14日

白金市場パート3「8月16日のAMCU会合に注目」

 大手労働組合のAMCUは、インパラ・プラチナ社とジバニエ・スティルウォーター社からの賃金提示額を拒否したことを明らかとしました。同組合長は、ジバニエ・スティルウォーター社の賃金提示額に対して、「それは労働者に対する屈辱であり、シバニエは私たちをストライキに誘導しようとしている。私たちはストライキを宣言しておりませんし、まだ労使交渉中です。」と述べております。また、同組合長は、「シバニエが労働者を増やすことはできないと言っており、彼らは戦争に向かっている。彼らは私たちを刺激しています。彼らは私たちを崖の端に押し付けたいと思っています。」と述べております。各白金鉱山会社の賃金提示額は下記の通りです。

ジバニエ・スティルウォーター社は、ロンミン事業部のカテゴリーCとDの労働者に3.3%増を提示しております。同国のインフレ率が4.4%ですので、インフレ率を差し引いた実質的な内容は、「1.1%の賃金引下げ」となります。これにはAMCUが反発しても当然かもしれません。ただ、旧ロンミン社は昨年11月、合併に伴う「3年間で12600人のリストラ計画」を発表しており、ジバニエ・スティルウォーター社のロンミン事業部で大規模リストラ計画がこれから実施される見通しとなっており、賃金交渉以外にもリストラ問題も解決する必要がありそうです。

ジバニエ・スティルウォーター社は、同社のカテゴリーAとBの労働者に3年間で年間700ランド増、カテゴリーCとDの労働者に年間4.3%増を提示しております。

アングロ・プラチナ社は、カテゴリーAとBの従業員に1年目が1000ランド増、2年目と3年目がそれぞれ800ランド増、カテゴリーCとDの従業員の基本給の5.5%増を提示しております。

インパラ・パラジウム社は、カテゴリーAとBの従業員について3年間で年間800ランド増、カテゴリーCの従業員に対して年間%の増加を提示しております。

6万人の鉱山労働組合員を有するAMCUは、8月16日の「マリカナの悲劇の7回忌」の日に会合を開き、今後の労使交渉に対して組合内での話し合いを行います。「マリカナの悲劇」とは、旧ロンミン社ルステンバーグ白金鉱山で2012年に発生したストライキ中に警察隊と衝突して34名の鉱山労働者が銃殺された事件です。8月16日の会合では、世界最大の白金生産量を誇るジバニエ・スティルウォーター社でのストライキが決定される可能性もあるだけに、これから白金市場での緊張が高まりそうです。

白金市場パート2

8月14日

白金市場パート2

 大手労働組合のAMCUは、7月9~11日に行われた白金鉱山大手3社との初回の労使交渉では、「最低賃金の基本給の48%引き上げ」を要請しましたが、ここにきて10%の賃上げにまで条件を下げてきました。それに対してアングロ・プラチナ社で約8%、インパラ・プラ社で約7%、ジバニエ・スティルウォーター社で約6%の賃上げ提示しております。

 白金鉱山大手3社の3年前の労使交渉では、AMCUが最初に47%の賃上げ要求をしましたが、最終的には12.5%の賃上げで合意しました。その当時のNY白金は1150ドル付近で推移していましたが、現在は860ドル付近まで下落しているので、前回ほどの大幅賃上げは難しそうです。

ジバニエ・スティルウォーター社のスポークスマンは、「2014年のストライキで、生産者が保有する白金鉱石の在庫がほぼ枯渇した。通常、運用上の混乱が発生した場合に備えて備蓄鉱石が用意されていますが、ストライキの状況次第では、白金供給を保証することはできません。労使交渉で友好的な和解が得られなければストライキが長期化する可能性もあるので、労使交渉に先立って同社はキャッシュポジションを強化した。」と述べております。南ア白金鉱山大手3社で5か月間に及ぶ大規模ストライキが2014年に発生し、その時に白金鉱山大手3社の白金鉱石在庫はほぼ枯渇しました。それにより、今回の労使交渉で長期ストライキが発生すれば、大手白金鉱山会社からの白金供給が枯渇する可能性も高まります。

ジバニエ・スティルウォーター社のスポークスマンは、「南アフリカの労働法の下で労働力削減を実施するために必要なプロセスを開始した。レイオフは、商業的に実行可能な鉱石を使い果たした6つの古い鉱山から行われます。スタッフを削減し、深層鉱山のコストを削減するロンミンの計画の一部です。」と述べております。旧ロンミン社は昨年11月、合併に伴う「3年間で12600人のリストラ計画」を発表しました。しかし、南ア労働栽培所の命令でリストラ計画開始の6カ月間の凍結が言い渡されました。しかし、既にリストラ計画の凍結期間が終了しているので、法的にはいつでも大規模リストラ計画を開始できる状態となっております。このジバニエ・スティルウォーター社のロンミン事業での大規模リストラ計画も、今後の白金市場の波乱要因となりそうです。

ここにきて南ア白金鉱山大手3社での労使交渉に進展が見られたので、労使交渉に関するニュースが急増しております。そうした労使交渉への注目の高まりにより、白金市場がより注目される状況となってきたように感じられます。

白金市場

8月14日

白金市場

 大手労働組合のAMCUの組合長は昨日、「ジバニエ・スティルウォーター社が現在の白金鉱山での賃金交渉で提示したひどく低い賃金提示額は、労働者をストライキに駆り立てることになる。」と述べました。また、3大白金鉱山会社の賃金提示額に対するメディア・ブリーフィングでAMCUの組合長は、「安定した遅い進展が行われている。3年間の賃金契約のオファーは、アングロ・プラチナ社が提示する1000ランド、インパラ・プラチナ社が提示する800ランド、ジバニエ・スティルウォーターが提示する700ランドと様々でした。1000ランドのオファーは、トンネルの終わりに光を示した。しかし、ジバニエ・スティルウォーター社が最近買収したロンミン事業に関しては、1年目が300ランド、2年目が350ランド、3年目が400ランドの賃上げを申し出てきたことには失望している。それは、労働者への平手打ちであり、労働者に対する屈辱です。」と述べました。そしてAMCUは昨日、熟練労働者のカテゴリー1とカテゴリーBの労働者に対して、3年間で年間1500ランドの増加、または3年間で10%の賃上げを要請しました。

 AMCUは、7月9~11日に行われた白金鉱山大手3社との初回の労使交渉では、「最低賃金の基本給の48%引き上げ」を要請し、かなり現実離れした賃上げ要求でした。しかし、ここで10%の賃上げにまで条件を下げてきたので、かなり現実的な賃上げ要請となってきました。それに対して現在の白金鉱山大手3社は、アングロ・プラチナ社で約8%、インパラ・プラ社で約7%、ジバニエ・スティルウォーター社で約6%の賃上げ提示しております。ジバニエ・スティルウォーター社が最近買収したロンミン事業では、約3.3%の賃上げ提示となっており、AMCUの反感を買っております。3.3%の賃上げは、南アフリカのインフレ率(4.4%)を差し引いた実質的な内容は、「1.1%の賃金引下げ」となる内容ですから、AMCUが反発しても仕方がありません。ここにきて白金庫鉱山大手3社とAMCUとの労使交渉が進展を見せ始めました。そして、旧ロンミン社のマリカナ白金鉱山でのストライキの可能性が高まってきた事も注目でしょう。

 旧ロンミン社に関しては、「ジバニエ・スティルウォーター社との合併に伴う3年間で1万2459人のリストラ計画」がこれから実行されるだけに、ジバニエ・スティルウォーター社としても大幅賃上げには応じない姿勢を強めております。しかし、旧ロンミン社の白金鉱山労働者としては、会社側からの「物価上昇率を下回る賃上げ要請」と「大規模リストラ計画」を打開するためにもストライキに突入する可能性は高そうです。ここからは、南ア白金鉱山でのストライキの可能性に注目かもしれません。

白金市場

8月5日

白金市場

 NY白金は、南ア大手白金鉱山会社で労使交渉が開始された7月9日から安定したじり高基調を続けていました。しかし、トランプ大統領が対中制裁関税の第4弾を発表したことを受けて8月1日のNY白金が大幅下落となり、東京白金も8月1日から急落しました。東京白金の下げ幅は、8月1日が63円幅、2日が59円幅、5日が11時時点で54円幅となり、3日合計で176円幅となりました。NY白金の8月1日の大幅下落に加えてドル円が3日間で2円70銭ほど円高に進んだことを受けて東京白金が大幅下落となりました。

 南ア大手白金鉱山での労使交渉は、7月9~11日にアングロ・アメリカ社とインパラ・プラチナ社、ジバニエ・スティルウォーター社の3社が大手労働組合のAMCUと「第1回目の労使交渉」を開催しました。しかし、「第2回目の労使交渉」がまだであり、それを受けて「南ア大手鉱山会社での3年ぶりの労使交渉」に対する警戒感が少し薄れてきたことも、今回の白金価格の下落要因となりました。しかも、東京パラジウムが8月2日に321円安、本日11時時点で167円安となり、2日間合計で488円ほど下落したことからも、トランプ大増長が対中制裁関税の第4弾を発表したことに対する影響の大きさが伺えます。しかし、今回の南ア大手白金鉱山会社での労使交渉が難航する可能性が高いだけに、白金価格が急騰する可能性はあります。

白金市場

7月31日

白金市場

 NY白金の電子取引は、昨日22時ごろの885ドル付近から今朝2時半ごろには872ドルまで下落しました。その後は875ドル付近で小動きを続けていましたが、8:45ごろから上昇に転じ、9:50時点で879ドルです。東京白金は、9:50時点で10円安です。

 昨日のNY市場では、南ア大手白金鉱山会社での労使交渉に関する新たなニュースは特にありませんでした。南ア大手白金鉱山会社側と労働組合側が互いに「次の一手」を探っているところのようです。3年前の労使交渉で合意された「3年間の労働契約」が先月末で期限切れとなっただけに、そろそろ労働組合側の次のアクションがありそうです。

 東京白金は、南ア大手白金鉱山会社で労使交渉が開始された7月9日より、「右肩上がりの下値抵抗線」を形成しながら上昇基調を続けております。それと共に2種類の「右肩上がりの上値抵抗線」も形成しております。東京白金は、先週末26日の夜間取引で一時3010円まで下落して「右肩上がりの下値抵抗線」に触れ、その後から上昇に転じました。そして、昨日早朝に一次3084円まで上昇して「右肩上がりの上値抵抗線」に触れ、その後から下落に転じました。そして、今朝2時半ごろに一時3033円まで下落して「右肩上がりの下値抵抗線」に触れ、その後から上昇に転じております。今月9日からの東京白金は、テクニカルにかなり忠実な値動きをしながら上昇基調を続けております。
東京白金の日足

白金市場パート2

7月30日

白金市場パート2

東京白金は、今月9日から安定した「右肩上がりの下値抵抗線」を形成しながら上昇基調を続けております。そして、先週25日と26日に下落したことを受けて、「右肩上がりの下値抵抗線」まで下落しましたので、今週になってテクニカル的な反発に転じたようです。

 東京白金は、7月9日より2つの「右肩上がりの上値抵抗線」を形成しながら上昇基調を続けており、その様子を添付した東京白金の240分足に記載しております。本日の東京白金は、9:50頃に一時58円高の3084円まで上昇しましたが、「右肩上がりの上値抵抗線」に触れたことでテクニカル的な売りが加速し、10:20ごろに32円高の3058円まで急落しました。そして、10:55時点で42円高の3068円です。

 

 

東京白金の240分足3

 

 

※チャートの情報提供元は(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドです。チャートの著作権は、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。

 

 

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事